第十八章 『仙士』の『邪術』

エピソード文字数 1,411文字

 『合』が、再び短刀を構えた。『邪気』は、その短刀に張られた『符』から大きく発されている。それを感じ取った彪は、叫んだ。
「……この『邪気』は、あの『符』を『合』さんに渡した、『仙士』の力の残りを『合』さんの『邪念』で増幅した結果か!」
「『仙士』様の力の残りは、やはり、あの短刀の『符』から発されているもののようですが。……その、力の『残り』だけでも、これだけの『妖力』を発することが出来るものなのですか」
 暎蓮が、彪に尋ねた。
「よほど大きな『力』……『気』を持った人じゃないと無理だよ。……俺も、こんなに簡易で、しかもこれほど強い力を発する『仙士』の技は初めて見た」
 彪が、呆然としたまま、言う。
「……たかが、『仙士』に。これだけの『気』と、『技』を持てる者がいるのか……!?」
 暎蓮が、少し間を空けて、まじめな顔で言った。
「とにかく、彪様。『合』様は、すでに『邪』。私たちは、『巫覡』として、あの方を滅するお役目があります。それを完遂しないことには、羅羅様も、奥様も、救われません!」
「うん」
 暎蓮の言葉に、彪も、顔を厳しくして、うなずいた。
「お姫様、……羅羅さんの魂を」
「はい」
 暎蓮が、力をほとんど失いかけている羅羅の魂に、自らの『聖気』を送り込み、彼女の魂に少しだけ『気力』を戻させてから、自分の単衣の袖の中に彼女の人魂をそっとしまった。
 ……一方、その間にも、妻と『合』の戦いはつづいていた。とはいえ、妻は劣勢だった。
 『合』は、短刀での、連続する突きを、妻に向けて繰り出し、妻は霊体ならではのスピードでそれを避ける。その合間に、彼女も何度も『合』に向けて、『長爪』を向けるのだが、その長い爪は、『合』の短刀の力によって、斬り飛ばされてしまうのだ。妻が、その度に、歯噛みしながら後ろに下がり、斬られた爪を再び長く伸ばす。
「お姫様、おかしい。『合』さんから、……『人気(じんき)(すべての人間が持っている『気』のこと)』がどんどん抜けていくのを感じない?」
「……今、私もそう思っていました。と、いうことは、今まで感じていた、『合』様の『人気』。これはもしや、『作られた』ものなのでは………」
「『合』さんのあの肉体も、もしかして」
 と、しゃべっている二人の『結界術』の壁に、妻の猛攻から逃れようとして地面から壁へと跳んだ『合』の体が、誤って、激突した。彪が、瞬間的に『聖気』を手に込め、『結界術』を強化して、暎蓮を護る。
 『合』の体が、『結界術』の壁にぶち当たったが、その肉体が発した音は、肉に衝撃を与えた時のような、鈍い音ではなく、からん、からん、という、硬くて軽い音だった。彼はそのまま、『結界術』の壁から素早く離れ、再び妻へと攻撃を開始し始めた。
「……お姫様、今の音!」
 彪が言った。暎蓮も、顔を厳しくして、うなずく。
 暎蓮がはっとして、言った。
「彪様!『合』様のあのお背中の……」
 見ると、『合』の背中に、細かいひびが入っているのが見えた。
「こりゃあ……」
 彪がつぶやき、眉間にしわを寄せた。
「彪様」
 暎蓮に、彪は言った。
「お姫様は、この『結界』の中にいて。……確かめる」
「……で……ですが……」
 心配そうに言う彼女に、彪は笑って見せた。
「大丈夫」
 彼はそう言うと、暎蓮の周りに『結界術』を張ったまま、自身は外に出て、『合』の動きを探った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

白点 彪(はくてん ひゅう)

十三歳。『玉雲国』の『宮廷巫覡』で、強力な『術』を使える『術者』でもある。

この国の『斎姫』で初恋の相手、十一も年の違う憧れの『お姫様』である暎蓮を護るのに必死。

温和な性格。

甦 暎蓮(そ えいれん)

二十四歳。しかし、『斎姫』としての不老の力で、まだ少女にしか見えない。『玉雲国』の王である扇賢の妃。『傾国の斎姫』と言われるほどの美女。世間知らず。

彪が大のお気に入りで、いつも一緒にいたがる。しかし、夫の扇賢に一途な愛を注いでいる。

使う武器は、『破邪の懐剣』と『破邪の弩』。

桐 扇賢(とう せんけん)

十七歳。暎蓮の夫にして、『玉雲国』の王。『天帝の御使い』、『五彩の虎』の性を持つ。単純な性格ではあるが、武術や芸術を愛する繊細な面も。

生涯の女性は暎蓮一人と決めている。

彪とはいい兄弟づきあいをしている。愛刀は、『丹水(たんすい)』。

関 王音(せき おういん)

二十代後半。扇賢のもと・武術の師で、宮廷武術指南役。美しく、扇情的だが、『天地界』中にその名と顔が知れ渡っているほどの腕の『武術家』。

暎蓮にとっては、優しい姉のような存在。彪や扇賢にとっては、やや恐れられている?

愛刀は『散華(さんげ)』。

ウルブズ・トリッシュ・ナイト

二十代後半(王音より少し年下?)。扇賢のしもべで、『玉雲国』ただ一人の『騎士』を自称する、人間界の西方が出自の金髪美男。暎蓮に懸想しており、彪や扇賢とは好敵手関係?戦うときは銀の甲冑と大剣を持つ。マイペースな性格。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック