第28話 ミルキーウエイ③

文字数 1,929文字

 涼音(すずね)秀一(しゅういち)の視線に気づいたのか、目だけでこちらを見た。
 だがそれも一瞬。
 すぐに視線を逸らした。

「先に行ってるね」

 (かす)れた声で小さく言うと、涼音はふらふらとクラブハウスの裏口から出て行った。

 つい、たじろいでしまった。
 秀一は涼音に声をかけそびれた。



「……涼音、どうかしたの?」

 秀一が夏穂(かほ)にきいたのは、涼音が出て行ってから。

「カバンの中に変なものが入っていたせいかな?」夏穂の声は相変わらず明るい。「多分、コータがちょっとふざけたんだよ」とクスリと笑う。

「コータが?」

 秀一は今朝、このクラブハウスの中で、コータが女子更衣室から出て来たのを思い出した。

「コータが、なにをしたの!」

 涼音があんなにもショックを受けるような事をコータがしてしまったのかと、つい口調が強くなった。

 夏穂が面食らったような顔をする。
 (かたわら)にいる(りん)も不思議そうに秀一を見上げる。

「本当に大したことないんだよ……ホラ、涼音って『繊細さん』じゃない……気にしなくっていい事まで悩んじゃうんだよ……コータに悪気はないと思うし……」と夏穂の言葉は、しりつぼみになった。

「涼音のところに行ってくる」

 秀一は凛の手を放して、涼音が出て行った裏口へと向かった。
 夏穂に気にするなと言われても、あんな状態の涼音を一人には出来ない。

 秀一が裏口のドアノブに手を伸ばした瞬間、向こう側からドアが開いた。
 
 岩田が立っていた。

「やべっ!」

 岩田の姿を見るとすぐ、凛は正面入り口から外に逃げた。

「坊ちゃん、こちらでしたか」

 岩田は中に入り、一緒にやって来た男を秀一に紹介した。

「こちら、新しい町長の冴島(さえじま)さんです」

 いやいやそれどころじゃないんだよと、秀一は焦る。
 焦るが岩田をなおざりには出来ない。

 秀一の気持ちを察したか、夏穂が耳打ちしてきた。

「私が、涼音といる」

 夏穂はそう言うと急ぎ足で、岩田と町長の脇をすり抜けて、裏口から出て行った。
 


 みずほ町の町長、冴島は秀一の瞳を無遠慮に覗き込んできた。

「へーっ、青と灰色が混じっている。真理子さんの左目と同じ色なんだ」

 冴島の頭髪や身体から発するコロンが鼻についた。

「この角度から見ると緑色にも見えるんだな」

 冴島は不自然なほどに焼けた褐色の肌をしている。白のポロシャツに白の短パン姿。靴下もシューズも真っ白だった。

「『西手』の坊ちゃんも、死んだ人が見えたりするのかな?」

 からかうように冴島がきいてくる。
 いいえと秀一が答える前に、岩田が怒鳴った。

「町長! 午前の部が終わるので、挨拶をお願いします!」

 はいはいと、冴島は苦笑い。

「坊ちゃん、後でゆっくり話そうね」と秀一に笑いかけ、冴島はクラブハウスの正面入り口から出て行った。

「あんな男がこの町の町長とは、嘆かわしい!」

 冴島が出ていくと、岩田が毒づいた。

「テニス上手そうだね。すごい練習していそう(格好もウインブルドンだし)」

「みかけだけですよ。毎週、日焼けサロンとやらに通っているそうです。(ひで)さんの(せがれ)が立候補していれば、あの男が町長になることもなかったでしょうに」

 秀さんとは、秀一の名付け親、水谷秀臣(みずたにひでおみ)のことだ。
 凛と夏穂の祖父でもある。
 みずほ町は代々、水谷家の人間が町長を任されてきた。それはみずほ町が瑞穂村だった頃からの習わしだった。
 
「私が生きてる間によそ者が町長になる日が来るとは、思いませんでした」

「……兄さんも冴島さんが町長になるのを反対していたの?」

「そうでもありません。一輝さんは町長が世襲というのはおかしいと、ずっとおっしゃっていました。秀さんの倅が立候補しないと言い出した時、冴島を推薦したのは一輝さんです」

 ただと、岩田は言い足した。

「去年、一輝さんが亡くなる直前に話して下さいましたが、あの男はいかがわしい仕事をしていたようです」

「いかがわしいって、なに?」

 岩田は低くしゃがれた声を、ひそめた。

「風俗店を経営していたそうです」

「ふうぞくてんって、なに?」

 岩田は黙った。
 じっと秀一を見ていたが、静かに言った。

「……坊ちゃんは、知らなくてもいい事です」

 座って話しましょうと、岩田は公民館へ続く裏口へ歩き出した。

 秀一は思い出した。
 そうだ自分もwi-fiが使える公民館に用があったのだ。

 早く正語(しょうご)にメールを送り、午後に東京に戻れなくなったことを伝えなければならない。
 自首しようとしている由美子のことも相談したい。

 それに、涼音のことも気になった。
 公民館の集会室に夏穂といるのだろうが、正語に連絡して岩田との話が終わったら自分も様子を見に行こう。

 秀一は岩田の後に続いてクラブハウスを出た。
 そして、みずほ町の公民館『みずほふれあいセンター』へと入っていった。
 


 






 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

鷲宮秀一、主人公の高校生

九我正語(くがしょうご)、秀一の従兄弟、警察官

九我正思(くがしょうじ)正語の父親。人の恋愛感情を瞬時に見抜く特殊能力を持つ。

九我光子、正語の母親。秀一の伯母。

雅、介護士。雅は熟女スナックにいた時の源氏名。本名は不明

夏穂、秀一の幼馴染。秀一に片思い。

涼音(すずね)、秀一の幼馴染

武尊(たける)、秀一の幼馴染

賢人、秀一の甥っ子

真理子、みずほ中学の教師

コータ、真理子の弟、秀一の幼馴染

野々花、パンケーキ店の女主人

岩田、秀一のテニスの師匠

鷲宮一輝(故人)秀一の兄

鷲宮輝子(故人)秀一の母親。正語の母親、九我光子の妹

水谷凛、夏穂の従姉妹

鷲宮智和、秀一と一輝の父親

鷲宮高太郎、智和の兄

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み