105

エピソード文字数 922文字

「わしが帰蝶を抱くと思っていたのか?帰蝶はわしを慕ってはおらぬ。帰蝶がわしに眼差しを向けたとて、その心は別の男に向いておる」

「……殿」

「寂しいことよ。天下の武将が正室の心も掴めぬとは」

 わしは立ち上がり、紅に近付く。
 紅を両手で抱き上げ、その愛らしい唇に口づけをした。

「……おろして、お願い」

「奇妙丸が起きるであろう。騒ぐでない」

 紅を布団の上に下ろし、袴の帯をほどく。半着を脱がせると、右肩に小さな黒子(ほくろ)が見えた。

 その黒子に唇を這わせると、小さな喘ぎ声が漏れた。

「同じところに黒子があるとは。なんとも奇遇なことよのう」

「……同じところ?」

「帰蝶も右肩に小さな黒子がある。知らなかったのか」

「……於濃の方様に黒子が」

 紅は呆然とし、わしを見つめた。
 何をそんなに驚いている?
 黒子の一つや二つ、同じところにあったとて珍しくはないだろう。

 わしは紅の唇を奪い、舌を絡める。
 男の殻を脱ぎ捨てた美しい裸体は、夜の闇を舞う蝶の如く、しなやかな体を揺らした。

 ――1561年(永禄4年)
“斎藤義龍が急死し、斎藤家の分裂が始まった。1564年には北近江国の浅井長政(あざいながまさ)と同盟を結び、妹お(いち)を長政の元に輿入れさせた。”

 ――1566年(永禄9年)
吉乃が3人の子を残し、小牧御殿にて死亡した。

 形だけの正室を持ち、愛する紅との子を持つことも許されず、織田家の世継ぎをもうけるために迎えた側室ではあったが、吉乃はその務めを果たし3人の子を生み、わしの荒んだ気持ちを和ませてくれた。

 『紅は男なのだ』と己に言い聞かせ、紅への想いを断ち切るために、一時は吉乃や他の側室に溺れた時もあったが、他の女に溺れるほどに、紅への想いは深まり心は虚しさに包まれた。

 わしが心より愛した女は、紅、お前だけだ。

 ――紅と肌を重ねながら、ふと……不思議なことに気付く。

 歳を重ねても、紅はその美しい容姿が衰えることはなく、まるで出逢った頃のまま時が止まったかのようだった。

 そして奇妙なことに、帰蝶もまたその美しい容姿は歳とともに衰えることはなかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み