第6話 領地争い

エピソード文字数 645文字

 話は半年ほど前にさかのぼる。
 隣国同士である草薙と白河は、長年に渡って領地をめぐって争ってきた。
 草薙の先代の領主が病死し、まだ年若い嫡男が後を継ぐと、白河の領主である林宗久(はやしむねひさ)は好機とばかり攻め込んできたのである。
「なに、相手は若造。しかも本ばかり読んでいて剣も弓もろくに扱えぬ軟弱者というではないか。今こそ長年の争い、この白河の勝利にて終わらせてみせようぞ」
 しかし、宗久の読みは完全に外れた。
 草薙の家臣たちの固い結束もさることながら、この剣も弓も苦手な少年・九条隼人は戦略に類まれな才能を発揮したのだ。
 敗走すると見せかけ、湿地に誘い出し、身動きのとれなくなった白河の軍に、草薙の軍勢が一斉に襲いかかったのである。
 地の利をいかし、深追いしてきた相手を逆手にとって反撃する。綿密に計算された見事な作戦だった。
 大将である宗久はかろうじて城に逃げ帰り、和睦の使者を送った。
 自分の首と引き換えに、一族と家臣たちの命を助けてくれるよう文をしたためるしか、術は残されていなかった。
 住民たちは恐怖した。国境を超えていつ敵の軍勢が攻め寄せてくるかわからない。もはや白河の軍には迎え撃つ力は残されていない。
 だが。おびえる人々をよそに、何日たっても草薙の軍は攻め込んではこなかった。それどころか国境いでの戦が終わると、さっさと自国へ引き上げてしまったのである。



ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

天宮桜花(あまみやおうか)


始祖が天女と言われる家系に生まれた巫女。

破魔の力を受け継ぐ可憐な少女。

大切な人たちを守るため、鬼と対峙していく。

桐生伊織(きりゅういおり)


桜花の幼馴染。始祖が龍であったと言われる家系に生まれる。

桜花を想っているが、異母兄への遠慮もあり、口にできない。

九条隼人(くじょうはやと)


草薙の若き聡明な領主。趣味は学問と錬金術。

心優しい少年で藤音を案じているが、どう接してよいかわからず、気持ちを伝えられないでいる。

藤音(ふじね)


和睦の証として人質同然に嫁いできた姫。

隼人の誠実さに惹かれながらも、戦死した弟が忘れられず、心を閉ざしている。

鬼伝承が残る海辺の村で、いつしか魔に魅入られていく……。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み