162

エピソード文字数 1,209文字

「信也はこれが夢だと思ってんの?まだ混乱してるんだね。あたしも混乱してるんだ。あれは……一体何だったんだろうって。元気になったら、あたしの話も聞いて欲しい」

「紗紅も混乱しているのか」

「……うん」

「そうか。俺はこの世で紗紅と付き合っていたんだよな」

「そうだよ。まだ付き合い始めたばっかだけど。修理工場のアパートにも行ったことがあるよ。ほら、通称お化け屋敷」

「あのアパートか。あのアパートには色々な人間が迷い込む……」

「色々な人間?」

「秀さんも以前は修理工場にいたんだ」

「秀さん?あの……居酒屋の?そうなんだ」

 信也は自分が住んでいるアパートのことや、居酒屋のマスターのことは思い出したようだ。

 信也の記憶障害も、少しずつ回復に向かっている……。
 
 ――そう言えば……
 あの居酒屋の店主、誰かに似ている気がする。

 誰だっけ……。

 ――数日後、あたしは順調に回復し、退院することになった。信也はまだ記憶障害があるため、もう暫く入院することになった。

 あたしが退院することを知らせると、信也は一瞬寂しそうな目をした。

「行くのか」

「うん。明日また来る。信也の着替えもアパートから持ってきてあげる。修理工場の社長さんに入院してることを話してくるね」

「悪いな」

 事故に遭う前より、信也は口数が少なくなった。口調も少し変わった気がする。

 友人である居酒屋のマスターや修理工場の社長さんに逢えば、信也の記憶障害も完治するかもしれない。



 あたしはその日の午後退院し、母と公営住宅に戻った。母は仏壇に手を合わせ、あたしの退院を亡き父に報告し、涙を流した。

 あたしは……もう何年も、仏壇に手を合わせたことはなかった。反抗し荒れた生活をしていたから、父に合わせる顔がなかったんだ。

 線香の白い煙が、狭い室内にゆらゆらと立ち上がる。

 仏壇には父の遺影があり、遺影の横には、幼稚園児のあたしと美濃を膝に抱き、幸せそうに笑っている父の写真が飾られていた。

 あたしは……
 今まで、何をやってたんだろう。

 あたしのせいで……
 美濃を死なせてしまったんだ……。

 仏壇の前で、肩を震わせて泣くあたしを、母は抱き締めてくれた。

「……生きていてくれてありがとう」

「母さん……。あたしを叱らないの?あたしが美濃を殺したんだよ」

「美濃は……きっとどこかで生きてる。紗紅が殺したんじゃない。だって……遺体は発見されなかったんだから」

 母はまだ、美濃の死を受け入れてはいない。あたしもそう思いたかったけど……心のどこかで、美濃に対する罪悪感が拭えなかった。

「……母さんごめんなさい。母さんごめんなさい」

 どんなに泣いても……
 どんなに謝っても……
 美濃は戻りはしないのに。

 あたしはただ泣くことしか……
 出来なかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み