第5・5話

エピソード文字数 1,186文字

「おかしい……。ガレから、連絡がきませんね……」

 優星達が世界を救った直後――午後8時丁度。とある山奥に身を隠していた花丘真治は、眉を顰めた。

「封印が解けて、随分経っています……。どうして、何も反応がないのでしょう……」
「どうしてそうなってるか、教えてやるよ。アイツは、オレのダチが倒したのさ」

 木の陰から現れた、制服姿の少年。優星の親友である空霧雲海が、東の空――ガレが散った方角を見やり、ほくそ笑んだ。

「残念だったな、センパイ。作戦は失敗に終わったぞ?」
「が、ガレが…………あの『記録読者』が、やられた……? そんなバカな……っ」
「アイツら、山手線ゲームで打ち破ったんだよ。万が一のタメに覗いてたんだが、何回も噴き出しそうになったぜ」

 雲海は、腹を抱えて大笑い。ひーひー言って目尻を擦った。

「き、君は見ていたのか……!? ガレが脅威になると言った人間に、君は入っていなかったぞ……!?
「オレは持てる力の50%を常時使い、『特異な存在』の気配を完全に消してるんだ。それに加えアイツの目がある場所では平凡人間として生きてたから、気付けなかったのさ」
「り、『記録読者(リーダー)』を……っ。この世で起きた全てのことを知得できる者を、誤魔化しただって……!? そんなことが、出来るはずがない……!」
「おいおいセンパイ。現に、やってるだろ?」

 雲海は両肩を軽く上げて嘲弄し、親指で自身をさす。

「オレは、特別なんだよ。大剣ラーミーの力で気配を消しているアンタを、探し出せるくらいにな」
「っっっっ!!

 このように会話をしていることが、すでに異常。瞬く間に真治の顔が驚愕で染まり、唇の色が紫へと変わる。

「あ、あああああ有り得ない事だらけだ……。なななな何者なんだ君は……!」
「オレのデータを知る意味はない。これからアンタは、死ぬんだからな」

 雲海はポキッと手首を鳴らし、一切用心せずにゆっくりと――。圧倒的な自信を纏い、十メートルはある彼我の距離を詰めてゆく。

「ひぃぃぃぃっ! やめろっ! 来るなっっ!」
「こういう手荒なのは好きじゃないんだが、オマエは放っておくと何をするかわかんねー。仕事、させてもらうわ」
「そっ、そうはいくかっ! 僕は、セブンナイツのシンなんだ!!

 真治は右手に大剣ラーミー、左手には奪った金剣ラーを装備。奥歯が割れる程に力一杯歯を食い縛り、雲海へと走り出した。

「僕はっ、世界を支配するんだっ! いずれ王になる男なんだっっ! こんなところで死ねるかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
「はー、アホらし。そんなことを言うのは、小学生までにしとけっての」

 雲海は長嘆息をし、身体に光を纏わせる。
 そして、その一秒後――。山奥に、断末魔が響き渡った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

色紙優星 16歳の少年


高知県生まれの主人公。

リリウという神様の聞き間違えで魔王使いになってしまい、おまけに『究極奥義』と呼ばれる力を何個も持ってしまった高校生。優しく他人想いなのだが、彼はとあるセンスが全くないのであった……。

黒真レミア 16歳の少女


魔王、でありながら伝説の勇者の能力を持つ。冷徹でクールな容姿と声音を持つ美少女だが、性格はほわほわでお子ちゃま。『にゅむ』という独特な言葉を多用し、時にはにゅむのみで会話を行おうとする。例「にゅむーむ。にゅむ。にゅむりん」。

なお愛用の武器である聖剣は魔王の天敵であるため、使うと痺れる。

金堂フュル 16歳の少女


伝説の勇者、でありながら伝説の魔法使いの能力を持つ。元気一杯の猫っぽい女の子で、高知県の英雄・坂本竜馬の大ファン。そのせいで『ぜよ』と中途半端に覚えた土佐弁を使い、主人公のことは『師匠』、仲間のことは名前のあとに『先生』とつけて呼ぶ(例えばレミアの場合はレミア先生)。

なかなかにおバカな女の子。

虹橋シズナ 17歳の少女


伝説の魔法使い、でありながら魔王の能力を持つ。大和撫子然とした容姿を持つ美少女であり、主人公の義理の従妹。

重度の怒られ好き。

とにかく変で厄介で面倒くさい人。

茶操ユニ 18歳の少女


伝説のドールマスター、でありながら伝説のプリーストの能力を持つ。キグルミ族という一族の人間で、閉園したテーマパークのキャラクター・二足歩行ウサギの着ぐるみを着ている。口癖は、ミョン。

実はお笑いにうるさく、親戚は某有名人。

プリースト神 年齢不明


茶操ユニが持つプリーストの杖に宿る、プリーストの神様。

実は……。

橙式エイリ 14歳の少女


伝説のモンスターテイマー、でありながら伝説の召喚士の能力を持つ。所謂スケバン然とした容姿と声を持つが、グループ最年少の中学生でみんなの妹的存在。でもレミアやフュルよりずっとまともで、ヤツらの方が妹的存在な気がする。

野菜が大好きで、とても詳しい。

タンザ・クー 年齢不明


橙式エイリの召喚獣で、俳句世界(はいくわーるど)の王女。

タンザが姓で、クーが名。

二万年後に、地球の傍に誕生する世界からやって来た。


色紙育月 16歳の少女


高知県大豊町在住の、優星の従妹。中学卒業と同時に本格的にピーマンの生産を始め、今ではテレビの取材を受けるほどになっている。


薄幸の美少女然とした容姿と、従兄想いの優しい性格が自慢の従妹です! by色紙優星

謎の声 年齢不明


優星にだけ聞こえる、不思議な声。

なぜか正体を明かそうとしない。

リリウ 神様


願いを聞き間違えて、優星を魔王使いにしてしまった神様。

神様の世界で流行しているゲームに夢中で、神様のお仕事はほとんどしない。

とってもダメな、神様(?)な神様。

麗平活美 16歳の少女


ストロベリーブロンドのドリルヘアーが特徴の、優星のクラスメイト。

お嬢様然とした容姿で気品があるように見えるが、非常に活発。実は……。

空霧雲海 16歳の少年


頼れる兄貴系の容姿と性格を持つ優星の同級生であり、悪友であり、重度のオタク。

作中に登場する名曲(迷曲)を作った人。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み