第95話  白竹美優視点 真実 3

エピソード文字数 3,681文字

 ※


 蓮くんが……私達と同じ入れ替わり体質?


 いきなりそんなお話をされても全く理解できませんでした。



 その時。部屋の外から魔優が私の名前を呼びます。


 すぐに入って来た魔優はママを見るなり「まだいたの?」とすっごい鬱陶しそうな顔をすると、私には「早く準備しないと」と言うのでめちゃ焦りました。



 それだけ言い残して、魔優は家を出て行きました。




 魔優がいなくなると、再びママの顔が接近してきます。


美優。白馬の王子様はあの子の事だわっ。

未来の旦那様は蓮くん。彼の事なのよぉ~~!

 ふぅわっ! 座ったままぴょんぴょん跳ねるママの目はめちゃキラキラしてます。
ほ、本当ですか? 本当なのでそ?
そうよっ!。あの子も入れ替わるのよ。男と女にね
そ、そんなの。どうしてママが分かるですか!

 突拍子も無いお話を素直に受け入れるほど、私もお馬鹿ではございません。


 するとママの顔がもっと接近してきて、その理由を話してくれました。

だって。蓮くんって……私のダーリンにソックリなんですものっ!

若い頃と瓜二つだわっ! 確実に遺伝子を引き継いでいるわっ!


見た瞬間ビビビっときたもん!

ママのダーリン?

 あれ? なんか変でし。


 ママは昔ずっと男だったのでぇ。男の人が好きになるだなんて……おかしいです。

 

 私が小学生の頃から女っぽくなっちゃったけど。

そうよっ! 昔からの親友で、名を黒澤麗斗(くろさわれいと)って言うの。

凄い男前よ。ナイスミドルなイケ中年だわっ

 あふ。そ、それは見てみたいでし。じゃなくって!
本当に蓮くんは……私達と同じなの?

そうよっ!

だって私。昔むか~しの、美優や魔優がまだ小さい頃に。蓮くんを見た事があるんだものっ!


私はその時思ったわ。美優魔優が大きくなって、年頃になったらどちらかが彼と結婚してほしいと。強く願ったの!

だって。どちらも同じ入れ替わり体質なのだから、きっとラブラブで仲良く末永く……

生涯のパートナーとしてやっていけるはずだとママは確信してるわっ!

 同じ入れ替わり体質……



 勝手に盛り上がっちゃってるママは、キラキラお目目でとうとう立ち上がってクルクル回り始めました。

恋は出来ない。そう思ってたのでしょう?

だけど蓮くんなら、蓮くんだけは私達を理解してくれる。たった一人の男の子なんだものっ!


ああっ! もう。これはきっと運命なのよ! あなたが生まれた時から決まっていたのっ

 私を理解してくれるたった一人の男の子……

これを知ったからには、美優の運命は変わるわっ。ええきっとそうよ。

だからそんなにウジウジしないでっ。彼はそんな事なんて全然気にしてないし、美優をずっと心配してるのよっ!

あなたも。もっと自信を持ちなさい。私の娘なんだものっ。

潜在能力は無限大なんだから……元気出しなさいっ

 そこまで言うと、再び正座に戻ったママはキラキラお目目がノーマルお目目になりました。
というわけ。だけど美優。ここからは私のお願い、聞いて頂戴
 ママは急に真面目なお目目で迫ってくると、めちゃめちゃドアップ顔から、口元に人差し指を当てながら、

今のお話は絶対秘密。

蓮くんには勿論、魔優にも内緒。私達だけの秘密です。


あと少しだけ。待って欲しいの



 ※



理由は今からちゃ~んと話すわっ

 ママはこの事実を秘密にしないといけない理由を一から話してくれました。


 黒澤くん家のパパと、私のママは昔からの大親友だそうでして、以前からちょくちょく連絡はしていたそうです。

じゃあ何で……私達にずっと内緒にしてたのですか? なんでですか!

今から話すから待ちなさい。

もうっ! せっかちさんねっ! 早漏すぎるわっ!

だって! それならもっと早く……蓮くんを紹介してもらっても良かったのに!

