第9話   だんじり祭り 後半 3

文字数 3,758文字

 ※


 神輿は大きなワゴン車くらいの大きさだろうか。その神輿を男達が引いていく。神輿の中には鐘や太鼓を叩いている人がいて、その屋根の上で踊り狂っている二人の姿が見えた。


 屋根上の人達は両手にハタキを持ってて、一心不乱に振り回していた。落ちないように命綱もついており、神社内を前後に往復している。

凄い活き活きしてるね龍子さん
完全に酔ってますよぉ。クネクネしてるぅ

 こりゃ上でやってる連中は楽しいだろうなぁ。

 そう思って見ていると、屋根上にいる虎ちゃんが俺を見つけたのか、激しく指を差してやがる。

ああっ! あぁ~~~~! りゅ、龍姉ぇ! ってうぉっ!
 その瞬間――屋根上から転落しそうになった虎ちゃんは、命綱で落下はしなかったが、屋根裏からぶらさがっており非常に情けない格好となってしまう。
おおっ! 楓蓮さんっ! 白竹さん達もっ!
 俺達に気が付いた龍子さんは、命綱を取ってしまうとさっさと降りてきてしまうのだ。
やっぱ来てたんっすか? だんじり超面白いっすよ!
 俺っ子の龍子さんはさっきまで踊り狂ってたので、息遣いが荒いまま飛びきり笑顔を見せてくれる。
あの楓蓮さん。ここはひとつ……乗ってみません? アレに
マジっすか龍子さん? ちょっと乗ってみたいがけど、恥ずかしいというか……「
よっしゃぁ! 楓蓮さんも乗るぞぉ!

 ちょっと! 龍子さん! 即決すぎっす!


 などと心の準備が出来てない最中に、華凛を降ろされ魔優に預けると、服の上からハッピを着せられ、虎ちゃんがハタキを持ってきてくれる。


 あまりの手際の良さに驚いている時間も無く……




 半ば強引に神輿に上げられると、屋根上の男達に引っ張られたと思えば、あっという間に屋根上に上げられてしまった。



 そして、そこから見える景色に絶句してしまう。

うぉ~~~! すげぇ。なんだこれは。

 数メートル上に登っただけで、下にいる時との視界が全然違うのに驚いていると、人の視線が非常に突き刺さりまくってる。


 まさに別世界。

 まるで人がゴミ(じゃない)のように見えるぜ。

(だんじり暦45年のおっさん)


あい、ねえちゃん! これ付けてね

 知らんおっさんに、勝手に命綱を腰に付けられると、ゆっくりと神輿が動き出したのだ。


 え? これ振るの? ハタキ? こう? 左右に?


 

 他のおっさんやに~ちゃんに紛れてハタキを振りながら、見よう見まねで左右に腰を振り出すと、下から俺の名前を叫びまくる龍子さんや虎ちゃん。そしてヴァルハラのメンバーも同じように叫びまわっていた。




 やべぇこれ。ちょっと面白いってか、かなり面白い。


 いつの間にかノリノリになってしまった俺は、おっさん連中に紛れて踊りまくっていた。




 下を見ると、華凛や白竹さん達も手を振ってくれる。


 俺はニコニコしながらも、一心不乱に踊りまくると、おっさん連中とともに掛け声を上げる始末。完全に祭り人となってしまったのである。




 ※ 

気合入ってたっすね! さすが楓蓮さんだ!

