第41話 情報提供のお礼とお水の販売

文字数 1,075文字

「話を戻していいかな」
 ずっと黙っていたハワードが言ってきた。
「このポーションが本物だとして、俺にはこの赤の……魔力回復はいらないと思うんだけど」
「ああ。必ず本人が使うとは限らないでしょう? 重傷者が自分で使えない時もあるから」
「なるほど。他の冒険者にも使って良いんだな」
「はい。お店の方では普通のポーションをギルドと同じとまではいきませんが、安く売るのでその時は宣伝してもらえたら嬉しいです」
 私は、ハワードにニッコリ笑って言う。

「ちゃっかりしてるな。それで、こっちのポーションの値段は?」
「値段は無いですよ、売りものじゃないし。そのポーションも、今回の騒動が終わったらただの美味しい水になるので、そうなる前に戦闘中に使ってしまってください」
 一瞬、みんなが驚いた顔になった。

「使用期間は、騒動が収まるまで……だと?」
 クラークが訊いてくる。
「そうですよ、この世に無いポーションですからね。高額転売されても困りますし。使用期間内も高額転売された時点でただの水になりますから」
 高額転売防止策を練るのは、商売の基本ですからね。

「まぁ、どちらにしろ、これが本物だったら……の、話だろ? とりあえず、有難く貰っとくよ」
 クラークはそう言ってこの情報交換の場を締めくくった。

 そして、キャロルとシンディーは、お水を10リットルずつ購入してくれた。
 男性2人はともかく、女性2人は立派なお客様だ。

 私はボブと二人で
「ありがとうございました」
 と、丁寧にお見送りをしてしまった。

 ベンには悪いけど、あらかたの情報は手に入ったかな。
 一度、あの破れた結界のところには行かないといけないけど。私たちの所為だし。
 女神はあの国は見捨てるって言っていたけど、私たちの所為で……って事になると後味が悪すぎる。

「ダグラス、女王陛下の謁見の手続きをとってくれるかな」
「俺も連れて行くというのなら、今すぐにでも謁見の段取りを取り付けるけどな」 
 私が振り返りながら言うと、ダグラスからそんな返事が返って来た。

 なんだか胸が痛い。辛い痛みでは無く、なんというのだろう切ないと言うか、涙が出そうになるくらいの安心感に伴う痛み。

「ついて来てくれるんだ」
「あたりまえだろう。そのために」
「ダグラスはいるの?」
 私は力なく笑った。ダグラスは、そっと私を抱きしめる。
「そうだ。だから心配するな」

 そう言って背中に回している手で、ポンポンとしてくれる。
 私は、その腕の中で子どもの様に安心しきっていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み