1 ✿ 無敵サングラス

エピソード文字数 2,102文字

合戦、開始!

スピーカーの声とともに、パァン!! と一発の花火が上がった。


45人の敵の動きを、萌栄はざっと目に入れる。


後退する者、となり合った敵とさっそくやりあう者、樹の上から様子見に入る者とさまざまだ。


そして…。

来たなぁ!

真っ先に、萌栄へ突進してくる少年が二名。

「おひさま」チームの、(とき)(よし時男(ときお)。年子の兄弟だ。

(鋼の言った通りだわ)
 鋼は合戦前、このように萌栄に言った。
まず萌栄ちゃんがねらわれるはずや。新参者のお手並み拝見ってな

合戦前、敵が一人で来た時、何人もで来た時とシュミレーションを重ねた。


萌栄は使いなれた苦無(くない)を、迫る敵に構える。

大将、萌栄! お手並み拝見!!

(とき)(よし)が、(まんじ)手裏剣を打ってきた。

望むところよ!

萌栄は、(とき)(よし)に手裏剣を打つ。

覚悟ぉ―――!!
時男(ときお)は、苦無を萌栄へ振るう。
いざ!!

時男(ときお)苦無(くない)を、萌栄は自分の苦無ではじき返すと。

ゴマ―――!!
え?
は?

萌栄が 笑顔 で叫んだので、兄弟は目を丸くした。


今の暗号は「攻撃!」だ。


だが、暗号を叫んだ萌栄は、脱兎のごとく逃げ出した。

あっ、逃げた!
こらぁ、闘え―――!!

萌栄は「攻撃」を叫んだが、はじめから2人と闘う「役」ではない。


今のは、鋼と発へ「合図」を出したのだ。


鋼は、合戦前にこう言った。

まさかの、まさか。大将が一発目に「オトリ役」でいこう

鋼の作戦だ。


萌栄を追って駆け出そうとした、(とき)(よし)時男(ときお)の上から何者かが下りてきた。


なんと発だ。

よそ見、危険

発は、トンッと(とき)(よし)の肩にのると、手ぬぐいでササッと彼の視界をふさいだ。

わわ!? なんも見えねぇ!?
ヨシになにをする!

シャリリリ!!


時男(ときお)を囲むように、長い鎖が生き物のように宙で楕円をえがいた。


時男(ときお)と、目隠しをされた(とき)(よし)に鎖が巻きつく。兄弟は身動きできなくなった。

はっ、鋼の鎖だ!
なっ、なんだと!?

目隠しをされた(とき)(よし)は、なにがなんだか分からないようだ。


2人は地面に転がり、互いの肩や尻をぶつけて鎖からぬけ出そうとしているが上手くいかない。

よくも2人を!!

鋼と発めがけて手裏剣の雨が降る。


木の上から下りてきた少女。名を、日高(くれ)(ない)

「おひさまチーム」の大将である。
くらえ!!

(くれ)(ない)は、足下で閃光弾を破裂させた。


鋼と発の目がくらんだすきに、場所を移動する

あっちの方から音がした・・・
あの木だね・・・
2人は、こそこそと話し、同時に手裏剣を打とうとしたが。
光遁(こうとん)!!

(くれ)(ない)は、手持ちの鏡でお日様の光を反射させ、二人に目くらましをする。


目だけを狙うと反則なので、鏡を右へ左へ揺らす。


彼女は〝()れることが()い〟と名前の通り、日の光や、明かりを使った戦闘に長けていた。

ま、まぶし……わあ!? 手裏剣!?

(くれ)(ない)は、発ばかりをねらう。


発は村に来て日が浅いので、倒しやすいだろうと思ったのだ。

おかえしだよ!

発は十字手裏剣を連続で打つ。どれもぶれなく、まっすぐに彼女へ向かった。


さらに発は丸い玉を出す。着火せず、細いひもを引いて、(くれ)(ない)へ投げた。


 パアン!!

クラッカーが破裂し、キラキラ光る大量の紙吹雪 が、(くれ)(ない)に降り注ぐ。
…え!? なによ、これ?

 (くれ)(ない)は、別の木へと逃げる。


 すると彼女の頭上で、ガサガサと葉の揺れる音がした。

頭上とったり!!

 萌栄が手裏剣を放つ。


 (くれ)(ない)は、苦無ではねかえすと。

なにおう!!
鏡を上にしてゆらし、萌栄の目をくらまそうとしたが。
へへん! 効かないわ!
な!?

こんなこともあろうかと、萌栄は準備していたのだ。


サングラスをかけたまま、苦無(くない)を構え、木の上から飛び下りる。


高所(こうしょ)()」だ。高いところからの攻撃は敵をおののかせる。

おりゃぁああ――――!!!

くぅ…っ!!

せまる萌栄に、(くれ)(ない)はあわてて樹から下りる。


そこには待ち構えていた。

ここまでや!
鏡はもう効かないよ!
包囲!!
3人は苦無の切っ先を、(くれ)(ない)に合わせる。
・・・・・・。降参…や

(くれ)(ないは、うなだれた。


近くに潜んでいた監視の先生がやってきて、

勝負あり

そう告げた。


(くれ)(ない)、鎖をとかれた(とき)(よし)時男(ときお)


おひさまチームは、合戦フィールドを退場した。

まずは1チーム勝ったな! 発、サングラス見つけたんやね

ウエストポーチの奥に、入りこんでいたみたい。


・・・萌栄、どうしたの?

ちょっと・・・ね。

とぼとぼと退場する(くれ)(ない)たちの背中を見つめ、萌栄はかけていたサングラスをはずす。


鋼、発もサングラスを取った。

な…なんだかちょっと、胸が痛いわ
同情してるヒマはないよ、――あぶない!
!?
わあ!?

鋼が、ぐんっと2人の腕をを引いた。


ななめ上の木から突然、八方手裏剣が放たれたのだ。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色