第11話 忠誠の行き先

文字数 690文字

 女王は王子の傍へ駆け寄る。

「王子!」

 返事がなく、王子が死んでいると知った女王は絶叫する。
 歓声がざわめきに変わる。観衆や兵士には何が起きているのか、全く把握できていない。

「お前! 守護署の署員なら王、この国に忠誠を誓ったはずだ! それはわたくしや王子への忠誠でもある。それを破るのは死罪だ! 捕らえよ!」

 だが、誰も女王の命令に従う人間はいなかった。

「どうした? 誰か!」
「そうだ……言い忘れていた。ここに来る前、お前が命令し、シリルに毒を盛った家来を殺した」

 もうすぐ王城の中は大騒ぎとなることだろう。
 女王の家来が全員、死んでいるのだから。

「よくも!」

 女王は立ち上がり、ヘクサに手を振り上げる。
 女王の手が振り下ろされる直前、ヘクサはその手を掴んだ。

「う……ぐ……」

 女王はヘクサから離れようともがくが、ヘクサは離さなかった。
 女王の力が次第になくなり、その場に倒れる寸前、ヘクサは小さな声で呟く。

「私が忠誠を誓ったのは、シリルだけだ」

 ヘクサは手を離す。どさっと女王の重い体が地面に落ちる。
 やっと状況を理解した観衆が悲鳴を上げ、王城から逃げていく。

「手を上げろ!」

 ゆっくり振り返るとヘクサは兵士に囲まれていた。兵士は今にも火縄銃でヘクサを撃とうと構えている。  その中にはあの兵士の二人――ロートとヴァイスもいた。

「ヘクサ……なのか?」

 ヴァイスの声が震えている。答える前にヘクサの顔がひび割れた。
 もう、時間がない。

(行かないと)

 一刻も早く、シリルのもとへ。
 ヘクサは高く飛ぶと、最上階の窓へ飛び移る。木の扉の窓は開け放されており、ヘクサはそこから外へ逃げた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ヘクサ

……大樹から人の姿へ変化した植物の化身

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み