第46話

文字数 1,057文字

 この頃、浅井の味方として北近江に布陣していた朝倉義景が撤退してしまったことを、信玄は知った。石山本願寺と浅井・朝倉連合軍を前門に、後門には己という包囲網を敷かれた信長は、今や何処にも逃げ道がないはずである。一気に叩けば、信長の首を挙げられるというのに、朝倉義景は武将としての覇気に欠けていた。

 優柔不断な性格の朝倉義景は、信長の抵抗が永く続くことに段々と恐れを覚えたようだ。加えて留守にした国元に、越後から上杉謙信が攻め入ってくるのではないかという強い懸念が拭いきれなかったようだ。

 朝倉との交誼の為に信長との同盟を破った長政は、この仕打ちに怒りを覚えた。信玄とて怒りを覚え、再三、出陣の急使を立てたが義景は起つことはなかった。

「なんという腰抜けか。朝倉が浅井と共に食い止めているからこそ、儂がこうして出張っておるというに」

 信玄は苛立ちを隠せぬまま、軍勢を止めている。浅井と朝倉が手を結び、更に石山本願寺も信長を苦しめているからこそ、病身を押して出陣することが出来た。

 この時代、甲斐の武田と越後の上杉の名は、聞くだけで大抵の大名が震え上がるほどだった。共に家臣団の結束力が強く、兵馬も強靱。五度に亘る川中島の合戦を通して力を互いに削いだと言っても、彼らに対抗できるのは北条家と、中国地方の毛利家のみと謳われるほどだ。

 信長は、信玄が出陣したと聞いたとき、心底震え上がった。己と家康が束になってかかっても叶わないと判っていて尚、家康に武田を食い止めてくれるよう要請した。

 信長は家康を、捨て駒にしたのだ。どう足掻いても勝てない強大な敵である信玄に、家康如きが敵うはずがない。判っていても己が戦うのが怖くて、眼前の石山本願寺の僧兵や、浅井との戦に明け暮れた。

 無論、家康は自分が捨て駒にされたと判っている。判っていても従わねばならぬのが、小大名の哀しい立場。三方ヶ原で敗退した家康は、信玄が動かぬ事を幸いに兵を立て直した。信玄は遠江国の浜名湖北岸の村に滞在し、年を越した。この頃になると信玄の病は隠せないものになってきており、密かに跡継ぎの四郎勝頼と重臣たちが呼び寄せられ、遺言を聞いた。

 三ツ者たちは例え武田の兵たちであろうと、信玄重病の報せが洩れぬよう細心の注意を払った。特に放たれてくる上杉や織田・徳川の間者には層倍の気を配り、少しでも怪しいと思えば、闇から闇へと葬った。そんな中で、信玄が織田家に放った於小夜と小十郎のことを思い出しはしても、呼び戻してどうこうしようと考えられぬほど思考は弱り果てていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み