119

エピソード文字数 893文字

 紅の言葉に、帰蝶と明智光秀がいまだに通じていると確信する。

 明智光秀よ。合戦で負傷したわしが、死ぬと思うたか。

 帰蝶と不義密通をし、この戦いの最中、わしの目を欺き情を交わしておったとは。

「……ご無事で、安堵致しました」

 わしの怒りを鎮めたのは、紅の涙と愛しい眼差し。

「かすり傷だ。案ずるでない」

 紅をこの胸に抱き止める。
 紅はわしの胸に耳を当て、トクトクと音を鳴らす鼓動に目を閉じる。

「……力強い心音でございます」

 愛しき女よ……。
 紅の唇にそっと口づける。

「……上様」

 男の形をしているが、濡れた唇も透き通る肌も甘い香りがする。涙に濡れた蝶の美しい羽は、男を惑わす。

「今すぐ、そなたを抱きたい」

「……俺も……上様に抱かれとうございます」

 半着の襟に両手をかけ脱がせると、右腕には古い傷痕が残っていた。

 その傷に触れ、そっと口づける。

「美しき肌に、このような傷をつけてしもうた。女として生きていたなら、このような目に合わせずにすんだものを。許してくれ」

「……上様。俺が望んだこと。そのような悲しい目をしないで下さい……」

 紅は小さな両手でわしの頬を包み込み、口づけをした。ゆっくりと、そして大胆に舌を絡める。

 銃撃され一時は熱に魘され、死をも覚悟した。弱った体に命の灯が点る。

 もう一度、紅に逢えるとは思わなかった。

 もう一度、抱き合えるとは思わなかった。

 畳の上に崩れ落ち、互いの体と心を求め合う。

「……もう離れない。俺を上様のお側において下さい」

「紅……」

「遠い地で、上様の無事を案ずるだけの日々は生き地獄でございます。同じ地獄ならば、共に戦い地獄の底までおとも致します」

「地獄の底に、極楽浄土はないぞ」

「はい。死ぬ時は一緒でございます」

 唇が触れ合うたびに、紅の愛しい吐息が鼓膜に響く。

 わしの命を捨てても、紅を守り抜く。

 ――『天下布武』
 “七徳の武、全てを兼ね備えたものが天下を治めるに相応しい。”

 愛しき女を、地獄の底に突き落としたりはしない。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み