第13話 逃げたらダメだ

エピソード文字数 707文字


宮殿のサロンに集まった紳士方が、当代の、勇敢な軍人についての、品定めをしていた。


まずは、カール大公だろ?



※皇帝の弟

https://serimomoplus.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

シュヴァルツェンベルク将軍を、忘れちゃいけない!



https://serimomoplus.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

[ソンマリバ将軍:イタリア人の将校]


ロシアの将校だが、クトゥーゾフ将軍も、素晴らしかった。惜しいことに、亡くなられてしまったが。



https://serimomoplus.blog.fc2.com/blog-entry-93.html

あなたも、勇敢な将校のお一人なんですよ、ソンマリバ将軍! まさに、3本の指に入るほどの!
(足元から)


僕も勇敢な将軍を知ってるぞ!

げげげ、ナポレオンの息子じゃないか。

いつの間に……。

で、それは誰だい?
僕のお父さんだ!


(言い終わるなり、だっと駆けだす)

待ちたまえ!


(追いかけてくる)


待ちたまえったら、君!

…………。


(振り返る。真っ赤な顔をしている)

(礼儀正しく、敬意をこめて)

君は正しいよ、ムッシュ。

君が父親について言ったことは、全く、正しい!

えっ!?



(この国の人は、みんな、パパのことを嫌いなんじゃないのか?)


(家庭教師の先生たちでさえ、パパのことは、一言も話さない……)

だがね。

逃げたらダメだ。そういう大事なことを言ったら、決して、逃げたらダメなんだ。

だいじな、こと……。

うん。

君はもう、フランスからのお客さんじゃない。

我らがオーストリアの一員なんだ。

頑張りたまえ。

な?

踏ん張って生きていくんだ!!

…………。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

フランツ(フランソワ)


ナポレオンとオーストリア皇女、マリー・ルイーゼの息子。父の没落に伴い、ウィーンのハプスブルク宮廷で育てられる。


無位無官のただの「フランツ君」だったのだが、7歳の時、祖父の皇帝より、「ライヒシュタット公」の称号を授けられる。

ディートリヒシュタイン伯爵


フランツにつけられた、コワモテ家庭教師。家庭教師は他に、フォレスチコリンがいる。

オーストリア皇帝フランツ


フランツの祖父。なお、「フランツ」の名前は、ナポレオンが、この祖父から貰った。

マリー・ルイーゼ


フランツの母。ナポレオンと結婚したご褒美に、ウィーン会議の時、パルマに領土を貰う。

片目の将軍(後パルマ執政官)ナイペルクと、絶賛恋愛中。

ナイペルク


皇帝がマリー・ルイーゼにつけた護衛官。後、パルマ執政官。家庭教師のディートリヒシュタインとは古い友人。

ナポレオン


エルバ島に封じられてから、百日天下を経て、セント・ヘレナ島で亡くなるまでの時代設定です。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色