第14話

文字数 2,961文字

「魔法を解放しても、魔法使い五家に生まれた魔法使いは、それぞれのエレメントに支配されることには変化がなかった。一般人はエレメントにかかわる魔法は基本的に禁止だし、それほど強い強い力は使えないから、あまり意識するのことはないと思うが、厳密にはどれかのエレメントに属しているはずだ。エレメントの支配を受けるということは、魔法の得手不得手はもちろん、多少人格にも影響をおよぼす」
「はあ……」
 シノワが気の抜けた返事をするが、ガゼルは物干し棒をふりふり説明を続ける。
「炎のエレメントは、やはり激しい気性を持つし、水のエレメントは流されやすい。これはラーグに会ったからわかりやすいだろう? あいつは人の言うことに、あまり異を唱えないが、敵対する者同士両方の要求に頷いたりする。みんなの味方のようでいて、誰の味方にもならないやつなんだ」
 はあ、とシノワはまた生返事をする。先ほどからガゼルは道ばたに生えた薬になる草や、月の動き、魔法の各エレメントについて講義しているのだが、シノワの耳に声は届けど、少しも内容が入ってこなかった。というのも。
「でやあああっ! 今度こそ覚悟しろ!」
 甲高い声とともに、近くの茂みから少年が飛び出し、大きな剣をふりかざしてガゼル目がけて突進する。
 しかしガゼルは、まるで落ち葉でも払うように、少年の剣をペイッと物干し棒で受け流し、少年は自分の勢いも手伝って、反対側の茂みへ豪快にダイブした。
 先ほどからこの作業を五回ほど繰り返している。
「それで、まずラーグにダイスの証文をもらったんだ。後に回すほど、誰かの影響を受ける。いくら流されやすいラーグでも、あの法印(タウ)をわたしてしまったら、発言をくつがえすことはできないからな」
 やはりガゼルは何事もなかったかのように説明を続け、シノワをふり返ると、そのいかにも上の空という顔に眉をよせた。
「聞いてるのか?」
「はあ、でも、あの」少年が沈んでいった茂みを見やりながら、シノワはもごもご言う。「あの子、ガゼルに用があるんじゃないですか?」
「気にするな」
 そんなことはどうでもいいというような口ぶりだったが、ただの通りがかりが、いきなり剣をふりかざして襲ってくるという事態はそうそうない。こういう場合、強盗目的であるとか、何かの復讐であるとか考えるのが普通ではないだろうか。
「でも、一度聞いてあげた方が……」
 何か恨みを買っているんじゃないか、という目でシノワがガゼルを見やったとき、後ろの方で笑い声がした。
「よく言ったぞ少年!」
 二人がふり返ると、先ほどの少年が腰に手を当てて仁王立ちになっていた。乱れた赤毛に木の葉がからまっていて、あちこちすりむいた上に泥だらけである。彼は背丈から言っても、シノワより少なくとも五つは下だろうと思われた。その口から出た「少年」という言葉がシノワを指していることに、シノワはしばらく気がつかなかった。
「こら、そこの魔法使い! この俺を無視するとはいい度胸だな! 俺を誰だと思ってる」
 少年は真っ直ぐに剣先をガゼルに向ける。ガゼルはやれやれと肩をすくめる。
「君はテュール家の子だろう」
「よくぞ見破った! 俺は石の魔法使いにして剣長(アウルム)、テュール家当主レジン・テュール様だ!」
 彼は自信たっぷりに言ったのだが、シノワは眉間にしわをよせて首をかしげ、ガゼルはふっと吹き出した。
 その二人の様子に、自称テュール家当主は、パンと足を踏み鳴らす。
「何がおかしい!」
「確かに、テュール家当主は年少だけどねえ」
 ガゼルの笑い顔に、少年はみるみる頭に血を上らせた。
「俺をなめると後悔するぞ!」
 そう言って少年は剣を構え、その刃がキラリと光を返す。と、その時、通りがかった風の男に少年は背中を蹴られて、前のめりに転んだ。
「何やってんだ、クミン」
 男はのぞきこむようにして少年の背中を踏みつける。少年は必死にバタバタともがいたが、彼の足はびくともしない。
「やめろ! 放せよバカ!」
「ははあ、お前、また当主を騙って辻斬りやってたな。危ないからやめろって言ってるのに」
「これは修行なんだよ! ちゃんと相手は魔法使いを選んでやってるだろ!」
「こりゃあまた仕置きだな」
 そう言ってにやりと笑う男に、少年はみるみる青ざめる。
「バカ! 修行だって言ってるだろ!」
 はいはい、と笑って男は少年の首根っこをつかんで立たせると、そのままシノワらの元へ引きずってくる。
「すみませんでしたね。こいつ、最近ようやく剣がふれるようになったもんで、嬉しくてしょうがないみたいなんすよ」
 男はそう言って少年の頭を押さえ込み、無理矢理に頭を下げさせるが、ガゼルと目が合うと男は思わず「げっ!」と声を上げ、あわててその口を押さえた。
「久しぶりだね、レジン・テュール」
 ガゼルの笑みに、男は先ほど少年がそうしたように、みるみる青ざめた。


