覚悟と恋の自覚 ⑤

文字数 2,327文字

 ――もうどれくらいの間、悶々としていたのだろう?
 窓の外が(あかね)色に染まり始めた頃、ベッドの上に座り込んでいたわたしは、まだ着替えていなかった制服のポケットでスマホが振動していることに気がついた。

 そういえば、マナーモードを解除することすら忘れていたのだということを、改めて思い出した。

 画面を確かめると、「桐島さん」との表示が出ていたので、わたしは迷わず応答ボタンをタップした。

「――はい、絢乃です」

『絢乃さん、桐島です。メッセージ、読ませて頂きました。「連絡してほしい」とあったので、お電話を』

「……えっ? 桐島さん、お仕事は――」

『もう就業時間は終わってます。今は車の中で、これから帰宅するところです』

 ハッとして腕時計で時刻を確かめると、夕方五時を過ぎていた。

「そっか……。もうこんな時間だったのね。全然気がつかなかったわ」

 いくらショックが大きすぎるあまり、思考が止まっていたとはいえ、時間の経過にまで気がつかなかったなんて……。わたしは自分でも信じられなかった。

『実は僕も、メッセージにはもっと早く気がついてたんです。本当はすぐにでも、それこそ仕事も放りだして連絡したかったんですけど』

「それはダメでしょう? お仕事はちゃんとしなきゃ」

『ですよね。そうおっしゃると思ってました』

 わたしがたしなめると、彼からそんな返事が返ってきた。こんなに緊迫した状況だったはずなのに、彼の言葉でわたしの気持ちは思わず和んだ。

『――そんなことより、絢乃さんのお父さまのことですよ。末期ガン……なんですって? それはショックだったでしょうね』

「うん……。ママからの電話で聞いた時、わたし、目の前が真っ暗になったわ」

 この時は、わたしは泣かなかった。でも、声は沈んでいたらしく、彼は電話越しにうんうんと相槌を打ち、「お気持ち、お察しします」と言ってくれた。

『泣かれたのは、ショックだったからですか?』

「それもあるけど……、パパの苦痛を思うと苦しくなって。あと、自分がその苦しみを代わってあげられないことがもどかしくて」

 普通は逆だと思う。子供が大病を患った時に、親が「この子の病気を自分が代わってあげられたら……」と心を痛めて泣くものだ。
 でも、そうしたいと思う権利は、子供の側にもあるのではないだろうか。――わたしはそう思ったのだ。

『うん、なるほど。お父さまのことを思って泣かれるなんて、絢乃さんは優しいですね。そんなお嬢さんに恵まれて、会長は幸せな方だと思います』

「……えっ? そうかしら」

『はい。多分、口ではおっしゃらないでしょうけど、心の中ではいつも感謝されてると思いますよ』

「そう……」

 父の愛情表現は、時々分かりづらかった。元々が照れ屋な性格だったから、というのもあったのかもしれない。だから、父がもし本当にそう思っていたとしても、彼のこの言葉がなければわたしは気づけなかったと、今は思う。

『――それで、お父さまは今、どうなさってるんですか? 今後の治療方針とかは聞かれました?』

「ううん、それはこれから聞くけど。一応、今日は家に帰ってきてるから、すぐに入院ってことにはならなかったんだと思う。先生はパパのお友達みたいだから、パパの意思を尊重したかったんじゃないかしら」

 死期が迫っているのなら、医師は最期(さいご)の瞬間まで患者の好きなように過ごさせてあげたいと思うものなのかもしれない。

『そうですか……。でも、「あと三ヶ月しかない」と悲観するよりも、「あと三ヶ月は一緒にいられる」って前向きに考えた方が、絢乃さんも気持ちが楽になるんじゃないですか? 三ヶ月もあれば、お父さまにして差し上げられることもまだまだたくさんありますし。最期には()いも残さずに、見送って差し上げられるじゃないですか』

「……うん。そうね。わたしも、パパには悔いを残してほしくないもの」

 わたしがそう答えると、彼も「そうでしょう?」と同意してくれた。

『僕が絢乃さんにして差し上げられることなんて、こうしてお話を聞くことくらいですけど。それでもよければ、またいつでも連絡して下さい。それで、絢乃さんのお気持ちが楽になるんでしたら』

「ええ。ありがとう、桐島さん。――それじゃ、また何かあったら連絡するわ。じゃあ、失礼します」

『はい。じゃあまた』

 彼は律儀(りちぎ)にちゃんと一言答えて、電話を切った。

 彼と電話で話したことで、わたしの心はだいぶ落ち着いた。

 彼の口調は穏やかで優しくて、温かくて。まるでお日様のような包容力がある。この後も、今だって、わたしは彼のこの温かさにどれだけ救われてきたか分からない。

 彼の言葉をもっと聞いていたい。彼の笑顔が見たい。――わたしはこの日から、どれだけそう思ったことだろう。

 わたしは読書が好きで、恋愛小説もよく読んでいたから、この時にピンときた。「これが恋なんだ」と。……まだ、()っすらではあったけれど。

 そして、その時のわたしの心には、彼の言葉がジーンと響いていた。
「あと三ヶ月」と悲観するよりも、「あと三ヶ月は父と一緒に過ごせる」と前向きに考えた方が気が楽になる。――なるほど、確かにその通りだと。

 この事実を知って、一番ショックを受けていたのはわたしではなく、父と母だったのだ。でも、すぐに事態が急変するというわけではなく、三ヶ月という猶予(ゆうよ)があった。
 だったら、その三ヶ月という猶予をどう使えばいいか。ただただ悲しみに暮れて泣き暮らすのか、父が悔いを残さないために有効に使うのか。それを、彼はわたしに教えてくれたのだと思う。

 わたしは今でも、彼に感謝している。この言葉のおかげで、わたしも母も、悔いを残すことなく父を天国へと見送ることができたのだから――。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み