エピローグ2 ✿ 天下の魁となるべし

エピソード文字数 1,434文字

私たちの願いは、塾生全員で小旅行に行くことです! 


なお遊園地に行くことを希望します!

おおお!! いいね!
遊園地、さんせーい!!
子ども達は歓声に沸いた。

お化け屋敷、ジェットコースター、ミラーハウス、どれも忍術研究になると思うのです!

うん、良い願いや。忍者はいろんなところに足を運んで見聞を広めるもんや。


ちょうど「忍学(にんがく)旅行」をどこにしようか、悩んどってなぁ。

忍者修学旅行のようなものかしら… )
しかし萌栄、前は都会に住んどったんなら、遊園地くらい何度も行っとるやろ

…だって。わたし友達いなかったから、いつも一人だったんだもの。


友達とわいわい遊園地を回るって、あこがれだったの

そうやったっちゃ。今度はおれたちと回ろうな
楽しみだね!

…あ。わしは先生やし、旅行には必ず同行するよ? 楽しみやなぁ 

ヤスジィは、うきうきとしている。

お知らせします。


戦いぬいた生徒さんたちの労をねぎらい、昼食をご用意しました。

数十のテーブルが、観客席の近くに並べられていた。

みんな~、たくさんあるから食べてね~!!

おいし~い!! この甘酢で和えたお肉なんだろう、やわらか~い
それは鹿肉や
鹿さん!?
おお、gibierですね
そう、ジビエ。よく知っているわね、発くん

ジビエとは、元はフランス語で「野生鳥獣の食肉」のことだ。


これら天然の食肉は栄養価が高く、日本でも「食卓の花形」として親しまれた。

俺は、コロッケも推しやけどな~。


鹿肉コロッケ、煮染めコロッケ、そばがきコロッケ。どれもうまい。炭酸欲しくなる~

コロッケ、どれも揚げたてだ!

萌栄は、桃源郷の実りを、お腹いっぱいにいただいた。

選手の皆様も、食事をしながらお聴きください。


これより大人の部門の優勝者、蝉籠村の新しい籠目からスピーチがございます

拍手とともに、結芽、地平、功が講壇に上がった。


おつかれさまです」の挨拶のあと、結芽は会場に集まった子ども達を見回し、こう話し始めた。

進化し続けるこの時代で、今の子ども達に伝えたい言葉があります。


この地を治めていたお殿様が、未来の私たちへ残した言葉です。

すべからく浩然こうぜんの気を養い、


すべからく天下のさきがけとなるべし

(さきがけ)となるべし・・・
(さきがけ)って?
トップのこと。先陣に立てということや。
まとめると「里の自然の中で英気をやしない、時代の先陣に立て」という教えや
そして、文武を怠らず、礼節を重んじること。
日頃の心がけがなによりも大事です

里の自然、受け継がれた強さ、人脈、すべてが子ども達を育む大きな財産です。


これらの恩恵にあずかるだけでなく、未来へ伝えなければならない。


私は〝忍聞(にんぶん)〟という、村の記録をまとめたいと考えています。

忍聞〟という言葉は〝新聞〟から発想しました。

新しいこと、残すべきこと、すべて未来へ伝えたい。


も尊ぶことが大事や

今と昔。西方の忍聞を記録し、後世に伝えること。


皆さんで語り継いでいきましょう!

会場の拍手は長らく続いた。

私も残したいな。


 この里の残すべきことを。そして、自分がこの里にいることを伝えたい)

さて、今日のことなんと記そうか。


先はまだまだ長い。


まぶたを開けると、陽光にきらめく若葉や、木々の根もとで顔を出す新芽が目に映った。

栄えある未来が、きっと待ってる!

これが記録のはじまり。


芽生えたばかりの、西方忍者の物語だ。 

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

日高萌栄 (ひだか・もえ


中学2年生、13才の少女。

カピバラをこよなく愛する。

重黒木 鋼じゅうくろぎ・はがね


中学2年生、13才の少年。機械いじりが得意。

椎葉 発(しいば はつ)


中学2年生、13才。

萌栄の友達。花火師の孫。

黒木 殿下(くろき でんか)


萌栄のライバル

那須 雨音(なす あまね)


殿下の友達。

黒木 媛(くろき ひめ)


殿下の妹

日高 結芽(ひだか ゆめ)


萌栄のお母さん

日高 地平(ひだか ちへい)


萌栄のお父さん

日高 雲水(ひだか うんすい)


萌栄の祖父

重黒木 功(じゅうくろぎ こう)


鋼のお父さん

重黒木 理玖 (じゅうくろぎ りく)


鋼のお母さん

椎葉 康次(しいば やすじ)


発の祖父。花火師

黒木 智子(くろき ともこ)


殿下、媛のお母さん。

黒木 未夏 (くろき みか)


クラスメイト

中武 陽(なかたけ はる)


クラスメイト

那須 貴也(なす たかや)


クラスメイト

那須 由子(なす ゆうこ)


クラスメイト

お殿様。


西方の里を治める、お殿様。

南朝の忠臣、その子孫。

忠平(ただひら)


お殿様が助けた忍者。

加藤清正に仕えていたが、毒殺の濡れ衣をかけられ、逃げてきた。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色