第八話 女忍びのお奈津

エピソード文字数 2,578文字

 ◆天文十四年(一五四五年)七月上旬 近江国(おうみのくに) 国友(くにとも)(滋賀県長浜市)

善兵衛(ぜんべえ)殿、もう一つ頼みたい。筋のよい銃で試し撃ちさせてくれないか」
「なんでえ、そんなことかい。ちょっと待ってろや」
 史実で一益さんが火縄銃の腕を買われて、信長に仕えたことを思い出して、鉄砲の試射をさせてもらうことにする。

 試し撃ちの場所で、善兵衛から銃一式を受け取ったところ、自然に手が動いた。
 想像通り身体で覚える系の技術は大丈夫みたい。
 玉薬と弾丸を押し込み、|㮶(カルカ)でしっかりと押し込め……火蓋を切り火皿に口薬を載せる。火蓋を閉じ……火縄に点火して、火ばさみにセットする。――呼吸を整えながら、銃口を半町(五五メートル)ほど先の的に向ける。静かに引き金を引く。

 ズバアアン!
 轟音。白煙が立ち込め、硝煙の香りが鼻腔を刺激する。
 よし! 命中だ。
 心の奥底から込み上げてくる高揚感。

「まったく、惚れ惚れする腕前だねえ」
 善兵衛がしきりと頷いている。
 おれの過去の身体は、やっぱり鉄砲の名手なのかな? 気になることは気になる……。
『是非もなしなのじゃ』
 ふと信長ちゃんの顔がよぎる。
 そうだな。おれが鉄砲の名手であることは、戦国時代では悪いことではないだろう。

  ◆天文十四年(一五四五年)七月上旬 近江国(おうみのくに) 今浜(いまはま)(滋賀県長浜市)

 森三左可成(よしなり)の勧誘と、火縄銃の製造に目途をつけた後、国友にほど近い今浜の茶屋で一服することにした。
 幸いにも天候に恵まれたので、現代日本で馴染み深かった琵琶湖を見渡したくなったのだ。
 ふうーっ、と大きく息を吐きながら背筋を伸ばす。

 ここまでは、まず順調といっていい。今後どのように情勢が動くだろう?
 やはり、西三河(みかわ)(愛知県東部)がきな臭いだろうか?
 松平(まつだいら)広忠(ひろただ)(徳川家康の父)領との境にある安祥(あんじょう)城は、信長ちゃんの庶兄(しょけい)三郎五郎(さぶろうごろう)信広(のぶひろ)が守備している。

「さーこーんー!」
 出された茶をすすりながら、考えに(ふけ)っていたら、女性の呼ぶ声がした。
「ん?」
 ニコニコしながら若い女性が近づいてくる。美形といっていい。どこかで見た覚えがするが……。
「ウチが、さっきから呼んどるのに。はああー、全く左近はつれないなあ」
 彼女はおれの脇にストンと腰掛けた。
 着物を着ているので、まったく分からなかったが、話し掛けられた声で気づいた。おれに懐いていて、彼女になりそうだった後輩の奈津(なつ)に間違いないだろう。
「も、もしかして……奈津殿か?」

 まさか奈津もこっちの世界に来ているのか?
「ウチが初めて(ちぎ)ったオトコなのに、『奈津殿』なんて呼ぶんか? まったくうー!」
 契ったっていうと、(いた)したということだ。
「契った!?」
 後輩の奈津とはかなり親密だったものの、致した覚えはなく絶賛混乱中。それに彼女は、『カズマさん』と呼ばずに左近と呼んでいたな。あれれ?

「初めて契ったってのは、冗談やけどな。三年振りだから、ウチが色っぽくなって、わからんかったんかねえ。ふふふ」
 この親しい感じは、やっぱり後輩の奈津なのかな?
「んー」
四郎右衛門(しろうえもん)殿には会ったん? 随分心配しとったからねえ。まあ、織田の侍やっとるとは聞いとったけどなあ」
 四郎右衛門という知り合いはいない。とすると、後輩の奈津ではないな。するとこの娘は?

「四郎右衛門殿……ですか?」
「へ? おゆきの兄者(あにじゃ)に決まってるやない」
 知らない人物名が、更に出てくるので、ますます混乱してしまう。
「おゆき……殿ですか? んー」
「何言うてるん? アンタ、滝川左近一益だよねえ? 左近だよねえ?」
 奈津は(すが)るような目つきで(にら)む。

 なるほど、分かった。
 現代日本から戦国時代に来る前に、この身体が彼女と知り合いだったんだな。
 池田恒興(つねおき)咄嗟(とっさ)に名付けた『滝川一益』という名前。偶然の一致か風の噂で聞いていたのかは知らないけれど、身体の持ち主の名も『滝川一益』だったというわけ。辻褄合うな。

「いかにも、滝川左近です。ただ……おれは先日事故に遭ったので、申し訳ないが、昔の出来事を思い出せないのだ」
 この身体の過去、滝川一益の過去を知ることは、きっとこれからの行動に役立つだろう。事故といえば事故だし、咄嗟(とっさ)に取り(つくろ)う。

「そうなんや……。怪我は大丈夫なん?」
「ええ、怪我は問題ありません。ですが、過去の出来事をはっきりとは思い出せませないのです。奈津殿にも申し訳なく思うのですが」
 奈津は顔を(そむ)け、琵琶湖の方を見ながら呟く。
「ウチの知ってる左近ではなくなったんやね……ただ……思い出せない方がええこともあるんかも……」
「奈津殿、誠に申し訳ない……」
 涙を流し始めた奈津に、かける言葉が見つからない。

「…………」
「…………」
 沈黙が辺りを支配する。
 だが、一拍置いて奈津が懐紙(かいし)を取り出し、涙を(ぬぐ)うや、くるりとおれの方に振り向いた。
 かなり無理をしているが、素敵な笑顔だ。

「ウチは奈津殿でなく、お、な、つ、やで! それになあ、ウチの名前覚えとってくれたんやろう? 昔のこと思い出せんっていうたけど、思い出せてるやんか。
 アンタは、やっぱりウチの知ってる左近やね。そのうち、ぜーんぶ思い出すかもしれんね。
 しかもなあ、ウチはいま兄者の指示で忍びやっとるし、左近の役立つコトもあるかもしれんよお?」

 気まずい空気を一掃するように、早口でまくし立ててる。
 なんてこった。後輩の奈津と同様に、すごく性格がいい娘じゃないか。
「お奈津、(かたじけな)い!」
 精一杯の笑顔で返す。
「せや! その表情は変わらんなあ」
「お奈津、おれの過去を教えてくれないか?」

「もちろん、かまへんよ。どっから話せばええか、わからんけどなあ……」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み