190

エピソード文字数 983文字

 ――窓の外は雪……。

 信也は外に視線を向け、ポツリと呟いた。

「……あの日も、粉雪の舞う寒い夜だったな」
 
 ――あの日……?去年のこと……?

「信也、ご飯作ろう。お腹すいたね」

「もう少し、紗紅とこうしていたい」

 信也はあたしを抱き締め、キスの雨を降らせる。

「……だーめ」

「どうして?」

 信也はあたしを軽々と抱き上げ、ベッドに下ろした。

「信也ってば……」

 右手の指先でブラウスのボタンを1つ外し、右肩の黒子(ほくろ)にキスを落とす。

 擽ったくて、思わず首を竦める。
 その唇は、あたしの耳をとらえる。

 ――「鳴かぬなら、鳴かせてみせるまで」

 耳元で囁かれた言葉に、あたしは目を見開いた。

 ――今……何て言ったの……?
 
 あたしを見つめる優しい眼差し。
 ちょっと意地悪な口元。

 ――ふと、ハジメテの夜が脳裏を過ぎった。

 『さ……く……』

 あの時、信也はあたしを抱きながら、『さく』と呼んだ。

 あれは……
 亡くなった恋人の名前だと思っていた。

 でも……
 あれは咲さんではなく、(くれない)のことだったんだね……。

 ――どうして今まで……
 気付かなかったのだろう。

 ――信長は……ずっと……
 側にいてくれたんだ。

 ――ずっと……
 あたしの側に……。

 あたしを混乱させないように……。
 辛い戦国の世を、思い出させないように……。

 ――自分の気持ちを封じ込め……
 信也として現世で生き、あたしを見守ってくれていたんだね。


 ――でも……
 もう大丈夫だよ。

 これから先、何があったとしても……
 あたしは狼狽えたりはしない。

 あれが夢ではなかったのだと……
 確たる証拠があるから。

「一度しか言わぬ。よく聞くがよい。俺はこの時代に残ると決意した。もう何が起ころうと迷ったりはしない。
 ……紗紅よ、俺と生涯添い遂げよ」

 零れ落ちる涙に、信也はキスをした。
 何度も、何度も、キスをした。

「一生……あなたのお側において下さい」

 呼吸が苦しくなるほどに強く抱き合い、キスを交わす。溢れる涙は、止めどなく頬を濡らした。

 「愛してる……」

 ――その優しい瞳の奥に……

 愛しき人を見つけた。







 ―THE END―
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み