 そんな昔から……私と同じ年の男の子がいたとしたら……

 ちっちゃい時からきっと、仲良く出来たハズなのに。

ちゃんと。聞いて
 私を宥めるように、落ち着いた口調になったママは「私も最初はその意見に賛成だったんだけどね」と前置きしてから、その理由を話してくれます。
入れ替わり体質って、とても珍しい人間だから、小さい頃から紹介してしまうと、すぐに仲良くなるのは予想できる

それが異性と思うならばきっと……将来も約束された仲になるのも予想はできる。

でも……


麗斗はね。それじゃ……子供の為にどうなのか。正しいのだろうか、って言うの

蓮くんのパパが?

こんな身体だから、人には理解されないし、人付き合いも難しいのも分かってる。

だけどその事実を痛感する前から、小さい頃から蓮くんっていう頼もしい味方がいれば、あなたはどうなるの?

え? そ、それは……

彼だけがいればいい。蓮くんがいればいい。

そうやって依存すると、世間との付き合いに一切興味がなくなってしまう。その可能性がある。


それは何も……あなたに限った事じゃないわ。


蓮くんだって、美優や魔優がいれば他に誰も要らない。そうなってしまえば?

小さい頃からそんな風に……視野を狭くしたくはなかったのよ。


麗斗はそれを……とても気にしていた

…………

今、美優が必死に悩んでいるのは。すっごく分かるわっ。

人の目が怖くて、嘘ばかりつかなければならない。それがどれだけつらいのか。


私だってずっとそうだった

こんな身体でも、世間にも耐えうる強い気持ちを持たないといけない。

だから私と麗斗は、あなたたちの為にも……幼少の頃から蓮くんを紹介するわけにはいかなかった

そんな……
本当はもう一つ。理由があるんだけどね。それはまた別の話だし……

 私は全然納得出来なかった。

 知っているのなら、何で教えてくれなかったのかと。そればかり考えてしまっていた。

でもね。あなた達に蓮くんを紹介する話はもうすぐそこまで来ていたの。

あともう少しだったのよ。麗斗が今の……お仕事が終われば、黒澤家と白竹家の面会に入る予定でした

だから美優。まだこの件は秘密にしておいて欲しい。


お願い。彼との約束は……破りたくないのよ

ママが……こんなに思いつめている顔をするなんて……
わ、分かりました
この件は蓮くんだってきっと知らないはず。だから時期が来るまで……黙っててね
 私はうんうんと頷くと、ママはやっと笑顔を見せてくれました。

美優。あなたは嘘を付いたわけじゃない。

蓮くんに説明したのは真実だし、すぐに誤解も解ける。何も間違っていないのだから……落ち込まないで

 ※



 お話が終わると、ママはスマホを耳に当てます。どうやら蓮くんのお父さんに連絡するそうです

日頃、世間に対して嘘付いてるから、気を許した人には嘘は付きたくないのよ。美優みたいにね

 それは凄く分かる。

 私も蓮くんに対して、そんな気持ちがあるから……だから凄く悩んでしまった。

あ、麗斗? おっひさ~

 何だか楽しそうに喋るママは、いつもと少し違って見えた。


 だけど、暫く喋ってからママが「え?」と顔色を変えると、じっと黙ったままでした。

そんなに……悪いの?
 悪い?
そんな……

 次第に眉尻を下げたママに、私はスマホの横で聞き耳を立ててしまいました。


 すると……蓮くんのお父さんらしき声が聞こえてきました。

全然身体が動かん。寝たきりっぽくなっちまってる
 え?
麗斗。私が今から行くから!

こら。いいって別に。来なくていいよ。

ちょっと調子悪いってだけだって

行くのっ! 待ってて! 私が何でもお世話するから任せなさい!
 電話を切ってしまったママは、目がうるうるしたと思えば、どばっと涙が出ていました。

ふぅえ~~! 麗斗が死んじゃう!

美優! ママは今から麗斗に会いにいくわっ! 行かせて!

 そう言いながら私の部屋から出て行ったママは、すぐに戻ってきます。

蓮くんの件。内緒だからね


うぇぇ~~麗斗ぉ! 私を……私一人にしないでっ!