さすが女神だ。みんな目がハートになってたっつーの。

素晴らしすぎる。歴史に残る日になるんだっぜ

凄いっす! 他の地区のだんじり野郎まで見てましたよ!
結構面白かった……

 と、遠慮しながら答えたが、マジ凄かった。

 別世界を垣間見た気がする。こりゃ龍子さんも虎ちゃんも好きそうな祭りだわ。



 華凛を再び肩車して、元の世界に戻った俺は、今でもイチゴ飴を食べてる魔優に声を掛ける。

美優ちゃん(魔優)もやったら?
私はいいよ。た、食べてる方がいいし
 お前もやれよ。どうせなら。お前もああいうの好きそうじゃね?
美優(魔優)ちゃんも乗るってよ!
マジっすか? よっしゃぁ~~白竹さんもいってみよ~~
ちょちょ! ちょっとお!
 龍子さんに捕まった魔優。速攻ハッピを着せられ、虎ちゃんにハタキをもらうと、俺と同じように屋根上に祭りたてられた。
うぉ~~~~! 白竹さん~!
やべぇ。ピンクのねーちゃんも女神級だろ?
 魔優が上で踊り出すと、神輿を見ている人達の声援が一気に高まった。下から見るとまた違う熱気が伝わってくる。
やべぇ! チーム内にもう一人女神がいたとは……

楓蓮さんと互角のおっぱいを持っているとは……

しかも魔乳っぽいし、凄まじい逸材だ。

ヴァルハラチームパネーよ! パネすぎっしょ!

こちらの姫も美しい……

メンバーに入ってよかった。ふふっ

やぁん! 何だかんだ言ってノリノリじゃないでしか! あはっ!
すげ~~~! 白竹さん。ってかエロいし!
あはっ! おねーちゃん楽しそう! 本当に踊ってるみたい

 おいおい魔優。お前踊り方が非常にエロいぞ。

 腰を振っているのはいいが……なやめかしい。なやめかしすぎるって!


 こいつって、カラオケの時もそうだけど……やたらポーズを取りたがるよな。

 まぁそれがサマになってて良いんだけど。



 なんとなく魔優って、こういう場で踊ったりするのが好きな気がする。いあ、絶対好きだろ。

あはっ。何だか楽しい。これ!

やべぇ。白竹さんエロすぎるっしょ。

大人しそうな印象持ってたけど、結構大胆っすね。


 当然外野から「めっちゃ可愛い」やら「どこかのモデル」やら「女優」とか凄まじい評価を受けてるじゃないか。


 実際踊っている魔優は、とんでもなくセクシーで、僅かな微笑を浮かべる仕草が、非常に綺麗に見えてしまう。隣のおっさんと仲良く踊るシーンも面白くて、滅茶苦茶楽しんでるだろ。



 踊る魔優を見つめる美樹ちゃんに小声で囁いていた。

ねぇ。美樹ちゃん。来年乗りましょうよ
ええっ。怖いですよぉ
乗りましょ。絶対楽しいですよ
……うん。そのかわり楓蓮さんも一緒に乗ってね
 勿論ですよ。来年は全員で乗ってみたいですね。 



 ※    


 魔優が降りると、どうやら神輿かはそのまま神社の奥へと入ってゆくのだった。すると他の地区の神輿も続々と神社へ入ってくる。



 そのタイミングで龍子さんや虎ちゃんと合流すると、一緒に露店を見て回ろうという事になった。


 ついでに紫苑さんも屋台の手伝いから解放され、一緒に歩き出した。

やべー。腹減っちゃってさ、食べまくっていい?
龍子はんも食べたってーな! まだイチゴ飴あるから
お。ナイス紫苑! 俺。これ好きなんだよ!

 イチゴ飴が好きなのは、全国共通らしい。

 そして魔優よ。お前は何本食べてんだ? 少なくとも20本くらい食ってねーか?

ねぇねぇ華凛ちゃん。俺が飯奢ってやるよ
うわっ
 ああっ。華凛は虎ちゃん怖がってるからな。すぐに俺の後ろに隠れてしまった。
奢ってもらえ。華凛。おねーちゃんは良いヤツだぞ
……うん

よっしゃ~~何でも頼め。俺に任せろっ!

っつ~わけで。龍姉ぇ。金貸してっ

 奢ってもらう。多分それだけで了承したんだと思う。

 それでいいんだ。華凛。虎ちゃんは変なヤツだけど、きっと良い奴だと思ってる。好意はちゃんと貰っとけ。


 そんな時、横にいる龍子さんがジトっとした目で質問してくる。

んでさ、楓蓮さん。そいつは?

おいおい。何でこいつがいるんだ? 確か王二朗っつったよな?

竜王のツレだろ?

