第三〇話 信長ちゃんの妹

エピソード文字数 2,238文字

 ◆天文十四年(一五四五年)十月七日 尾張国(おわりのくに) 那古野(なごや)

 どんっどんっどんっ! どんっどんっどんっ!

 おや。こんなに早朝から、信長ちゃんのお出ましとは珍しい。
 どすりと座卓に座った信長ちゃんはあのうす緑色の髪飾り。今日は、ポニーテールをオレンジ色の平紐で仕上げている。
 やっぱり、昨日は『ノー』と答えてよかったな。好みの信長ちゃんを、見ているだけで幸せになれる。

「さこん! 美濃の(まむし)であるが、ワシらの勝利を知って嫁を求めているのじゃ」
 美濃のマムシこと斎藤道三(どうさん)は、尾張守護の斯波(しば)義統(よしむね)を手中に収めた織田弾正忠(だんじょうのじょう)家を、脅威と感じたのだろう。耳が早く(したた)かな男だな。
「なるほど、マムシならそういう事もあるかと」
「元々はワシの嫁入りの話があったのだが、左近のおかげもあって流れたのじゃ」
 何やら照れ臭そうな笑顔をしている。おれも嬉しくなってしまうぞ。
 夏におれがこの時代にやってきた時には、信長ちゃんが道三長男の義龍に嫁入りする話が持ち上がっていた。

「ええ」
「そこでワシの妹でどうか、という話になったのじゃ」
 信長の妹……。あ! そういえば、史実の信長は道三の娘の帰蝶(きちょう)濃姫(のうひめ))と結婚したときに、斎藤家と重縁(じゅうえん)にしたんだっけ。
 あまり知られてない話だが、斎藤家から帰蝶が嫁入りすると同時に、織田家からは信長の姉か妹を斎藤道三に嫁入りさせた。つまり、信長は道三の義理の息子であり、義理の兄弟でもあるわけ。冷静に考えるとすごい年の差婚だよな。

 史実で、道三の嫁に行ったのは確か三女で、信パパの側室の娘だったかな。名前も生没年も分からない女性。
 この世界では、信長ちゃんが三女だから辻褄が合うな。
「なるほど」
「さこんも尾張の策で、父上に知略を認められた。ゆえに、美濃との婚儀につき思うところを述べよ、とのことなのじゃ」

 あれ? 待てよ。昨日、信長ちゃんの妹をおれが嫁にするか、という話をされて、おれがノーと断ったから、妹がマムシの嫁に行くことになるのか?
 責任を重く感じてしまうぞ。夫として、マムシがいい夫かもしれないけれど、しばらくすればマムシもクーデーターで死ぬはずだ。

「結婚の相手は、道三でしょうか? 新九郎(義龍)でしょうか?」
「どちらでも構わぬそうじゃ」
 結婚相手が、道三の息子の斎藤義龍だとしても早くに病死してしまう。
 それに、おれとしては美濃を攻める大義名分がほしい。

 尾張を統一して、今川の脅威を取り除いた次の手は美濃を獲りたい。なんといっても、美濃は豊かな国だ。一気に国力を強化できる。
 史実よりも織田家は強くなったので、結婚話を蹴るという選択肢もアリかもしれないぞ。

「なるほど」
「ワシと同じ歳でずっと父上の側で育てられたので、よくは知らぬ妹なのじゃ」
 信パパの子どもは二五人いたんだっけかな? 素性がよく分からない妹がいても、おかしくない。

(くだん)の妹は(さち)という。しばらく那古野に置くゆえ、妹の性格なども含め判断せよ、とのことじゃ」
「はっ!」
 しかし、信長ちゃんの妹に会ってしまうと、斎藤家との政略結婚を賛成しにくくなるよな。
「ワシはもうすでに会ったのだが……」
 信長ちゃんが珍しく歯切れが悪くて、困惑しているような顔だ。

「何か不都合でも?」
「どうにも判断がつかぬ。しばし待っておれ。今連れてくるのじゃ」
 信長ちゃんの妹なら、やはり美少女なのかな。母親が違うとはいえ、ある程度は期待できるだろう。

 ――しばらくして。

 どんっどんっどんっ! どんっどんっどんっ!

 足音は信長ちゃんのものしか聞こえないぞ。まあ、普通の女の子ならな。クスっと笑いがこぼれてしまった。
「さこん、祥なのじゃ」
「左近殿、お初にお目にかかります。祥でございます」

 丁寧に挨拶する妹ちゃんに視線を向けると、
「えっ!?」
 呆気にとられてしまった。双子じゃないのか?
 似ている。祥姫は、姉の信長ちゃんと非常に似ているのだ。よくよく見れば、目力が違うというか。信長ちゃんより優しい印象があるが。
 陽と陰。いや、剛と柔といった感じだな。

 たしか双子は縁起が悪いとされて『()み子』とされていたはず。親戚に預けられる場合や、ひどい場合は捨てられてしまった場合もあったとか。
 それで、祥姫が信パパの元でひっそり育てられたのかも。辻褄が合うな。

「滝川左近です。お初にお目にかかります。そ、その……似てますよね?」
「ワハハ。さこんの斯様(かよう)な顔は初めて見るのじゃ。判断つかぬというのもわかるじゃろ?」
「わたしも驚きました。ねえ、姉上?」
「で、あるな!」

 イタズラっ子顔の信長ちゃんと、優しく微笑む妹ちゃん。どちらも美少女だ。ある程度、ふたりは既に打ち解けている様子。
 妹ちゃんは『姫』の着物に『姫』の髪型だから、簡単に見分けはつくが。
「さこん、ワシは参るぞ」
「左近殿、またいずれ……」
「はっ!」

 美少女姉妹は行ってしまった。
 あの妹ちゃんが、おれが断ったばかりに政略結婚だと? 信長ちゃんとそっくりなだけに、他人とは思えないんだ。
 祥姫が政略結婚をしないで済む方法はあるのか?
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

織田吉(三郎信長


 那古野城城主で周辺一〇万石の領主。織田信秀の嫡子。

 織田信秀の次男に生まれるはずが、どこで間違ったのか女性に生まれてしまった。見た目は現代風美少女だが男装を好む。最近はアクセサリーを頻繁に変える、鎧を着替えるなどオシャレに気を遣うようになっている。

 奥手で、『つるでぺた』を気にしているが実態は不明。


 戦場では鉄砲を使う。

 初陣で敵大将を討ち取るという大殊勲を挙げた。

 美濃の斎藤義龍との結婚計画があったが流れた。

 口癖は、一人称「ワシ」、二人称「ヌシ」、語尾は「のじゃ」、肯定は「で、あるか!」。「素っ首貰い受ける」もお気に入りのようだ。

 自分に理解を示した左近のことを、とても気に入ってやがて好意を示す。左近の部屋に入り浸っている。

 政治・外交・経済のセンスは抜群で、左近をはじめ周囲をしばしば驚かせる。

 頭に血がのぼると一直線な行動をとることも多い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み