99

エピソード文字数 648文字

【紗紅side】

「奇妙丸様、これ、お待ち下さい」

 奇妙丸は今7歳。
 ヤンチャ盛りで、城の中を走り回る。

「奇妙丸様!それ以上言うことを聞かねば、紅は怒りますぞ!」

「もう怒っておるではないか。紅は鬼のようでございますな」

「誰が鬼だ。そこに座りなさい。奇妙丸様はいずれ織田家の当主となられるお方なのです。人の上に立つお方は、鼠のようにチョロチョロせず、ライオンのようにもっとドッシリと構えておらねば。家臣を統率することは出来ませんよ」

「紅、ライオンとは何じゃ?」

「ライオンはですね。えっと……、乱世の日本国にはおりませぬが、百獣の王でございます。奇妙丸様のお父上のように、動物の中で一番強いのです」

 奇妙丸は瞳を輝かせ、あたしの話を聞いている。

「紅はほんに物知りよのう」

 座敷に座り、命を繋ぐために動物が獲物を捕らえることを教える。弱い者は強い者に食べられてしまう。この戦国の世もまた弱肉強食。

 バタバタと廊下を走る音がし、着物の裾をパタパタさせ侍女が座敷に飛び込んだ。

「紅殿!一大事でございます!!」

「お(その)は相変わらず騒々しいな。そなたが落ち着きなく城を走り回るゆえ、奇妙丸様が真似をするのだ。廊下を走ってはならぬと、何度も注意しておるであろう」

「お叱りはあとで伺います。於濃の方様が生きておられたのです!あのお噂は本当だったのでございます!」

「於濃の方様が……生きていた!?」

 衝撃的な事実に、あたしは思わず立ち上がった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み