128

エピソード文字数 818文字

 信長の側近には、あたし以外に森蘭丸(もりらんまる)森成利(もりなりとし))とその兄弟が仕え、天正5年から事務官としての役割を果たすようになっていた。

 美形男子の美しき側近に、信長が男色であるとの噂が加速する。信長はあたしとの関係をカモフラージュするために、蘭丸を常に側においた。

 親子、兄弟が殺し合わなければならないこの時代で、あたしは帰蝶のことが気がかりでならなかった。

 秀吉の撒いた悪意に満ちた噂話により、帰蝶と光秀の関係は絶たれてしまった。だが、光秀の暴挙を阻止できるのは、帰蝶しかいない。

 ――1579年(天正7年)
 “五層七重の豪華絢爛な、安土城が完成”し、信長は帰蝶とともに移り住んだ。帰蝶は信長監視のもと自由を奪われ、もはや籠の鳥だった。

 ――1580年(天正8年)
 “本願寺軍と織田軍の和睦が成立し、大阪から退去した。明智光秀は亀山城主となった”。帰蝶と多恵は光秀の出世を心より喜んだが、それを信長の前で口にすることはなかった。

 ――1581年(天正9年)

「京都御馬揃えを行い、正親町天皇(おおぎまちてんのう)も招待し、織田軍の武威を世に知らしめようぞ」

「流石上様でございます。天下布武を標傍する上様が、周辺大名を牽制し誇示するためにはこの上ない妙案かと」

 家臣達は口を揃え信長を祭り上げる。

 京都御馬揃えでは、あたしも織田一門の1人として、馬に乗り信長のあとに続いた。織田信長が“天下掌握(てんかしょうあく)を国内外に知らしめた。”



「上様、天皇からの使者が参り、上様を左大臣に推任したいとのことです」

「紅、それはまことか?」

「はい。どのように返答致しましょうか」

 この頃になると、重要な案件は全てあたしが取り仕切るようになり、あたしは重臣からも一目置かれる存在となった。

 秀吉は自分の意のままにことが運ばず、あたしのことを疎ましく思っていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み