第二六話 安城合戦

エピソード文字数 3,201文字

 ◆天文十四年(一五四五年)十月四日早朝 三河国(みかわのくに) 安祥(あんじょう)城付近

 野宿二日目だ。昨晩より寒いッ! 敵方の物見(ものみ)(偵察隊)に見つかるとまずいので、絶賛伏兵中のおれ達は、焚き火はご法度。少しウトウトしていたけれど、余りにも冷えるので目が覚めちゃったぞ。
 もう、このまま起きていようか。

 明け方の時間帯は、放射冷却のせいで一日で一番寒いこともある。とにかく、現代人にとっては厳しい寒さだな。
 早く戦を終えて、暖かくしたい。そういえば携帯用カイロは、鉄粉と木炭か何かで作れないか? ふと思い出したが実験の余地あるな。

 織田家の三河最前線の安祥城は、森と湿地に囲まれていて攻めにくい城だ。城主で信長ちゃん庶兄(しょけい)の織田三郎五郎(さぶろうごろう)信広(のぶひろ)が、通常は五〇〇の兵で守っている。これから、松平(まつだいら)広忠(ひろただ)(徳川家康の父)率いる岡崎勢が、攻め寄せてくるはず。
 城攻めは、一〇倍以上の兵数で落とすのが理想とされている。当然ながら、防御側が圧倒的に有利なんだ。

 敵の兵数は一四〇〇から一六〇〇、と諜報衆が報告してきている。戦力差からも、簡単には安祥城は落ちない。ただでさえ落ちにくい攻めにくい城。それに松平広忠が知らない、我が信長軍の五〇〇が加わっている。負けようがない戦ではある。
 しかも岡崎勢が、持っていない鉄砲も、数は多くないけれど揃えてあるぞ。そもそも史実で岡崎勢は大敗する結果だが、鉄砲の存在すら知らなかったのでは、という説もある。

 勝って当然とはいえ、おれたち伏兵は合計で一三〇にも満たない。森可成や太田牛一をはじめとして精鋭を集めているとはいえ、一〇倍以上の敵軍勢に当たることになるので簡単な合戦ではない。それに史実と違う想定外のハプニングの可能性もある。
 だが窮地に陥ったとしても、信長ちゃん達の主力隊が、すぐに城内から出てくるはず。それに、刈谷城から水野信元の援軍が来る可能性も充分。冷静に考えても、大きな不安は感じない。

 松平広忠に恨みはないけれど、戦だから仕方がないかな。それにこれまで何度も、信パパが広忠を臣従(しんじゅう)をさせようとしている。だが織田方の使者は、全て拒絶されているのだ。尾張の東側を安全地帯にするため、岡崎勢を叩くのに、まったく躊躇はしないぞ。
 
 あれ? 恨みといえば、仮に松平広忠を討ってしまうと、徳川家康の恨みを買っちゃうのかもしれないな。だが、構わない。いくら後の天下人とはいえ、たかだか三歳のガキに何ができる。今は織田家にとって、重要拠点の三河安祥城を、安全な土地にするのが大切なんだ。

 敵の松平広忠が、軍勢を集め始めたのは三日前のはず。それに引き換えこちらは、那古野から駆けつけて、すっかり防御体制を整えているぞ。なんともトロくさい事をしているな。岡崎城からこの安城までは、完全装備の軍勢でさえ、三時間もかからない距離なのに。
 寒いから早く来てください。お願いします。

 ◆天文十四年(一五四五年)十月四日 三河国(みかわのくに) 安祥(あんじょう)城付近

 松平広忠が安祥城を攻め始めたようだ。そろそろ我が伏兵の合戦を始めよう。敵兵が進軍してきた街道の、退路を完全に塞ぐような形に布陣するんだ。
 敵までの距離はおよそ百町(一一〇メートル)ほど。全く無警戒の様子。
 してやったり。完璧な奇襲になるぞ。

 不思議と初陣(ういじん)なのに緊張はしない。寒さから逃れたい気持ちや、試し戦を経験したのが大きいかも。
「我らに勝機ありぃい! 道に駆け足で出て布陣せよ!」
 低く号令する。

(オウ)ッ!」
 軍勢を幅三間(五.四メートル)ほどの街道に、最前列を一列の長槍隊、その後ろに鉄砲・弓の順に配置する。
 布陣準備完了。まだ松平勢は気づいていない。絶好の勝機だ!