彼は蓮の友達だそうで、美優ちゃんや魔樹くんとも知り合いだそうです
あ、どうも。お世話になってる播磨と申します

 なんとなく龍子さんの危険なオーラを察知したのだろうか。

 急に丁寧語になる王二朗くんは、おちゃらけた感じではなくなり、深く頭を下げる。

でけーなこいつ。ゴーレムみてーだし結構強そうだな。
 虎ちゃんが間に入ってくると、王二朗くんは彼女にもお辞儀していた。

間違いねぇ……この二人は伝説のヤンキー三姉妹こと山田一家だろ。

そんな奴らが何故楓蓮さんと繋がっているんだ?

なぁお前。ヴァルハラチームに入らねぇ? 

中々強そうだし、ガタイもいいし、ヤンキー顔だし。


ゴーレムっぽいし。守備力高いだろ?

え? 俺っすか?

メンバー募集中なんだよ。

今入ればもれなく……ここにいる姫達を護衛する任務が与えられる。

活躍次第では、お前もエインフェリャルになれるぞ。

急に勧誘を始める虎ちゃん。その間に龍子さんに手を引っ張られると、小声で話し出した。
楓蓮さん。あいつはあなたをストーカーしている女のツレですよ。危険です

 それは知ってるんだけどな。知ってるのは蓮なので……

 ってか龍子さんも知ってるんですね?

そうなんですね。だけど蓮の友達って言うから……

だけどまぁ……何かあっても撃退しますから

ははっ。さすが楓蓮さんだ。そーいうと思った。

ったく……楓蓮さんも頑固ちゃんだな。そういう面も可愛すぎる。


だけどあいつはストーカー女に近い存在だからな。

あいつは俺がしっかり監視せねば。

 やっぱ龍子さんも分かるよな。

 まぁ、あのガタイだし、筋肉隆々だし。誰が見ても弱いとは思わないだろうけど。


 



 それはそうと魔優。


 お前……どれだけイチゴ飴食べるんだよ。そんな気持ちの篭った視線を飛ばすと、

だって美味しいんだもん

 と意思疎通できた事にはビックリだった。


 と同時にちょっと可愛かった。普段クールだからな。そういう奴がデレると一際可愛いもんだ。


 既に日は落ち、空は暗くなるが、祭りの熱気はとどまる事無く、更に活気を帯びてゆく。人ごみは更に激しくなり、だんじりまつりはまだまだ続く。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介


 ★登場人物でも若干のネタバレを含みます。第一部からお読みいただきますようよろしくです。

 ★逆に第二部の登場人物を先に読んでから、第一部をお読み頂きますと、別の意味で楽しめます。

 

 ★読者視点は神視点。登場人物の心の声も聞こえます。(フキダシの色がこの色)

 ★ 黒澤 蓮 くろさわ れん


 本編の主人公。高校一年

 男女入れ替わり体質。
 
 弟の凛と共に、新天地で新たに生まれ変わろうと、楽しい学校生活を送ろうとする。友人作りに重きを置き、人との付き合いにはとても慎重である。


 自分自身の事よりも、仲間の為ならば凄まじく有能になる。

 ★ 白峰楓蓮 しらみね かれん


 蓮の女性の姿。類稀なる美少女だが本人にはあまり自覚がない。


 外部には黒澤家の親戚(蓮の姉)となっている。

 楓蓮では世間との関わりあいを最小限にしてきたが、徐々に一人の女性として目覚め始める。

 

 自分を理解してくれる人間が増えるたびに楓蓮は飛躍的に成長してゆく。  

 ★ 黒澤 凛 くろさわりん


 小学校六年生

 男女入れ替わり体質。

 

 兄である蓮を慕い、とっても素直で女の子のような性格。
 ことある毎に兄に甘えてしまい、いつまで経っても、子供のままなので、蓮は凛の将来をとても心配している。

 

 二部中盤で凛オンリーの章があります

★ 白峰 華凛 しらみねかりん


 凛の女性の姿。

 外部との接触が無いので、彼女の存在を知るのは黒澤家の秘密を知るものだけ。

 楓蓮と違い、おしゃまさん。

★ 黒澤 玲斗 くろさわ れいと

★ 白峰 麗華 しらみね れいか


蓮や凛のお父さん。ただいま遠方で仕事中。

麻莉奈や平八。ティナとは大親友。


後半から再び登場します

★ 美神聖奈 みかみせいな


 高校で蓮と同じクラスとなる。実は小学四年生までの幼馴染。

 容姿端麗。成績優秀。運動神経抜群。リーダーシップ抜群。お金持ち。


 高校当初から蓮と関わりを持ち、お互いに影響されてゆく。無二の親友?

 記憶喪失だったが、徐々に昔の事を思い出してゆく。


 二人目の主人公。

★ 平八 へいはち 


 聖奈専属の運転手。

 黒澤家の秘密を知っており、蓮の親である麗斗(れいと)とは旧知の仲

 おっぱい職人。ツイッタのフォロワーは10万以上の有名人。

 作中でも最強だと言われるが……

★ 白竹 美優 しらたけ みゆう

 

 男女入れ替わり体質

 蓮と同じクラスとなる。ピンクの髪が目立つ美人。とても内気で、語尾が変になる。

 自分の家の喫茶店で働いている事になっているが、実は魔優と入れ替わっている

 歌が上手く、全国でも有名な絵師でもある。(エロ同人が本業)

 

 三人目の主人公。 

★白竹 美樹 しらたけ みき


 白竹美優の男性の姿。

 外部では白竹魔樹と名乗っているので、彼を知るのは家族と秘密を共有する人のみ。

 主に喫茶店で厨房担当したり、サイクルの都合上、学校でも魔樹として振舞う。

 男の子の身体で遊ぶのが大好き

★白竹 魔優 しらたけ まゆう


 男女入れ替わり体質。

 外部では白竹美優と名乗っているので、彼女を知るのは家族と秘密を共有する人のみ。

 主に喫茶店で接客担当。サイクルの都合上、学校でも美優として振舞う。

 心の中は女の子なので、こちらが真の姿となる。

 四人目の主人公

★白竹 魔樹 しらたけ まき


 魔優の男の姿。外部に知られているのは魔樹である。

 蓮の隣のクラスで、常にクール。成績も良く、空手や合気道を習得。

 学校内では魔樹王子と呼ばれるほどモテる。


 自分の家の喫茶店で働いている事になっているが、実は美優と入れ替わっている

 乙女ゲー大好きのツンデレ。

★白竹 麻莉奈 しらたけ まりな


美優。魔優の母。入れ替わり体質。


とてもピアノが上手く、蓮はプロの犯行だと断定。

双子の母だけあり、とても美人だが色々とヤバい人。

男の姿は、でかい上にマッチョらしい。


★ じいじ


 白竹家のおじいさん。喫茶店のオーナー。

 小太りでツルっぱげ。チョビ髭が可愛い。

 厨房担当で楽しい事があると、その場でクルクル回りだす。

★ 染谷龍一 そめやりゅういち


 男女入れ替わり体質。

 蓮と同じクラスとなり、前の席という事で付き合い始める。

 わりと積極的で、クラスでも人気がある。

 楓蓮に一目惚れし、ずっと彼女を追い求める。

 オムライサーでありポニテマニア。

 

 五人目の主人公

★山田 龍子 やまだ りゅうこ


 龍一の女性の姿。

 楓蓮を追って同じ喫茶店で働く事になる。全国でも有名な山田組の人間。

 ケンカが強く、蓮も認めるほど。

 楓蓮に近づく男を排除しようとする俺っ子。

★山田 虎子 やまだ とらこ


男女入れ替わり体質。龍一の弟(妹)

全国統一を夢見る女の子。既にチームを結成しており、チームヴァルハラと名づける。

口調はキツいが、兄弟には頭が上がらない。

デコトラならぬデコチャリで街中を暴走する。

★染谷 翔一 そめや しょういち 


男女入れ替わり体質。龍一の兄(姉)

龍一が恐れる唯一の兄貴。百人でかかっても勝てないらしい。

ただいま、新婚生活真っ最中。

★染谷 桜 (そめや さくら)