 ママは再び消えると、わんわん大声を上げながら、自分の部屋に戻ってしまうのでした。


 とにかく。蓮くんの件は内緒。まだ魔優にも内緒。

 私が誰にも言わなければ、それでママと蓮くんパパの約束は守られる。




 気持ちを切り替えて、私は美樹になると……

 入れ替わった時にふと思いつきました。


 

 私も部屋を飛び出すと、外行きの服に着替えようとしているママに聞いてみました。


ねぇママ。蓮くんが入れ替わるのは分かりました。

だけど……女の子はどんな感じなのですか?

え? それは、楓蓮さんに決まってるじゃない
 え?


 ええ?

ええっ!
美樹? 分からなかったの? 私は蓮くんが入れ替わり体質って言った瞬間に分かってると思ってたのに
わ、わかんないでしっ! しょんな……し、信じられなひ!
 私の頭が真っ白になってると、その間にママが着替え終わりました。

いい? 何かあったらママに連絡しなさい。わかった?

何があっても絶対に黒澤家には言わないで!

 物凄いスピードで家から出て行ったママ。
麗斗ぉ~~~~! 今から私が助けにいくわっ!

 取り残された私は、暫くぼけーっとその場に立ち尽くしていました。



 蓮くんと……楓蓮さんが……一緒の人間?

え? いやん。しょんな……そ……ええぇ~~~!
 な、なんですか。これ。

 ぜ、全然意味がわかんないです!

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

キャラのプロフィールは、章の始まりにも記載しています。


ここに記載されているのは主要人物です。

その他の登場人物は章の始まりなどに記載しています。


読者視点は神視点。

物語の中の人達が知らないことを全部見る事ができます


また、二章からはキャラの心の声まで聞こえます(フキダシが灰色)

 ★ 黒澤 蓮 くろさわ れん


 本編の主人公。高校一年


 男女入れ替わり体質。
 
 弟の凛と共に、新天地で新たに生まれ変わろうと、楽しい学校生活を送ろうとする。友人作りに重きを置き、人との付き合いにはとても慎重である。


 とても弟思いの良いお兄さん(お姉さん)

 ★ 白峰楓蓮 しらみねかれん


  蓮の女性の姿。白峰というのは偽名。

  黒澤家とは繋がりを見せないように演じる。


  心の中は男の子なので、女の子のファッションやらに興味が無い。

  とても美人なのにあまり自覚がなく、女性の姿はオマケだと思っている。

 ★ 黒澤 凛 くろさわりん


 小学校六年生


 男女入れ替わり体質。

 

 兄である蓮を慕い、とっても素直で女の子のような性格。
 ことある毎に兄に甘えてしまい、いつまで経っても、子供のままなので、蓮は凛の将来をとても心配している。



 ★ 白峰 華凛 しらみねかりん


 凛の女性の姿。

 外部との接触が無いので、彼女の存在を知るのは家族だけ。

 楓蓮と違い、おしゃまさん。


 ★ 美神聖奈 みかみせいな


 高校で蓮と同じクラスとなる。実は小学四年生までの幼馴染。


 容姿端麗。成績優秀。運動神経抜群。リーダーシップ抜群。お金持ち。

 など、全てを兼ね備えている人。


 二人目の主人公。

 ★ 白竹 美優 しらたけ みゆう


 蓮と同じクラスとなる。ピンクの髪が目立つ美人。

 自分の家の喫茶店で働いており、メイド服で接客をこなす。


 学校と喫茶店では、雰囲気がまるで違うのには理由があり……

 

 三人目の主人公。 

 

 ★ 白竹魔樹 しらたけまき


 蓮の隣のクラス。美優は双子の姉弟。


 学校ではとてもクール。喫茶店では男の娘?

 双方を知る蓮にとっては、非常に疑問な人物。


 四人目の主人公

 ★ 染谷龍一 そめやりゅういち


 蓮と同じクラスとなり、前の席という事で付き合い始める。

 わりと積極的。学校ではいつも笑顔で誰にでも優しいが……

 

 五人目の主人公

 ★ 平八 へいはち 


 聖奈専属の運転手。

 黒澤家の秘密を知っており、蓮の親である麗斗(れいと)とは旧知の仲



ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色