不吉な意識

文字数 3,110文字

(このエピソードは、物語の性質上、

を用いています)
新一と相良の意識の声は『 』で表現しています。

 翌朝、相良の目覚めと同時に新一の意識は目覚めた。青い空と海、そして蝉の鳴き声が聞こえる。
 ここは何処だ? だが、新一がその現状を把握するまで数秒とかからなかった。
『新一、いるのか?』
 相良君の呼びかけだ。『おはよう。やっぱり夢じゃなかったんだね……』
 相良は新一と無言の会話をする為、部屋を出た。
 夢じゃなかった。こうして相良少尉の意識の中で、再び新一の意識が覚醒したという事が現実なのだ。現世に戻れるかもしれない。という可能性は期待できそうにない。だが、新一は、不思議と絶望感を感じなかった。いや、感じていないと言えば嘘になるが、どうすることもできないのだ。そもそも、現世で自分の肉体は死んでいるのかもしれない。せっかく秀美ちゃんと仲良くなれたのに。―それについては心残り甚だしいが、しょうがない。持前の諦めの良さが絶望感を薄れさせてくれた。どうせもう帰れない。多分この意識も相良少尉の死と同時に消えて無くなるのだろう。それもまた運命だ。運命には逆らえない。そう思うと気分は少し落ち着いた。
 その時だった。―えっ? 急に……なんだこの感じは。新一は今まで感じた事の無い不吉な何かを感じた。
 そして意識がうまく保てない程の不快感が襲ってきた。暗く深い闇に引きずり込まれるような不快な感覚。もしや現世に戻れるのか? いや違う。全てが、自分に関わる全てが破壊される。そんな感じの不快感だ。それがどんどん増してくる。感じるというよりは、宣告された。という表現が一番近い。何が、何が起きた? 歴史? そうだ、歴史が変わる。歴史の大筋は変わらない。だが、新一の歴史は変わる。いや、消滅する。親父も、新一の家族も。何故そんな事がわかるのか? 意識だ。意識がそう言っている。良く分からないが、意識が、何か別の意識が、その意識が新一の意識の中に語りかけてくる。そんな感じだ。