「弓衆は一斉射撃はじめ! 鉄砲、騎馬、長槍は待機。かかれッ!」
「オオオオーッ!」
 充分に訓練された兵は、打った鐘が響くように反応する。よし。上々の士気だぞ。
 太田牛一を筆頭に、弓衆が三人一組で射撃を始めた。おれたち伏兵に、敵軍勢の注意を向けさせるためだ。

「又助(太田牛一)ぇえ! 矢の雨を降らせてやれええいっ!」
「ようやく盛り上がってきましたな。うっふっふ」
 牛一は助手から矢を受け取りながら、いつものメモをとる調子で、飄々(ひょうひょう)と速射をしている。
 さすが弓の名手だ。いい具合にリラックスできている。

 おれは、鉄砲隊の中央で指揮をしている。
 ヒュンヒュン、と矢が飛んできて、木製の盾にカッカッ、と突き刺さり始める。
 敵が我が伏兵に気づいたようだ。
 いいぞ。掛かってこい。掛かってこい。
 不思議な高揚感を覚える。

「弓衆、射撃やめ! これからは騎馬武者のみ狙え」
「応ッ!」
 ワアアアッ、と喚声をあげて敵の長槍隊が駆けてくる。こちらの兵数が少ないのを見越して、潰しにかかってくるつもりだろう。

「鉄砲、射撃用意! 訓練通りで勝てるぞ! おれの射撃を合図に自由に敵を狙え!」
「おうっ!」
 もっと来い、もっと来い。
 先頭切って向かってくる敵兵を、充分に引きつけて静かに引き金を落とす。
 バアアン!
 狙った槍足軽が弾けるように倒れた。
 これでおれは完璧に殺人者だな。画面の映像を見るような感覚で現実感が薄い。
 気を取られるな。戦国時代なのだから弱者は滅んでも文句は言えない。

 銃を後ろに控える助手に渡し、弾込めされている新たな銃を受け取る。
 バアン! バアン! ババアン! バアン!
 散発的に辺りに銃声が響く。他の射手も狙いをつけて撃ち始めた。
「鉄砲ぉお! よく狙い、敵を近づかせるなぁあ!」
「応ッ!」

 次はどいつだ? あいつか。
 轟音。狙った敵兵はもんどり打って倒れる。
 銃を取り替えて、さらに次の敵兵を狙う。配下の鉄砲隊の面々も、次々と敵兵を(ほふ)っていく。
 これが戦か。フワフワした現実感に欠けるような高揚感がある。
 次はお前か。死ぬと分かっていて来るなよ。
 引き金を引く。倒れる。ほら、言わないこっちゃない。

 束の間の静寂。
 敵兵の襲来が一段落ついたようだ。一五〇人ぐらいの敵兵が、(たお)れているだろうか。
「鉄砲、射撃やめぇえ!」
「応ッ!」

 我が伏兵の進軍を阻む敵は、一掃できたといえるだろう。
 ――ならば。
三左(さんざ)ァア! 騎馬四、長槍五〇にて敵前衛に突撃! 一当てして不利だったら退()け! 無理しなくていいぞぉお!」
「オオオオーッ!」
 森三左衛門(さんざえもん)可成(よしなり)に軍勢を与えて、岡崎勢目掛けて突撃させる。タイミングを見計らって、城内からも信長ちゃんや柴田勝家が打って出るだろう。

「フハハハハハハッ!! 我に続けェエエイイ!!」
「オオオオオオオーッ!」
 可成が隊を率いて突撃していく。全くこの狂戦士(バーサーカー)は頼もしい。安祥城内にいるはずの信長ちゃん、あとはタイミング次第だ。頼むぞ。

「鉄砲隊、総員着剣(ちゃっけん)! 射撃準備しておけ!」
「応ッ!」
「総員、陣を進める! 行くぞぉお!」
「おおおおおおおーっ!!」
 残った長槍二〇、鉄砲四〇、弓一五を率いて、城の方へと進軍だ。累々と倒れてる敵兵を踏み越えて、陣を進める。

 今までに見たこともない数の大量の死体だ。血肉の匂いと、絶命している苦悶の表情の敵兵が、おれの感覚や感情を激しく揺さぶってくる。
 駄目だ。今は気にしてはいけない。作戦目標が第一だ。
 城の状況はどうだろう。信長ちゃんは無事なのか?
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み