34

エピソード文字数 558文字

【信長side】

 “1546年(天文15年)
 古渡城にて元服し(13歳)、上総介信長と称する。

 1548年(天文17年)
 父信秀と敵対していた美濃国の斎藤道三との和睦が成立した。”

 ◇

 夜分、馬を走らせたくなり家臣とともに城を抜け出し山中を走る。

 月に照らされた白い山肌はとても美しく、寒さも忘れるくらい心地よい。

 馬を走らせるていると、前方の草むらが揺れた。

 我が身を狙うくせ者か、はたまた獣か。

 手綱を引き、馬の走りを止め腰に差した刀に手をかける。

 ガサガサと枯れ葉が揺れ、暗闇に人影が浮かぶ。月に照られたその横顔は、見たこともない風貌の異人。

「名は何と申す?」

 異人は家臣を見据えたまま、首を左右に振る。

 長き髪は茶色。その髪を馬の尻尾の如くひとつに束ね、黒目がちな大きな目を見開き、白い肌に黒き唇。

 一見怯えた風でもあるが、その眼光は鋭く光り、唇を一文字に結んでいる。

 黒い服の背中には、色鮮やかな赤い牡丹の花に戯れる黒い蝶と紫色の蝶が刺繍され、赤い文字で黒紅連合と書かれていた。

 何処の国から流れ着いた異人なのだろうか?

 黒い(べに)をさす者など、この戦国の世で初めて目にする。

「信長様、この者を捕らえますか?」

「好きにしろ」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み