第3話 自然

文字数 317文字

 この国は二回も『自然』という言葉を海外から輸入してきました。一度は仏教的な無為自然。もう一度はネイチャーとしての自然。ところが、前近代の日本人が自然から離れた暮らしをしていたということはなくて、リアリズムが発展していく先に、西洋画家たちが自然を愛でる日本人の視線を参考にしたことは有名なことです。
 では、これが何を示すのか。
 自然は前提、背景化しやく、人々の意識から外に出てしまいやすいということです。自然は何度も何度も、繰り返し発見し続けて行かなくてはならない概念なのです。
 故に、私は『もののけ姫』を見て、ダイナミックな緑の美しさに気づく、といった回路を否定しません。
(ということで、今期は『葬送のフリーレン』に注目しています)
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み