水底へ

文字数 1,964文字

沈む……沈む……、体が深く水底へと沈んでゆく……。
抗うことも出来たかもしれない。
それでも私は、水の中の自由落下を楽しんでいた。
うん? ……水の中?
あれ……、私はどうして水の中を沈んでいるのだろう。
しかも息苦しいとも思わない。
むしろ深く深く沈んでゆくたびに胸の中が軽くなるようだ。
しっかりしろ!
まだ深層の浅い段階から記憶を混濁させてどうするんだ!
誰?
私のことを知っているの?
ジャジャーン♪
知っているも何も、こういう時のためのサポートとしてボクは存在しているのさ。
クマのぬいぐるみがしゃべった!
ひどいなぁ、ボクがそばに居ないと眠れないくせに。
あんなにも熱い抱擁を交わしながら、ボクのことを忘れるなんて……。
そうなの?
ごめんなさい、頭の中が霞がかったようで、何も思い出せないの。
しかたないさ。
初めてのダイブだしね。
でも、そろそろ深層の危険水域まで到達する。
記憶があろうがなかろうが、キミは深きものに立ち向かわないといけない。
深きものって?
キミを苦しめている怪物のことだよ。
この水域だとまだ末端だろうけど、それでも訓練したとおりの戦い方を思い出さないと勝てないぞ。
訓練……って言われても何も思い出せない。
でも、いいの。
記憶が無くたって頭痛がするわけでも焦燥に駆られるわけでもない。
ただただ自由落下が気持ちいいのだから……。
ああっ、もう!
仕方ないなぁ。
睡眠レベルを下げるとするか。
ワン、ツーの……

ジリリリリリリリリリリッ!!
きゃあああッ!
止めて! 頭が割れるように痛い!
さぁ、思い出すんだ。
自分が成すべきことを。
成さねばならないことを。
罪を。穢れを。人の心を!
うう……そうだ、私は決意のもとにここに居るんだ。
罪からまぬがれるために。
自分自身の穢れと対峙するために……!
そぉら、言っているそばから来なすったぞ!
確かに水底の方から何かが這い上がって来ている。
でもなんだろう。
正体も分からないのに、ひどく懐かしみを覚える……。
こらこら、また記憶をあやふやにしている場合じゃないぞ。
しっかりと敵を見定めるんだ。
それが何であろうと対峙し、キミは勝たなくてはいけない!
敵を……見定める……!
そうだ、立ち向かう強い意志がキミの武器となる!
ああ、見えて来た。
敵が、深きものが……。
その皮膚はただれて崩れているけど、人の姿をしている……。
けれどそれはまごうことなく、私に他ならない!
さぁ、今こそ立ち向かえ!
深きものと。
イドの怪物と……!
私の中に静けさが降り立った。
冷たい感情が研ぎ澄まされ、一振りの短剣として手の内に現出する。
深きもの――ワタシは、人魚のようなしなやかさで水中を駆け上がり、大あごを開いて襲いかかって来た。
私は身を捻って牙をかわすと、その脇腹に短刀を突き立てる。
が、ワタシは何事もなかったように軌道を変えて再び襲いかかって来た。
物理的に倒そうと考えるんじゃない!
キミが訓練で得た殺意のコントロール術を思い出すんだ!
それを聞き、私の中の冷徹な部分が肥大するのを感じた。
もっと、もっと殺意を敵意を研ぎ澄ませるんだ。
私の意志に呼応して、短剣の刀身がぐにゃりと波立った。
ワタシの爪が、紙一重でかわした頬をかすめる。
私はそのままワタシの背中を追うように反転し、刃先を向けた。
すると刀身が蛇のように伸び、ワタシの背中を貫く。
だけどまだ手は止めない。
もがくワタシを伸びた刀身ごと振り回し、水底目がけて投げ落とした。
目を細め、下降してゆくワタシに照準を合わせる。
そして刀身が脆いガラスのようにひび割れた短剣を振り上げると、ワタシの方に振り下ろす。
その無数の金属片は水中を走り、ワタシの体を散り散りに切り裂いたのだった。
Congratulations!
意識が覚めていくのが分かる。
それは明晰夢とはまた違った覚醒だ。
きっと第一段階を終え、本当の目覚めが始まったのだろう。
これで私は……人間らしさを取り戻せる……の?
……。
…………。
未殺人囚No.808!
良くやったな。
これで君の中から殺人衝動の一部が取り除かれたぞ。
そう、私は人格検査で殺人衝動の異常値を叩き出し、施設に収容された。
そこで自分の中の殺人衝動と立ち向かう術を教えられ、その実践を今おこなったのだ。
施設では私以外にも多くの人が収容されている。
皆、殺人者予備軍である。
すべてはその私たちに殺人を起こさせないため。
社会の安寧を保つために……。

初めて自分の深層意識へのダイブを終えた私は、疲れた体を引きづり、自室へと戻った。
収容されているとは言え、人権的に守られているから環境はひどくない。
だから外部から好きなものを持ち込めるけど、私はたったひとつしか手にしなかった。
扉が自動で開くと、自室の隅のベッドの枕元でクマのぬいぐるみが出迎えてくれる。
………… 
ただいま、ホールデン!
To be continued
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

深層意識の水底を目指して潜り続ける主人公
未殺人囚No.808

バディ

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色