二人とも好きじゃダメですか

文字数 1,832文字

長くなってしまいました。(反省)

↑カオリの話のこと。

6話くらいを書いてるとき、
あれ?この調子でいったら、これまだ終わんないな、と思った。

ケンちゃんよりもカオリの話が長くなるってどういうことだ!私はケンちゃんをメインに書いていたはずなのに。。

しかし、思わせぶりクイーン、カオリの言い分を一応きちっと書いておかないと、なんか、カオリが悪い女みたいになってしまうという思いから書いた。
それにしても、長すぎた。

書きながら、まだ終わんないか、カオリ…と、正直思っていた(笑)
『夏に溶けてゆく』の方はだいぶ削り、コンパクトにまとめることができたが、こちらはうまくいかなかった。

書いてる本人がこれなのだから、読んで下さった方は飽き飽きしてしまっているだろうなぁ、と思っていた。

それでも最終的にはどうなるのかわかってしまっている話を、根気強く読んでくださった方がいらっしゃることで、私は救われた思いがした。


さて、
カオリは一体、いつからケンちゃんのことが好きだったんだろう、と、私は今でも思っている。

シンちゃんのことが好きだったは好きだったんだと思うんだけれど、人生において、好きな人が同時に二人いるときってあると私は思っている。

なので、自覚しているかは別として、カオリはシンちゃんのこともケンちゃんのことも好きだったんじゃないかと思っている。

少なくとも、ケンちゃんに同じ高校に行けたらいいみたいなことを言ったときには好きだったんじゃないか。

私には恋愛感情ゼロの男の親友がいたが、その人と離れたくないという気持ちになったことはない。
すごくしゃべりたいことがある時以外で会いたいという気持ちになることもなかった。
なので、離れたくないというのは、もう好きだからなんじゃないかと思う。

ケンちゃんが、カオリは鈍感だと思ってたけど鈍感ではない、と途中で思ってたときがあったけれど、最後の方まで自分の気持ちに確信を持てないカオリは、私からしたら、やはり鈍感なのではないかと思う。

いつまで親友親友言ってるんだよ、もういいよ、早く言いなよー!と、私がカオリの友達だったら言ってるだろう、間違いなく。
ケンちゃんにも言っちゃうかもしれない。
「ケンちゃん、カオリのことどう思ってんの?」と。

思い合っている者同士がとっととくっつかないことほど「まどろっこしい」という表現に当てはまるものはなかなかないと思う。


そして、思った。
二人好きな人がいる場合、どっちも好きだと認めてしまうというのは果たしてダメなことなんだろうか。

どっちとも付き合ってないなら、思うくらい自由じゃないか。
二人とも好きでいいじゃないか。
その辺がカオリは不器用だったのだ。

最近のマンガやドラマではよく、自分にだけはふとしたときに優しいオレ様系と限りなく優しいけどみんなにも優しい子犬系との間で揺れ動くヒロインが登場するが、現実にそんな二人が自分を好きならどっちも好きになるだろうなと思う。

好きなもんは好きなので、それって止められるものじゃないと思うのだ。
例えば長い間会わずに一応気持ちが落ち着いたとしても、会えば復活すると思う。
幻滅するとか、もう好きじゃなくなることはあるけれど、「好きになってはいけない、とまれ!」と思ったところで、表面に出すか出さないかの違いで、心の中は止められるものだとは思えない。

隠したり止めたりする方が、好きと認めるよりずっと辛いような気がする。それならいっそ認めてしまった方が楽になれるような気がする。
そう思うと、私の…いや、カオリのケンちゃんは、本当にものすごくがんばった。


ただ、どっちかをいつか選ばなきゃならないという場面になると問題だ。

そうなると、やっぱりもう好みの問題になってくる。
どっちの方が、より好きか。

そんなドラマが放送されると、私は必ずどちらが好きか周囲に統計をとるのだが、役者が誰であろうと、みんな毎回、個人の傾向は変わらない。
そして、オレ様が圧倒的に人気だ。
ちなみに私は断然子犬派だ。

そういうわけで、カオリが好きだと思っていたシンちゃんへの想いは強烈な恋心で、ケンちゃんのことは愛とまでは言わないが、シンちゃんへの想いの水面下で静かに育っていった、揺るぎない最強の好きだったんじゃないかと思う。

強烈な恋心はいつか落ち着く。

とにかく、カオリがケンちゃんのことを好きだと気がついて良かった。
好きなもんは好きなんだ、やっぱり。

現実ではなかなかこううまくはいかないだろうけれど、空想はいつも、自由だ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み