第9話 厄介払い

エピソード文字数 376文字

 いくら強いといっても所詮は子供。本気の大人にかなうはずもありません。
 「こやつの根性を叩きなおしてくれる。」
 源頼光は言葉巧みに太郎を誘いました。

 こうして、彼は都へ行くことを決めました。動物たちが見送りにきました。
 「本当に、あいつ出てくべか。」
 「せいせいした。これで、仲間たちも安全にくらせる。」
 動物たちは、うれし泣きをしておりましたが、太郎にはそれが別れを惜しんでるように見えました。
 「立派な侍になったらまた戻ってくるから。」
 「もう、戻ってくんなよ。」
 かれらの遠吠えに太郎はいつか帰ってくると心に誓うのでした。

 それからの、足柄山は平和な時がすぎました。
 「あいつがいなくなって、本当によかった。」
 「ああ、これで悠々自適に暮らせる。」
 「あいつは大食いだったからな。これで栗もどんぐりも食べ放題だ。」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み