175

エピソード文字数 890文字

「斎藤さん、織田さんはここ数日が山でしょう。陥没事故のあと、奇跡的に回復しましたが、心臓はもう正常な機能を失いかけています」

「……先生、嘘でしょう」

 医師は首を左右に振る。

「勤務先の社長さんの話では、今まで何度もこのようなことがあったとか。事故で心臓に損傷もなく、精密検査で生まれつきの疾患も見当たらなかった。原因がわからない以上、治療の施しようがないのです。あとは織田さんの生命力を信じるしか手だてはありません」

「……そんな」

 あたしは信也の手を握る。

「信也、信也ー……!」

「……く……れない」

 酸素マスクの下で、信也の唇が微かに動いた。

 信也は……
 ずっとあたしを捜していたんだ。

 渋谷で逢ったのは偶然なんかじゃない。

 ――あれは……運命……。

 あたしは信也の手を強く握り締め、耳元で語りかける。

「……信長様。あたしはここにいます。ずっとあなたの側にいます。生涯添い遂げると約束したでしょう。あれは偽りですか」

 閉じられた瞼から……

 一筋の涙が、ツーッと流れ落ちた。

「……あなたを愛してます。だから、現世に戻ってきて……。1人で行ったら、許さないからね」

 心電図が不規則な波形を描く。

 あたしは祈るような気持ちで、信也の手を握りしめた。

 ◇

 特別許可で面会は許されたものの、家族でないあたしは、ICU《集中治療室》で夜間付き添えず、緊急時の連絡先として携帯の番号を伝え帰宅した。

 陥没事故当時に着ていた特攻服は、ビニール袋に入れられ押し入れに収められていた。あたしはビニール袋から特攻服を取り出し、内ポケットを探る。

 コツンと……
 指先に何かがあたった。

 ゆっくりと取り出すと、それは斎藤家の家紋の入った短刀と、和紙に包まれた髪の毛だった。

 ――その瞬間、夢が……
 現実となる…………。

 あたしは美濃の髪の毛と短刀を握り締め、声を上げて泣いた。

 ――美濃……

 ――信長様……

「死なないで……」

 どうか……
 あたしの想いが、(そら)に届きますように。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み