第31話東都物産社長と東都銀行頭取 そして陽平   日本橋料亭②

文字数 1,056文字

陽平は照れ臭そうに笑い、真鈴との電話を終えた。
「今夜のお品書きを持って来てと」

物産社長佐々木健治が苦笑い。
「真鈴は食べることも好き」
「料理を作ることも好きだ」

銀行頭取根岸久雄が陽平の目を覗き込んだ。
「挙式も近いですかな?」

陽平は、ため息をつき、そして笑った。
「健治さんも知っての通り」
「彼女というより、子供の頃からお姉様感覚です」

銀行頭取根岸久雄は、陽平のグラスに冷酒を注いだ。
「陽平君は、将来の東都グループのトップになる人」
「真鈴様と結ばれるのが、グループ全体の望みです」

物産社長佐々木健治は頭取根岸久雄のグラスに冷酒を注ぐ。
「陽平君も、真鈴も、それは十分承知だよ」
「もう、これは宿命だと、悟っている」

陽平は苦笑した。
「まだ就職直後です」
「当人たちといたしましては、あまり焦らせないで欲しいです」
「仲良く一緒に育って来たことは、事実ですが」

銀行頭取根岸久雄は、陽平を冷やかした。
「世話女房タイプですかな、真鈴様は」

物産社長佐々木健治は、認めた。
「確かに真鈴は、陽平君の食べるものから着るものまで、すべて世話を焼く」
「特に同じ家に住むようになったから、陽平君も大変だ」
「真鈴は、あれで気が強いから」

陽平は、迫る二人を手で抑え、笑った
「私たちの話題はやめましょう」
「素直に降参しますので」

銀行頭取根岸久雄は、真面目な顔に戻った。
「とにかく陽平君と真鈴さんの健康と安全だけは守らないと」
「身辺警護も、抜かりなく願います」

物産社長佐々木健治は深く頷いた。
「階級闘争史観にまだ魅力を感じる輩も多い」
「なんでもかんでも、政府が悪い、大企業が悪い」
「上流階級が悪い、上司が悪い、親が悪い」
「そんなことばかり言って、自ら努力をしない、向上心を持たない」
「権利は主張するが、義務は果たさない」
「やることは、他人の邪魔ばかり」
「批判、反対には熱心だが、対案は何も無い」
「ミルクを欲しがって泣きわめく赤子と同じ」
「赤子なら許せるが、いい大人になっても、成長がない」

銀行頭取根岸久雄が、熱弁になりはじめた物産社長佐々木健治を、抑えた。
「国会にも、そんな輩が多いですな」
「批判と反対の専門党」

陽平は慎重に口を挟む。
「じいさまは、適当にエサをやって飼えばいいと」
「吠えるだけ吠えさせて疲れさせたところで、エサをやれと」
「ガス抜き専門業者と思えばいい、それに金を払うだけだと」
「それで丸くおさまる」
「日本の有権者は馬鹿ではない、しっかり本質を見ているとも」

料亭の女将が入って来た。
「総理がお見えになりました」

陽平は、面倒そうな顔をしている。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み