 翔一の奥さん。普通の人間。

 とても清楚で大人しそうな美人だが染谷三兄弟は彼女に対し頭が上がらない。

 翔一を女らしくする為、日々調教中。

★百済 紫苑 くだら しおん


 高校二年。軽音部。実家はソッチ系統の百済組。

 楓蓮達と一緒に喫茶店でバイトを始める。関西弁ちっくな喋り方だが、とても優しく後輩想い。

 蓮の同じクラスである、米山まゆこと、坂田沙織は小学校からの付き合い。

 マイブームはマジョリーナちゃん(ミニチュアダックス)を可愛がる事。

★坂田 沙織  さかた さおり


 高校一年。蓮と同じクラス。

 いつもニコニコ。おっとりとした口調でマイペース。

 紫苑と同じ軽音部。ベース担当。

 親が犬のブリーダーで楓蓮に二匹のダックスを譲る。

★ 西部

 蓮と同じクラス。

 事あるごとに蓮に絡んでくるが、その目的は聖奈や美優と接点が持ちたいが為である。

 ツイッター名では「モントゴメリー」。おっぱい職人を神と崇める。

★真鍋

 蓮と同じクラス。西部の友達。

 頭は良く、テストでも上位だが、彼もおっぱい職人を神と崇める。

 ツイッター名は「穴バースト」

★米山 まゆこ (だんじりバージョン)


 蓮と同じクラス。坂田とは昔からの親友で、紫苑は先輩に当たる。

 魔樹王子にベタ惚れてしまい、蓮に紹介してもらえるよう頼んだ。

 バスケ部所属。一年なのに相当の実力を持っている。

★ 三輪 加奈子 みわ かなこ

 

 蓮と同じクラス。坂田沙織の友達で幼稚園からの付き合い。

 男の子同士がホニャララするのが好き。

★ 清原 愛美 きよはら まなみ


 魔樹と同じクラス。米山まゆこと中学時代からの付き合い。

 ちなみに魔樹王子と呼び出したのはこの子。

★ 梶谷


 蓮と同じクラス。西部の友達で小学生からの付き合い。

 バスケ部所属。一年でレギュラー筆頭。

★高坂


蓮と同じクラス。梶谷の友達。

ギャルゲーのアイドルプリンセスをこよなく愛する男の子。

★ 鼻


楓蓮が命名。

その昔、蓮にケンカ売ってきたり、美優をナンパしたり、ろくでなし男であったが楓蓮や龍子にボコられる。だが楓蓮に鼻を治してもらったと勘違いしている。

楓蓮に殴られてから、とんでもなく優秀な男へ変貌する(だがケンカは弱い)

★ヴァルハラメンバー 


 只今メンバーは八人。

 虎子率いるチームヴァルハラメンバー。俗に言う不良だが、楓蓮。龍子。虎子には従順。

 実は全員イケメンレベルだが、とにかく頭も弱く、ケンカも弱い。

 NO表示されており、変なヤツが混じってます。 

 竜王 冴子 りゅうおう さえこ


 高校一年。西部曰く、彼女と美神聖奈。白竹美優を三大美女認定している。

 いつも笑顔。とても愛想が良い彼女だが……

 王二朗曰く、超危険人物。鞄にスタンガンを隠し持ち、女の子を襲うらしい

★ 播磨 王二朗 (はりま おうじろう)


 高校一年。竜王冴子と共に登場。190センチの巨漢であり極道顔。

 とてもじゃないが高校生には見えない容姿に、シルエット姿となっている。

 警官とエンカウントすると、ほぼ職務質問されてしまう。

 ゴリラのモノマネが神がかっている。

★竜王 将哉 りゅうおう しょうや


 萌ゴリと共に現れた男性。とてもイケメンだが萌にナンパーマンであると暴露されてしまう。萌は恋人だと告げるが……楓蓮は最初から将哉を警戒する。 

★稲坂 萌 いなさか もえ


 楓蓮が早朝マラソンに出かけた際に知り合った女性。

 巨漢で筋肉質なので、楓蓮は男だと勘違いするほど。

 とても気さくでしゃべりやすい印象を受けた萌ゴリ。ちなみにラッキースケベ体質。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色