第三話 信長様は姫だった

エピソード文字数 2,967文字

 織田信長が実際に採った戦略が正解なはずだ。周囲の大人に理解されなかったなら、なおさらおれに興味をもつのは間違いないだろう。
 現時点で名目上の尾張国トップ――守護(しゅご)斯波(しば)武衛(ぶえい)義統(よしむね)の元で、信長父親の信秀は随一の実力者と目されている。そして信秀の最大の政敵といえば、形式上の上司の織田大和守(やまとのかみ)信友(のぶとも)だ。史実で信秀の代では信友を排除できず、信長も苦労して信友を討っている。

「されば……民を(やす)んじ富ませ、商人の助力を得ます。そして、武力をもって不要な秩序を破壊し、新しき秩序を創り出す。まずは大義名分を得て、織田大和守を除き、守護様を操れば良いかと!」
 どうだ? 正解だろう? 信長くん。

「ワハハ。ワシのことを理解できるようじゃな。名を申せ」
 やっぱり正解だ。良かった。少し肩の荷が降りたぞ。
(それがし)はカズマと申します」
 それらしい言葉(づか)いで返答する。

「気に入ったのじゃ。ワシに付いて来い!」
 美少年信長はにっこりと素敵な笑顔だ。
 うまくいったようだな。第一関門突破といったところか。
 会ったのが考えに柔軟性のある信長でなかったら、こう上手くは進まないだろう。

「はっ! 喜んで」
「名を与える。ヌシはこれから左近と名乗るのじゃ」
 どこから、左近が湧いてくるの?
「へ? 何ゆえ左近と?」思わず訊ねる。
「それはな……左近に右近やら、四天王やらが家来にいれば、強そうで聞こえが良いのじゃ」
 厨二病かよっ!
 年齢が年齢だし、ドヤ顔をしている信長に楯突くのは愚かだな。
 短気で苛烈なエピソードも残っているし。

「ありがたき幸せにございます!」
「爺も心配しているので城に戻るのじゃ。ふむ……左近はそうだな、是非もなし。ワシの後ろに乗るのじゃ」
 馬に乗った経験はないけれど、どうやら身体が覚えているらしい。自分でも驚くほど簡単に騎乗できた。
 いいのか? 仮にも嫡男(ちゃくなん)なんだし、普通は何人もお供が付くよな。
 思っていたら大声が聞こえてくる。

(きつ)さまぁあ、探しましたぞぉお!」
 これまた騎馬少年が駆け寄ってくる。信長の近習(きんじゅう)だろうか?
「おう、カツか! 許せ」
「この池田勝三郎(かつさぶろう)、平手様に叱られてしまいます。して、そちらの御仁(ごじん)は?」
 怪訝そうな視線のガキは、信長の乳兄弟の池田勝三郎(かつさぶろう)恒興(つねおき)だろうか。

「カツ殿。某は左近カズマです。以後お見知りおきを……」
 とりあえず、挨拶はしておこう。
「カツよ。見所があったので、この左近を拾ったのじゃ」
「しかし、平手様になんと……犬猫じゃありませぬよ……」
「それは、カツの縁者(えんじゃ)としてじゃな……」
 信長と恒興が小声で話している。おれの素性の口裏合わせといったところか。
「風の噂でオウミに拙者の従兄(いとこ)の……滝川左近とやら……」
「それでよい。さすがカツなのじゃ」

 作戦タイムが終わって恒興が話し掛けてきた。
「左近殿。拙者は池田勝三郎(かつさぶろう)です。貴殿は、近江国(おうみのくに)(滋賀県)の拙者の従兄――滝川左近将監(さこんのしょうげん)一益(かずます)ということになりました。
 (しか)とお願いします。くれぐれも、(きつ)様のお役に立つように」

 なるほど滝川一益(たきがわかずます)か。一益は素性がよく分からないものの、信長に重用されて織田四天王の一人ともなる重臣中の重臣だ。
 本能寺の夢では信長の役回りを演じて、あっけなく敵に囲まれてしまったが、今度は信長の部下だ。

 いつ夢が覚めるか分からないけれど、とりあえずは大出世コース確定だし、ひとまずは安心はできる。
 しかし一益さん本人がいたら、どうするんだよ? 歴史が変わってしまうだろ。
 だがよく考えたら、おれがこの時代に存在している時点で、既に歴史が変わっている。是非もなしだ。
 
 ここで、恒興の後ろに乗り、那古野城に向かうことになった。
 もちろん、この時代の城に天守閣はない。
 門番を蹴散らすように城内に入るや、少年信長は辺りに響き渡るような声で(わめ)く。心なしかご機嫌の様子。

「爺! 遠駆けから戻ったのじゃ! 左近を拾ってきたぞ」
 初老の武士が駆け寄ってきた。信長の(もり)役の平手政秀(ひらてまさひで)だろう。中年の顔立ちの割に総白髪なのは、ストレスが多いせいだろうか。
 平手爺は眼光鋭く一瞥(いちべつ)をくれるが、予想に反して警戒感は少ない。
 池田恒興はおれを下ろすと、どこかに馬を走らせていった。平手爺に叱られるのを察して逃げやがったな。間違いない。

「それはそれは、よろしゅうございました。しかしながら、吉姫様(きつひめさま)、本日は和歌の修練のはずでしたな!」
「されど、すっきり晴れていて遠駆け日和なのじゃ。ほら……左近だって」
 肩を落とす信長。
 ちょっと待った。今、平手爺は『吉姫』と呼んだよな?

吉姫(きつひめ)様! 明日の和歌の修練は四刻(八時間)いたしますぞ」
「和歌の修練は退屈過ぎるのじゃ」
 平手爺の叱責を何食わぬ顔で受け流して、信長は不機嫌そうに、ぷっと頬を膨らませている。よくよく信長の顔を見れば、卵型の顔の輪郭にすっと通った鼻筋、気の強そうな大きな瞳に長いまつ毛。
 中性的な顔立ちで日焼けはしているものの、充分現代にも通用する美少女といえるだろう。

 なんてことだ。信長が姫だなんて。
 嘘だろ? いや、嘘ではない。確かに信長は自分が男だとは言ってなかった。
 信長が男ではなく美少女な姫だから、信長くんではなく信長ちゃんだな。
 今は小学生相当だけれど、五、六年も経てば、彼女は誰もが息を呑むほどの美人に成長するだろう。

 ――まさか!
 信長ちゃんの将来を想像していたら、バラバラなジグソーパズルのピースがきっちりと収まった気がした。
 本能寺の夢で自害してしまった美少女は、この信長ちゃんの将来なのか?
 おれと信長ちゃんは恋仲になって、数年後に明智光秀に討たれる運命なのか?

 本能寺の変で滅ぼされる運命なんか、冗談じゃない。ひっくり返してやる!
 そう決意を固めたものの、どうすればいいんだよ。おれの知っている歴史と、この戦国時代は確実に異なる。
 カンニングできないおれは、とんでもない不正解をしてしまうかもしれれない。
 どうする? どうなる?

 呆然としていると、平手爺がニヤリとしながら耳打ちをしてきた。
「左近殿。ということで、(あい)()まぬが、姫様のワガママにしばし付き合ってくれぬかのォオ?」
 逃げられないか? 無理だ。爺といっても戦国武将。イエスしか選択の余地はない。ヤクザ並の迫力だから。

 仮に逃げられたとしても不審者扱いだし、美少女信長ちゃんを放って置くわけにはいかない。ここで何とかするしか道はないのか。
「かしこまりました! こ、光栄の限りでございます!」と返答するのがやっとだった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック