4・幼馴染みの依頼

文字数 1,256文字

「これを?」
 食事を終え、和宏(かずひろ)がホットコーヒーをすすっていると、大林(おおはやし)(おもむろ)にスマホの画面を向けてきた。
「ええ、お願いできませんこと?」
 それはレビューの依頼である。
 こんなことは初めてだったので画面をじっと見つめ、彼女に視線を向ける。
彩希(さき)の作品?」

 和宏は大林と長い付き合いであるにも関わらず、彼女がどんな名でどこで活動しているのか知らない。
 知らされないことはプライベート。
 教えたくないから言わないのだと思っていたからだ。

「ごめんなさい。違いますの」
 なんだかとても済まなそうな顔をして、少し首を傾ける大林。
 そのしぐさは可愛らしいらしいが、それよりも相手が気になる。
「どちら様?」

 レビュー活動というのは、トラブルになることもある。
 その為、和宏は事前にコンタクトを取ってから書くことにしていた。
 しかし、今回は幼馴染みを通しての依頼。
 いや、彼女が勝手にという可能性もある。もし彼女が仲介であるなら、直接頼めないのは何故なのだろうかと思う。
 怪しげな相手には書きたくない。トラブルの元である。

「同じ講義をとっている方ですわ」
 何故友人と言わないのか、そこが気になった。
 しかも困った表情を浮かべている。無理矢理頼まれでもしたのだろうか。
「経緯を聞いても?」
 怪しまれたことに気づいたのか、大林は肩を(すく)め覚悟を決めたような表情をする。
 食事に誘われた理由がこれならば、聞く必要はあるはずだ。

「友人との会話を聞かれてしまいましたの。和宏と旧知の中だと知れてしまって」
 彼女が友人だという相手は、そう多くはない。
 あの人だろうかとアタリをつけて話しを聞いていた。
「頼まれましたのよ。そういうスタイルを嫌うので、ご自分でと進言しましたのに、ダメもとでと言うので」

 ”断られても苦情は止めて欲しい”と約束を取り付けたうえで、引き受けたらしい。仕方なく引き受けたのだという彼女に、嘘はないように思える。
 だが和宏は、違和感を持った。

 何故、断ったのにシツコク頼んだのか? 
 本当にレビューが欲しいのだろうか、と。
 何故なら、心証が悪いからである。
 自分、つまり依頼相手をよく知る人物が、自分で依頼しろとに忠告しているのだ。しかも、理由まで述べて。

 ここで考えられる理由は、二つ。
 一つは、自分の存在を知って欲しいだけな場合。
 自分で言った方が確率が高いのに、わざわざ心証を悪くすると言うのはレビュー自体は期待していないのだ。
 それよりも何らかの理由で印象付けたいのだろう。
 しかし、何のために?

 もう一つは、内容がハナからそぐわない場合だ。断る基準は、和宏自身のホームページに記載してある。
 しかしだ、そこまでして見て欲しい理由はなんだろうか?
 
 和宏はどちらにせよ、相手の真意を探るためには作品を知る必要があると判断した。
 ここで自分の足跡は残したくない。仕方なく、彼女からスマホを受け取ると、作品のあらすじに目を通す。
 下手ではない、どちらかと言えば巧い方である。

 けれども和宏は何故か、違和感を覚えたのだった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み