戦闘服は制服! ②

文字数 3,282文字


****

 ――〈篠沢商事〉ビルに着き、地下駐車場で彼の車を降りると、わたしたち三人はそのままエレベーターで株主総会が行われる二階の大ホールへ上がった。

 このホールはその三ヶ月ほど前、父の最期の誕生日パーティーが催された会場であり、父が倒れた現場でもあった。
 けれどその日のホール内は華やかな雰囲気ではなく、大勢の株主やグループの役員・社員たちが集まっていて、ものものしい雰囲気だった。

『――みなさま、本日はお寒い中大勢お集まり下さいましてありがとうございます。ただいまより、緊急の株主総会を行います』

 司会を務める総務課の男性社員のマイク越しの声が、ステージ袖に控えるわたしの気持ちをピリッと引き締めた。――ちなみにこの男性社員は、彼の総務課時代の同期らしい。

 それと同時に、ただならぬ緊張感も襲ってきて、わたしは息をするのも忘れて、裾に赤いラインが入ったダークグレーのプリーツスカートをグッと握りしめたままステージを凝視していた。

「絢乃さん、……もしかして緊張されてます?」

 わたしの緊張を感じ取ったのか、彼が後ろから優しく声をかけてくれた。

「……えっ? うん……。わたし、ちゃんとスピーチできるかしら?」

「いよいよですもんね。心配されるお気持ち、僕にもよく分かりますよ。――あ、そうだ! 緊張を(ほぐ)すおまじない、お教えしましょうか」

「……お願いできる?」

 明るくわたしを励まそうと提案してくれた彼に、わたしは素直に甘えてみようと思った。

「はい。僕も子供の頃からあがり症だったんで、母が教えてくれたんですけど。客席にいる人たちをジャガイモとかカボチャだと思えばいいんだそうですよ」

「ジャガイモ……」

 わたしはその光景を思わず想像してしまい、客席に畑のように大量のジャガイモやカボチャが並んでいる姿を思い浮かべた途端、肩を震わせて笑い出した。

「やだもう、おっかしー! フフフッ!」

 彼が笑わせてくれたおかげで、わたしの緊張はどこかへ飛んで行ってしまっていた。

「……絢乃さん、今日やっと笑ってくれましたね。やっぱり、あなたの笑顔はステキです」

「…………え」

 彼が珍しく歯の浮くようなセリフを言ったので、わたしは一瞬ポカンとなった。でも、わたしを笑顔にしてくれたのは彼。本人には自覚がなかったようだけれど。

「……ありがと。貴方のおかげよ」

 わたしは清々しい笑顔で、彼に素直にお礼を言った。

「もったいないお言葉、ありがとうございます。……もう、大丈夫ですね」

『――ではここで、本日より新会長に就任されました、篠沢絢乃さまよりご挨拶を賜ります。篠沢会長、お願いします!』

 彼がわたしの目を見てそう言ったのと、司会者にステージまで呼ばれたのはほぼ同時だった。

「うん、大丈夫よ。じゃあママ、行こう!」

 わたしは母と一緒に、堂々と胸を張ってステージへと歩いて行った。

 わたしと母が着ていたコートは、彼が責任もって預かってくれていた。
 ステージの演台に辿り着くまでにどうにか呼吸を整え、まずはわたしがマイクに向かって話し始めた。
 客席からはわたしの服装に驚いた人々からのどよめきが上がっていたけれど、そんなことは想定内だったわたしは一向に構わなかった。

『――みなさま、本日は年始でご多忙の中、またお寒い中お集まり下さいまして、心より感謝申し上げます。先ほどご紹介にあずかりました、わたしが〈篠沢グループ〉の新会長・篠沢絢乃でございます。みなさまはわたしのこの服装に、大層戸惑っていらっしゃるようですが。わたしはご覧のとおり、まだ高校生でございます。ですが、決していい加減な気持ちで会長就任を引き受けたわけではございません! 学業も会長としての責務も立派に両立していく覚悟でおります。この制服はわたしの覚悟の表れであり、いわばわたしの戦闘服なんです』

 ここまで一気に言ってしまってから、客席の反応を窺ってみた。すると、どよめきはたちまち静まり、みんなが真剣な眼差しでステージ上のわたしを注視していることが分かった。

 このスピーチには、事前に原稿は用意していなかった。けれど、この場で言いたいことは自分の中でキチンと整理ができていたので何も困ることはなかった。

『わたしは父の生前、父がいかにして社員や取引先、そして株主のみなさまの信用を勝ち得てきたのかずっと見てきました。父は元々経営者の血筋ではございませんでしたが、イチから地道に実直に、コツコツと信用を積み重ねてきた結果、この大財閥の会長という地位を守ってこられたのだと思っています。わたしも父のように、そうしてひとつひとつの信頼を積み重ねて、会長の務めを果たして参りたいと思います』

 もしかしたら長期戦になるかもしれない。何十年もかかってしまうかもしれない。――それでも、わたしはひとりではなかったから、何も怖くなかった。

 わたしはここで一度、母に目配せをした。母が挨拶をするなら今だと。母から頷きが返ってきたので、わたしは一旦母にマイクを譲ることにした。

『――ここで、わたしの母・篠沢加奈子より、みなさまにご挨拶がございます。母はわたしが高校にいる間、会長の職務を代行してくれることになっております』

『ただいまご紹介にあずかりました、私が篠沢絢乃の母、篠沢加奈子でございます。生前は夫の源一がお世話になりました。妻として、また篠沢家の当主として、この場をお借りしまして厚く感謝申し上げます』

 パキッとしたパンツスーツ姿で挨拶をした母は、わたし以上に堂々とした風格を(たた)えていた。

 もしかしたら、母の方が会長としてはふさわしいのかもしれない。わたしは一瞬そう思ったけれど、母がそんなことを望んでいないことも、わたしは知っていた。

『娘も先ほど申し上げたとおり、私はこの度会長代行を務めることに致しました。それは娘の相談役も兼ねておりまして、このような重責を負うことになった娘の支えになりたいという母親としての想いからでございます。ですが、私には何の権限もございません。経営の全責任は、娘に一任されていますので。私が彼女を傀儡(かいらい)として院政を行うこともございません。その点、株主のみなさまにはご理解頂きたいと思っております。また、社員・役員のみなさまにおかれましては、娘を信じ、時には手助けし、今後も〈篠沢グループ〉の一員として彼女を支えてやってほしいと心より願っております』

 ……なるほど。株主の中には、この場に母が出てきたことで、そんな誤解をする人も出てくるかもしれない。それを見越して、母はこのスピーチをしたのだ。わたしを守るために、母親として。

『――では、娘にマイクを返します。……絢乃、いらっしゃい』

『はい。――先ほど母のスピーチにもございましたとおり、わたしはひとりではございません。ひとりでは闘えません。母や社員・役員のみなさま、そして株主のみなさまのお力添えが必要なんです! みなさま、どうかわたしにお力を貸して下さい! これから、よろしくお願い致します! 本日はありがとうございました!』

 わたしがスピーチを終え、深く頭を下げると、どこからかパチパチと拍手の音が聞こえてきた。その拍手は複数人数で叩いているのではなく、たった一人の拍手の音だったけれど、とても力強かった。

 わたしは頭を上げ、そっと音の()(どころ)を探してみた。すると、その音はステージ袖から聞こえ、拍手をしていたのは彼だと気づいた。
 そしてその拍手の波はたちまち会場中に広がり、割れんばかりの大拍手へと変わっていった。

(ありがとう)

 わたしはステージ袖にはける時に、声には出さずに口の動きだけで彼にお礼を言った。すると、彼も笑顔で頷き、「お疲れさまでした」とわたしを労ってくれた。

 わたしはこの日のことを、絶対に忘れることはないだろう。きっと、父の病を知った日や、父がこの世を去った日と同じように――。

****

 ――株主総会が終了すると、母は「村上社長や山崎専務と打ち合わせがあるから」とエレベーターホールで別れ、わたしは彼――貢と二人で最上階の会長室へ上がった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃より三つ年下の中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み