ガレリア脱出

文字数 5,266文字

 その色をたとえるなら、何が一番似合うのだろう。
 どこまでもつづく蒼穹のように、あるいは静かな海のように。けれどもフードから滑り落ちる長い髪の毛はそのどれよりも清冽であり、うつくしい色だった。そして、目と目が合う。眼窩に埋め込まれた蒼の色もまた純粋で、青玉石(サファイア)を思わせる。かの宝石には慈愛や高潔などの意味があるそうだが、彼女にはその言葉がぴったりだ。しかし、青の瞳は不安とおそれを隠しきれずに、ふっくらとしたやわらかそうな唇は何かを紡ぎかけて止まる。ブレイヴは瞬きを繰り返していた。夢や幻などではなかった。見間違えるはずもなかった。清麗な佳人はブレイヴを見つめている。麗しの姫君。幼なじみの彼女は、たしかにそこにいる。
「レオナ……、どうして……?」
 彼女の名を呼んでしまったのは余裕がなかったからだ。王女の傍付きは片言(へんげん)をきき逃さずに、目顔でブレイヴを戒める。しかし、ブレイヴの視線は幼なじみから離れない。
「兄上が、あなたのところに行くようにって、それで……」
 皆まで言わないのは傍付きに止められているせいなのか、それとも彼女自身がまだこの状況を受け入れていないためか。
「陛下が、でも、それは……」
 これは王命ではない。王女の騎士は最初にブレイヴにそう伝えた。それでも、ブレイヴは信じられないものを見る目をする。頭で理解をしようとしても心が追いつかない。
「わからないの。ギルにいさまは、それだけしか言ってくださらなかった。だから、わたし……」
 幼なじみを落ち着かせるための言葉を作らなければならないのに、ブレイヴの唇は上手く動かない。どうして彼女がこんなところにいなければならないのだろう。ここはイレスダートの北の城塞で敵国ルドラスにほど近く、幼なじみは白の王宮というもっとも安全な場所にいるべきひとだ。ブレイヴは呼吸を深くする。思考をそこで止めなくてはならない。レオナは王家の末子で、イレスダートを守護する竜の末裔であったとしても、その身に特別な力を宿しているただひとりだったとしても、そんなものは関係がないのだ。
 アナクレオンが王になる前のことを、ブレイヴはよく知っている。彼は生まれながらに王であり、しかし王としての顔よりも王子としての顔よりも、兄としての顔をしていたことを覚えている。レオナに許された場所は限られていて、白の王宮からややはずれた別塔と庭園だけだった。妹のために時間を作っていたアナクレオンの表情はやさしく、公爵家の子であるブレイヴやディアスに対してもそれはおなじだった。彼は母の異なる妹でも大事にする人で、彼女のちいさな我が儘にだって叱ったりはしなかった。レオナの守り役だった老騎士や侍女たちには、それは仲の良い兄妹に見えただろう。その関係はいまもつづいていて、だからこそ彼女を王都から引き離すというのなら、それなりの理由と覚悟があるはずだ。そうでなければ納得がいかない。
「公子。この件は、くれぐれも内密にお願いします。それから、我々はすぐにここを発たねばなりません」
 ブレイヴを現実に戻したのは、王女の傍付きの声だ。
「それは、無理です。今日は風が強く雨もまだ止みませんし、私はランドルフ卿に監視されています」
「このままガレリアに留まれと?」
 語毛を強める傍付きにブレイヴは声を止める。
「危険なのはルドラスに限りません。王女に接触する者がいないと、断言できますか?」
 そうだ。ここは、城塞都市ガレリアである。国境のすぐ近くにルドラスの兵が集まっていれば、ここには多くのイレスダートの騎士がいる。それに、王都からの使者にランドルフは気づくだろう。それらすべてを王女(レオナ)に近づけてはならない。無思慮であるのはここまでだ。 
「わかりました。けれど、すこしだけ時間をください。明るい時間の方がかえって危険だ。せめて、風が収まるまでは」
「まるで夜逃げのようですね。……いいでしょう。こちらとしても、目立つことは望みません」
 王女の傍付きは無遠慮に嘆息した。

 








 ガレリア山脈から吹きおろす風はとても冷たくて、ほんのすこしの時間でも身体はすっかり冷えてしまった。
 暖炉では赤が見える。朝晩はもとより、こうした風の強い日には日中の気温もさしてあがらないので、ガレリアに春の訪れは遠いようだ。
「どうぞ。熱いので気をつけてくださいね」
 レオナはカップを受け取る。ガレリアの香茶だろうか。ほんのりと甘い香りがする。
「ちょっとだけ蜂蜜を落としました。きっと、疲れも取れますよ」
 赤髪の青年は屈託のない笑みを見せる。ちゃんと騎士の挙止(きょし)をするのに、表情も物言いも少年みたいだ。
「俺、こういうの得意なんです。いつもちびが風邪をひいたときに、作っていたから」
「ちび、って?」
「妹です。もうずっと会っていないんですけどね」
 咳払いがしたのはレオナの隣からだ。傍付きは余計な声をするなと警告しているようだが、騎士はきっとわかっていないのだろう。レオナの傍付きにもおなじように香茶を差し出した。
「あの、ブレイヴは……?」
 騎士はちょっと驚いたあとに、にこっと笑った。
「公子はすぐに来ますよ。ジークを捜してるんだと思います」
 ブレイヴが従者を呼んだとき、一番近くにいたのが騎士だった。頼りにしている騎士の一人ようで、幼なじみは赤髪の騎士を残して行ってしまった。
「心配いりません。ここには誰も入れるなって、言ってありますから」
「ありがとう。あの、あなたの名前は?」
「レナードです。ああ、そうだ。よかったら、これもどうぞ」
 赤髪の騎士の騎士は上着のポケットを探る。不織布で包まれていたのはビスケットと胡桃だった。
「まあ。うれしい。お腹が空いていたの」
「よかった。大台所で分けてもらったんです。すこしだけですけどね。また何かあったら呼んでください。すぐ近くにいますから」
 騎士の背中が扉の向こうに消えると、レオナはビスケットと胡桃を傍付きと分け合って食べた。バターをたっぷり使ったビスケットのなかにはナッツも入っていて、とても美味しかった。それなのに、レオナの傍付きの顔は固いままだ。
「ご安心ください。彼は、信用できそうです」
 信頼と言わないあたりが傍付きらしいと、レオナは思った。
「彼、やさしいひとね。それに、わたしはだいじょうぶだから」
 ちゃんと笑えていただろうか。きっと、レオナの強がりなんて傍付きにはお見通しだ。
 
 








「本当によろしいのですか?」
 麾下の騎士の声にブレイヴはすこし間を空けた。思い当たることが多すぎて、何からこたえるべきかを迷ったからだ。物言いたげな表情に先に負けたのブレイヴだった。
「おまえらしくもないな。なにがそこまで気鬱にさせる?」
 わかっていて、あえて問う。騎士は相好(そうごう)を崩さなかったが、それでもほんのすこし非難する色を宿していた。
 ガレリアを出て、ムスタール公国へと向かうのはジークとレナードを含めた数名の騎士だけだ。残りはアストレアへと帰還させる。ジークはその数では心許ないと言っているのだ。
 しかし、ガレリアまでの道中は騎士と王女の二人だけだったはず、ここまでたどり着くのに危険はなかったのだろうかと、ブレイヴも思う。王都マイアやムスタール公国など大きな都市ならば治安は整っているものの、街道をはずれた街や村には野盗が出る。彼女たちの容貌はあきらかに貴人のそれだ。だとしたら、巡礼者を装っていたのかもしれない。略奪や蹂躙を繰り返す野盗たちも聖職者には安易に手を出さない。神の申し子を殺してしまえば、己が寿命を迎えたときにその魂はあるべきところへとゆかず、異界を永遠に彷徨うのだと信じ込んでいる者もいるからだ。
「いえ……。しかし、急な話です。我々を信頼しているか、そうでないのか」
「両方、かもしれないな。たしかにここは危険だ」
 それに、王女の傍付きは悪戯に目立つことは避けたいと、ブレイヴに伝えた。たしかにそうだろう。人数を増やせば危険は減っても、それだけ物々しくもなる。
「そうですね……。それに、皆は早くアストレアに帰りたがっています」
 ブレイヴは微笑する。正直に告げたジークもだが、騎士たちのことも咎めようとは思わない。ガレリアでの時間はたしかに長く感じたし、となればアストレアに早く兵力を戻したいのだ。イレスダートの公国のひとつとはいえ、アストレアは小国だ。イレスダートとルドラスとの戦争が本格化すれば兵力はそこへと取られる。それがイレスダートのためといえばきこえは良くても、そうではない。ガレリアから南へとルドラスの進軍を許してしまったそのときに、マイアはどれだけアストレアを守ってくれるか。ブレイヴはかぶりを振る。いま、そんなことを考えても仕方がない。ただ、アストレアの民を早く安心させてやりたいとは思う。
「ですが、やはりランドルフ卿にはお伝えするべきでは?」
 ブレイヴはため息を落とす。ジークの忠告は二回目だが、ブレイヴは目顔でそれを諫める。厩舎から回廊へと移動して、人の姿は少なくなったものの、誰もいないわけではない。
「上官殿の気が変わらないとも言えない。幽閉されるか、最悪なのは王都の使者を待たずに殺されることだな」
「公子」
「お前の案じていることはもっともだと思う。けれど、動けなくなってからでは遅い。それに、俺は彼女が心配だ」
 ブレイヴはもうすこし声を潜めた。それだけ、自身は疑われているというわけだ。イレスダートの聖騎士がルドラスの銀の騎士と密命を交わした。裏切り行為に値するのは当然で、その上ブレイヴの元には要人が二人もいる。ジークは賢い男だ。本当はわかっているはずで、だとしてもより可能性の低く、より危険のない方を示唆する。うしろから少年の声がしたのは、そのときだった。
 顔に面皰(にきび)の跡を残した少年はブレイヴを呼び止めて、おそるおそる言葉を繋げる。
「あの、聖騎士さまは、アストレアに帰るのでしょう?」
 気色(けしき)ばむジークをブレイヴは制する。きかれていたのだろうか。いや、すでに情報が漏れはじめている。アストレアの騎士たちに馬や糧食の準備を急がせたのはブレイヴだ。
「ほんとう、なんですね。あの、きこえたわけではなくて、弟が王都の使者さまを、見たって言うから……」
 いかにも拙い口吻(こうふん)は少年が考えながら物を言っているからだ。普段の言葉使いでいい。ブレイヴはそういう目顔をする。
「おれ……おれたち、これからどうしたらいいのか、わからなくて。あいつ……いえ、あのひと、ランドルフさまは、」
「心配しなくてもいい」
 それ以上を言わせてはならない。少年兵は自分が吐いてしまった声をひどく後悔したように項垂れる。叱責だけで済むならいいが、事が事だ。少年兵の顔には面皰の跡だけではなく他にも痣が見える。総指揮官には何度も折檻をされてきたから、怯えるのは当然だろう。
「私の代わりに、ランツェスのホルスト公子が来てくれる」
 少年を安心させるための嘘ではない。王女の傍付きがブレイヴにそれを伝えて、そのままを口に出しているだけだ。ホルスト公子はもう一人の幼なじみ――ディアスの兄だ。王命はまもなくマイアより届けられる。
「たしかに、急いだ方がよさそうですね」
 少年の姿が見えなくなったあとに、ジークはつぶやいた。ブレイヴは微笑する。ここは、危険だ。敵だけではなく、味方がいつ敵となるかもしれない。そんな場所だ。
 その夜、ガレリアの大台所では使用人たちが忙しくしていた。
 上質な葡萄酒と羊肉が手に入ったらしく、ランドルフは麾下の騎士たちを集めて宴をはじめたという。葡萄酒は赤と白の二種類で、アストレアとそこからさらに南のオリシスから取り寄せたものだ。ブレイヴの麾下、ジークが密かに大台所へと届けたのだが、上官は知る由もないのだろう。この宴は朝までつづく。
 ブレイヴは馬車へ乗り込む幼なじみの手を取る。不安そうに見つめるその瞳に、ブレイヴは微笑んで見せた。
「大丈夫だよ、レオナ」
 幼なじみはうなずく。彼女の手は震えていて、けれども寒さのせいだけではないと、ブレイヴは思った。
「あなたがそばにいてくれるなら……。わたし、こわくなんてないわ」
 そうだ。ブレイヴは何があっても、どんなときでもレオナを守る。
 ジークとレナードが先導する。王女を乗せた馬車がそれにつづいて、ブレイヴは後方を行く。馬車はすこしずつ城塞都市から遠ざかる。王女が来るはずのなかった場所から、ゆっくりと。
 その日を境に、アストレアの蒼天騎士団とともに聖騎士の姿はガレリアより消えた。白の王宮にて、王女の姿が見えなくなったという報が届けられるのは、これよりもうすこしあとのことである。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ブレイヴ・ロイ・アストレア


主人公。アストレアの公子。聖騎士。21歳。

レオナ・エル・マイア


ヒロイン。イレスダートの王女。ブレイヴの幼なじみ。19歳。

ディアス・ブラッド・ランツェス


ランツェスの公子。ブレイヴの幼なじみ。22歳。

アナクレオン・ギル・マイア


イレスダートの王。レオナの異母兄。29歳。


ジーク


アストレアの騎士。ブレイヴの側近。

ヘルムート


ムスタールの公爵。

ノエル


アストレアの弓騎士。

クライド


ユングナハルの剣士。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み