悲しい真相 前編

文字数 3,353文字

 ――翌日。わたしは出社する車内で、貢に前の日の夜に感じた小さな引っかかりについて話した。

「――ママね、きっと知ってるのよ。でも、何かワケがあってわたしには話せないんだと思うの。……わたしのカン、間違ってるかな?」

「加奈子さんが……、そうですか。いえ、絢乃さんのカンは正しいと思います。絢乃さんに言えなかったのはきっと、あなたのためを思ってなんじゃないでしょうか」

 貢は唸るように、難しい顔でそう答えた。――それにしても、「わたしのため」とはどういうことだろう? それは訊いてはいけないことなのだろうか。

「うん、そうかもね。……ねえ、『永遠に叶わない恋』って、もうひとつの意味があるんじゃないかしら。たとえば、相手が故人――つまり、もうこの世にいないとか」

 そう言いながら、わたしの頭に浮かんだ人物はたった一人だった。小川さんの身近にいた男性で、母もよく知っている人物。しかも、故人……。

「まさか……、ウソでしょ!?

 理屈では、その条件に当てはまる人物は一人しかいなかったけれど、心では「あり得ない」と思いたかった。そんなの悲しすぎるから。

「どうなさったんですか、絢乃さん?」

「……ううん。ゴメン、何でもない」

 心配そうに訊いてくれた貢を安心させようとかぶりを振って見せたけれど、わたしの頭の中からはその人のことがこびりついて離れなかった。
 ……母がわたしに話せないはずだ。そんなことを聞けば、わたしがショックを受けることなんて目に見えていたから。

 思い返せば、父の葬儀の日から、小川さんの様子はどこかおかしかった。家族であるわたしと母以上にショックを受けていた気がする。――あれは、ただ尊敬して仕えていたボスを亡くしたからだけではなかったの? そこに個人的な感情も入っていたからなの? そう思えば(つじ)(つま)が合う。

 まだそうと決まったわけではなかったけれど、その可能性が高くなったと気づいてわたしは(がく)(ぜん)となった。

****

「――えっ!? 小川先輩の好きな人は、源一前会長!? 本当なんですか、それ」

 会長室に着くと、わたしはドアをびっちり閉めてから貢にその話をした。その時の彼の反応がこれだった。
 
「桐島さん、声が大きいわよ! ……ホントかどうかはまだ分からないけど、可能性は高いと思う。それこそ前田さんよりも」

 ドアが完全に閉まっていれば、この部屋での会話が室外に漏れ聞こえることはないのだけれど、大声でリアクションした貢をたしなめつつ、わたしは頷いた。

「まさか……、信じられません」

「わたしだって同じよ。――とにかく、もう一度村上さんにお話を聞いてみましょう」

 ――というわけで、わたしと貢は同じフロアの社長室のドアをノックした。

「――はい」

 返事の声は秘書の小川さんではなく、村上さん自身の声だった。

「おはようございます。篠沢ですけど、入ってもいいですか? 例の件で、ちょっとお訊きしたいことがあって」

「例の件」と言うと、村上さんは理解してくれたようで、「どうぞ、お入りください」と返事があった。

「失礼します。朝から押しかけてゴメンなさいね」

「いえいえ。おはようございます、会長。桐島くんも。――小川くんは今、ちょっと席を外してましてね。どうぞ、おかけ下さい」

 彼に応接スペースのソファーを勧められたので、わたしと貢は「ありがとうございます」とお礼を言って腰を下ろした。

「例の件というと、小川くんの件ですね? 彼女が席を外しているタイミングでよかったですよ。――それで、僕に訊きたいこととは?」

「小川さんの様子がおかしくなってからなんですけど。具体的に、彼女に気になる言動とか、心配になるような様子とかはありました?」

「気になる言動……、さて、どうでしたかね」

 彼は首を傾げながら、一生懸命に思い出そうとして下さった。

「実はわたし、分かっちゃったんです。小川さんの好きな人が誰なのか。……でも、まだ確証がなくて」

「そうですか……。ああ、そういえば彼女、最近よく涙ぐんでいるようでね。僕が声をかけても、『何でもありません』としか言ってくれないんですよ」

「涙ぐんでた……? やっぱりそうですか。分かりました。ありがとうございます」

「お役に立ててよかった。僕のカンでは、彼女の想い人は故人だと思います。彼女はきっと、今すごく苦しんでいます。会長、どうか彼女を救ってあげて下さい。お願いします」

「貴方のカン、多分正しいですよ。彼女のことは任せて下さい」

 彼にもう一度お礼を言って、わたしと貢は社長室を後にした。会長室に戻る途中、母に確認の電話をかけてみた。

「――もしもしママ? ママは小川さんの好きな人が誰なのか、前々から知ってたんだよね? わたしの推理では、それって多分」

『……そうよ。あなたのパパ』

「やっぱりね。ありがとう」

 電話を切ったわたしの心の中は、不思議とスッキリしていた。ショックはあまり受けなくて、その代わりに何だか切ない気持ちがわき上がっていた。
 小川さんは、一体どんな気持ちで父のことを想い続けていたのだろう? 父が亡くなってからも、ずっと……。

 ――会長室に戻ると、わたしは迅速に行動を開始した。

「今から小川さんをここに呼んで、話を聞くわ。広田室長には、わたしから連絡をしておく。それと、桐島さん。貴方にひとつお願いがあるの」

「何でしょうか?」

「前田さんを、ここまで連れてきてほしいの」

「分かりました。営業二課に行ってきます!」

 彼が会長室を飛び出していくのを見届けてから、私は内線電話で秘書室を呼び出した。

****

 ――十数分後、小川さんが会長室にやってきた。

「……会長、失礼します。室長から、会長が私に何かお話があると伺いましたけど。――あの、桐島くんは?」

「いらっしゃい、小川さん。桐島さんは今、別の用でちょっと外してるの。そうぞ、ソファーにでも座って楽にしてて。お茶淹れてくるから」

「えっ、会長が!? そんな……何だか申し訳ないです」

「いいから。わたしだって、お茶くらい淹れられるのよ。じゃあ待っててね」

 ――それから数分後、わたしは二人分の湯呑みを載せたトレーを抱えて、給湯室から会長室に戻った。
 トレーを抱えたまま、ドアのロックを解除するのは至難の(わざ)だ。貢のためにも、会長室から直接繋がる出入り口を作った方がいいかもしれない。……いつ実現するかは分からないけれど。

「――はい、どうぞ」

 わたしはトレーをローテーブルの上に置くと、自分の分の湯呑みを持って彼女の向かい側に腰を下ろした。

「ありがとうございます。頂きます。――それで……あの、私にお話というのは?」

「……あのね、実はわたし、村上社長から貴女(あなた)のことで相談を受けたの。最近、貴女の様子がおかしい、って。よく涙ぐんでるそうね? それでね、わたしなりに原因を考えてみたの。貴女には好きな人がいて、しかもその相手はすでに亡くなってる人じゃないか、って。――違うかしら?」

 そこまで言うと、わたしは彼女の反応を窺ってみた。すると、お茶を啜っていた彼女はこっくりと頷いた。……やっぱりそうか。

「はい、その通りです。……じゃあ、その相手が誰なのかも、会長はもう分かってらっしゃるんですね?」

「ええ。もし間違ってたら申し訳ないんだけど……、その相手って、わたしの父でしょう?」

「…………はい。すみません、会長……」

 彼女は肯定した後、ボロボロと泣き出した。これにはわたしの良心がチクリと痛んだ。本当にこれでよかったのだろうかと。

「貴女が謝る必要なんてない。わたしこそ、貴女を追い詰めるようなことしてゴメンなさい」

 わたしは彼女に詫びながら、彼女の隣へ移ってその背中をさすり始めた。

「……母は知ってたの? 貴女の、父への気持ち」

「はい……。私から、奥さまには打ち明けたことがあったので。ですが、奥さまは許して下さいました。『あなたが夫を想っているだけなら構わない。夫はあなたの気持ちに応えないだろうから』と。……私も、会長のご家庭を壊すつもりなんてありませんでしたし、想っているだけで幸せでしたから」

「そう……」

 彼女のいう「会長のご家庭」というのは、「今会長であるわたしの家庭」と「当時会長だった父の家庭」の両方の意味があったのだろう。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み