第十一章 『羅羅』と『合』の邂逅

エピソード文字数 1,387文字

 暎蓮も、どうにか、『巫覡』の一端として、勇気を出したらしい。
「ごきげんよう、『合』様。……あなた様にお会いしたいというお方をお連れしてきています。どうぞこちらへ」
「……その占天省のお衣装と、御髪(おぐし)!あなた様はもしや」
 もと『巫覡』の『合』が、暎蓮の髪の結い方に覚えがあるように、驚きの声を上げる。暎蓮は、それを制するように、言った。
「ええ、まあ。ですが、今はわたくしのことより、あなた様のことです。お部屋から出られないのであれば、せめてもう少し窓際においでください」
「恐れながら、おうかがいしますが、……私に誰が会いたいというのです?なぜ、こんな形で?」
「事情は、すぐにわかります。……でも、その前に。……こちらからも、お訊きしたいことが、あります」
「私に?……なんでしょう」
「……なぜ、三十年前に、『瀬 羅羅』様を、裏切り、他の女性のもとへ走ったのか、です」
 『合』は、顔をしかめた。
「なぜ、そんなことを?」
「調査上の機密事項です。お答えください」
 暎蓮は、畳み掛けた。その彼女の言葉に、『合』は、苦い顔で、仕方なさそうに、言った。
「……男というものは、一人ではいられないものなのです。特に、私は『巫覡』だったとはいえ、若かった。……一人でいるのは、耐えられなかったのです」
「この国に残されていた、羅羅様のお気持ちは、お考えにならなかったのですか」
「別の国で暮らすことに懸命になっていた私には、そこまで考えが及びませんでした。すがるものが必要だったのです。それが、新しい妻でした」
 暎蓮は、顔から表情を消して、言った。
「御事情は、それだけですか」
「それが、事実です」
 暎蓮には、羅羅が怒る気持ちを想像することができた。もし、自分が同じ目に遭ったら。しかも、相手の言い分がこれでは……。
「なるほど。……これは……。……擁護の余地は、ないようですね。……では、『合』様。あなた様にお会いしていただきたいお方と、ご面会を。……彪様。お願いします」
「うん」
 彪が目を閉じ、もう一度羅羅を呼び出す。今度は、慣れたせいか、気配がすぐにつかめ、魂を捉えられた。
「……いくよ」
「お願いします」
 彪が息を吸い込み、吐き出す。
 ……中空に、先ほどの瀬 羅羅の顔が浮かび上がる。
 『合』の顔つきが変わった。
「…………やはり、お前か、羅羅!」
『『合』!ようやっとお前に会えたね!』
 羅羅が、怒りのあまり、青ざめた顔で叫んだ。霊体のはずなのに、その額に青筋が浮かんでいる。
「先ほどなにかを感じた気がしたんだ!あれはやはり、お前の『気』だったのか」
『へえ?あれに気付いていたのかい。……ならば話は早い!』
「!」
 彪が持っていた、羅羅の髪の入った壺がいきなり派手に割れ、壺の破片が下に散らばった。その場に一気に、濃度の濃い『邪気』が広がる。彪は、仰天して、とっさに暎蓮と自分を囲う形で、『結界術』を張って壁を作った。
 壺の破片の中から羅羅の白く色あせた長い髪が流れ出、その髪はまるで蛇のようにうねった。 それが、次の瞬間には、鋭いとげのようになって飛び、『合』に向かう。
 羅羅の霊体が窓から部屋に飛び込み、その、『合』の妻を殺すために切ったという、短かい髪も、長く伸び、まるで網のごとく姿を変えて『合』を捕えようとした。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

白点 彪(はくてん ひゅう)

十三歳。『玉雲国』の『宮廷巫覡』で、強力な『術』を使える『術者』でもある。

この国の『斎姫』で初恋の相手、十一も年の違う憧れの『お姫様』である暎蓮を護るのに必死。

温和な性格。

甦 暎蓮(そ えいれん)

二十四歳。しかし、『斎姫』としての不老の力で、まだ少女にしか見えない。『玉雲国』の王である扇賢の妃。『傾国の斎姫』と言われるほどの美女。世間知らず。

彪が大のお気に入りで、いつも一緒にいたがる。しかし、夫の扇賢に一途な愛を注いでいる。

使う武器は、『破邪の懐剣』と『破邪の弩』。

桐 扇賢(とう せんけん)

十七歳。暎蓮の夫にして、『玉雲国』の王。『天帝の御使い』、『五彩の虎』の性を持つ。単純な性格ではあるが、武術や芸術を愛する繊細な面も。

生涯の女性は暎蓮一人と決めている。

彪とはいい兄弟づきあいをしている。愛刀は、『丹水(たんすい)』。

関 王音(せき おういん)

二十代後半。扇賢のもと・武術の師で、宮廷武術指南役。美しく、扇情的だが、『天地界』中にその名と顔が知れ渡っているほどの腕の『武術家』。

暎蓮にとっては、優しい姉のような存在。彪や扇賢にとっては、やや恐れられている?

愛刀は『散華(さんげ)』。

ウルブズ・トリッシュ・ナイト

二十代後半(王音より少し年下?)。扇賢のしもべで、『玉雲国』ただ一人の『騎士』を自称する、人間界の西方が出自の金髪美男。暎蓮に懸想しており、彪や扇賢とは好敵手関係?戦うときは銀の甲冑と大剣を持つ。マイペースな性格。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック