第4話

文字数 236文字

今夜はとても
眠れない
お前の身体
思い出して
他の事には
構っちゃいねえ
俺はただお前と ヤりたいだけ

もっと見せておくれ。
君が嫌いなとこだって、僕は好きなんだ。
素っ裸になって。
君の白い身体が、紅くなって、白くなって、透けて見えなくなるまで。
もっと温もっておくれ。
君はいつも、ひんやりつべたいから。
布団被って、暑くなって、布団はがして、寒くなって、また布団被って眠るまで。
ひとつになろう。
そのまま動かないで、ひねもす、夜毎。

それが叶った時、きっと僕のこの恋は終わるから。

恋をしようよ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み