第1話

文字数 663文字

俺の名前は生木 純。
今日も面倒くさい学校へ行く。

「純、いっぱい食べるのよ」そう言われ仕方なく学校へ行った。
「母さん行ってきます。」
そう言って俺は家を出た。
歩行側を歩いていると車が自分に近づいて来ているのが分かった。
「どうしよう どうしよう」そう思っている間に車が勢いよく俺にぶつかって来た。

(そして目を覚ますと病院だった。
俺が目を覚ますと皆涙目で鼻声で目を輝かせているお母さん、お父さん、弟、おばあちゃん、おじいちゃん、その他に女性がいた。)
俺が咄嗟に思った事は
「俺は誰?
ここはどこ?
俺を囲んで泣いているのは誰?何故?」
そう思った。

すると見知らぬ女性から
「純…目を覚ましたのね
貴方は純って言うのよ!
私は純のお母さん 生木 眷顧よ」 (なまき けんこ)
そう言った。

「生木 眷顧…さん?」
そう疑問形に言うと

「そうよ
そして私の隣にいるのは
(眷顧さんの隣にいたのは30〜40歳後半くらいの笑顔を向けた男性だった。)
生木 悠斗さんよ(なまき ゆうと)
純のお父さんよ」
そう眷顧さんは言うと悠斗さんはさっきよりも分かりやすく笑顔を向けた。

眷顧さんは60〜70くらいの男性を紹介した。
「この人は生木 朗よ(なまき 朗)
えっと…純からするとおじいちゃんね」
そして朗さんの隣を見ると朗さんと同じように60〜70歳くらいだった。

「そしてこの人は純のおばあちゃんになるね!
生木 明子(なまき あきこ)さんよ」

「朗さんと明子さん少しだけ名前似てない?」
そう言われると確かに少し似ている。

そして眷顧さんは明子さんの隣にいた女性を指さした。





ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み