「旅人に襲いかかるなんて、なんて子だ! しかも司祭様に剣を向けるなんて、恥知らずもいいところだ!」
 ぎゃっ、と短く悲鳴が上がる。
 クミンは見るからに恐ろしげな老女に尻を叩かれていた。そのしわがれた手のひらが、クミンの尻を襲うたびに火花が散っているところを見ると、ただ叩かれているだけというわけでもなさそうだった。
 それを横目に、レジンはガゼルに頭を下げた。
「本当に申し訳ない」
 まだ少し幼さの残るその表情が、まるで教授に叱られている学院生のようだとシノワは思った。
 実際彼はまだ十七で、実力主義のテュール家当主は、長子の世襲という形は採っておらず、前当主の死亡に際して、レジンが厳しい審査に合格して当主を継いだらしかった。
「あの子がまだ法印(タウ)で魔法を喚べないにしても、あの剣はちょっと危険だな」
 ガゼルは渋い顔をして出されたお茶をすする。このお茶には魔法の匂いがなく、ガゼルは少し表情をゆるめた。
 ラーグの豪邸とはうって変わって、レジンの自宅はシノワの家より少し古く、この国古来の様式の残る家だった。ここフェローチェの街がテュールの本拠地らしいのだが、クロワとは違い装飾性の薄い簡素な造りの家が並び、どこかすすけた印象を受ける。
「あの剣はいつもは武器庫にしまってある物で、昨日たまたま研ぎ師から戻ったものが家に置いてあって……その、よく言って聞かせるよ」
 レジンは、ばつが悪そうにモゴモゴ言った。
「もしあの剣の法印(タウ)が発動したら、子どもでも人を真っ二つに斬ることもできる。そんな物を家に置いておくなんて、どうかと思うね。そもそも、そんな剣が必要かどうかも私は疑問だ」
 それを聞くと、レジンのきつそうな目がさらに少し鋭さを増した。
「あの剣は俺たちテュールの誇りだ」
「それは承知しているよ。ただ、ね」
 ガゼルは少し物憂げに言うと、頬杖をついた。
 テュール家は石の魔法使いであるとともに、鍛冶師の一族でもあった。彼らにかかれば、加工できない鉱物はなく、特に(はがね)を鍛えることに関しては右に出るものはない。彼らの鍛えた刃物、特に剣は最高級品として取引されている。
 先ほどクミンが持っていたような、法印(タウ)が刻まれたものは、切れ味が増すとか、連動して魔法が発動する物などもあり、剣に法印(タウ)を刻む技術がテュール家の秘伝とあって、一般人が一生かかっても稼げないような高値が付くこともあった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み