まだ間に合うかもしれない……どういう事だ? 不快感が増していく。
意識が……保てない……

『新一、いるのか? 新一!』
 相良君が呼び掛けている。『相良君……僕、消滅しそうだ。上手く説明できないけど何かが、何かが変わったんだ。もしかしたら、もしかしたら爺ちゃんが死ぬのかも……僕がこの時代に来た事によって、爺ちゃん死ぬのかも……それで僕も、親父も、みんな消滅する。意識が、意識がそう言って……』
『何? どういう事だ!』
『ごめんね……相良君。意識をうまく保てない……』
「くそ!」
 相良は声に出して叫んだ。幸い近くには誰もいなかったので、怪しまれる事は無かった。
 考えろ、考えるんだ! 何があった?
 相良は昨日、新一が自分の意識の中に現れてからの事について準を追って反復してみた。歴史を、新一の歴史を大きく変えてしまうような出来事があったか? あるとすれば柳原一飛層との接見か。だが、戦争の終結はおろか新一の事だって伝える事は出来なかった。昨夜、柳原との会話の中で、俺は何か歴史を変える程の大きな出来事を言ったのか?
「くそ! わからない」
『相良君、声、声でてるよ』
『貴様、大丈夫なのか?』
『うん。不吉……というか、不快な感じはあるけれど、相良君との会話はできそうだ。さっきより……少しこの感じに慣れて来た』不快感は酷いが何とかコントロールできそうだ。『いま直ぐ消滅するってわけでもなさそうだよ』
『そうか、良かった。まだ時間はあるというわけだな』
 相良は少し安堵した。
 ひょっとして、俺の不快感も新一のそれと同じものなのか? いやわからない。俺の不快感は新一が来る前から始まっている……
「もうすぐ朝食の時間か」相良は衣嚢から取り出した懐中時計を見て呟いた。「朝食どころではないな……」
 えっ? その時計……それ、そうだ爺ちゃんの時計。相良君の時計だ。何故、時計の事を思い出さなかったのだろう。そもそも、この時計を貰ってから事は始まったのだ。
『相良君、その懐中時計。爺ちゃんが相良君に貰って、最近、それを僕が貰って、あの時、転んだ時にその時計を持っていたんだ。だから……そうだよ、だから相良君の意識の中に僕が……』
『なに? この時計を貴様が持っているのか?』
『そうか! そうだよ相良君! 相良君がその時計を爺ちゃんに渡さなければいいんだ。爺ちゃんに話す事は出来なくても、相良君がその時計を爺ちゃんに渡さなければいい。それは可能だろ? そうしたら、僕は君の意識の中に飛んでくる事は無いんだ。このタイムスリップはその時計が引き起こしたんだ。うんそうだ。絶対そうだよ』
 新一は一気にまくし立てた。だが良く考えてみると、それで全て解決するのかわからない。頭を打って死ぬ事に変わりはないかもしれない。でも、自分がこの時代に来て、何らかの影響を及ぼして、たぶん爺ちゃんは死ぬ事になったのだ。自分さえこの時代に来なければ、歴史は一ミリも変わらないはずだ。歴史にとってもそのほうがいいはず。確証はないが、自分と相良少尉を繋ぐものはその時計に違いない。 
『ほんとに貴様の時代では、柳原一飛層がこの時計を持っていたのか?』
 相良は不思議に思った。この時計は父親に貰った大切な物だ。それを、死が確定している回天隊員の柳原一飛層に譲る? 特攻で海の藻屑と消えるなら、それは自分が持つべき物。だがもし、柳原一飛層が生きて帰れるという未来を知っていたなら、また話は変わってくる……
『うん、それは爺ちゃんが70年以上大切にしてきた時計だよ。相良少尉に頂いた大切な時計だって言ってた。だから僕は相良君の事を知っていたんだよ。自分の死期が近づいたと悟った爺ちゃんは、つい最近その時計を僕に譲ってくれた。その時計、裏に志って文字が彫ってあって、その脇に大きな傷があるよね?』
『確かに。驚いたな……この時計、今は貴様が持っているのか。不思議な事もあるものだ』
相良は時計の文字盤を凝視したまま何度も何度も頷いた。
『だが傷など無い。入隊時に親父から貰ったものだ。貴様にとっては70年以上前の骨董品でも、今はまだ新品同様の時計だ。その大きな傷とやらは、俺の死後に付いたものだろう』
 そう言って相良は懐中時計を裏返した。
「何?……」
『ほら、やっぱり。その志の文字も傷も、僕が爺ちゃんに貰った時計と同じだよ。そんなに綺麗じゃないけど』
 時計の裏側、志と彫られた文字の脇に大きな傷が付いている。気がつかなかった。いや、昨日の朝にはこんな傷は無かった。そうか! あの時だ。
『この傷は昨日ついたものだろう』
相良は確信した。
『えっ?』
『昨日、俺は地獄段を上った後、ふらついて倒れた。貴様が転んだ場所だ。その時に付いたものだろう。しかし……』
 相良は混乱した。しばらくその場に立ち止まって考えを整理してみる。
『相良君?』
『ちょっと待ってくれ。今、頭を整理している』
 どういう事だ。俺がこの時計を柳原一飛層に渡している? という事は、その時点で俺は柳原が死なないという未来を知っていた事になる。それは何故だ? 新一が俺の意識の中に入ってきたからだ。でなければ俺はこの時計と共に海の藻屑と消える覚悟を決めていた。家族を失った今、この時計に遺品としての価値は無い。つまり新一が来なければこの時計を柳原一飛層に渡すという歴史は無い。だが柳原はこの時計、傷のついたこの時計を持っていた。という事は新一のタイムスリップとやらは歴史に織り込み済み? いや……ならば何故、新一は柳原が死ぬかも知れないと思ったのか。思う? 意識と言っていたが……


ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み