プロローグ

文字数 384文字

「回天戦用意!」
 号令と供に艦内が緊張した空気に包まれていく。
「搭乗員乗艇!」
 ついにこの時が来た! 相良はゆっくりと立ち上がり、鉢巻きを締めた。潜水艦の乗組員に感謝と激励の言葉を述べ、同じ釜の飯を食った回天隊員と抱擁をかわした。
「柳原一飛層!」相良は同じ回天隊員の柳原に声をかけた。
「はい!」柳原は大きな声で返事をした。
「貴様は…………」
 相良が何か言いかけたが、その言葉は艦内の雑音にかき消されてしまった。
「相良少尉。なんでしょう」
「いや、何でもない。これは貴様が持っていろ!」
 相良が自分の懐中時計を柳原一飛層の手に握らせてから敬礼した。そして一瞬、彼に微笑みかけ、自艇に乗り込んだ。
相良少尉を見送った後、柳原一飛層も自分の艇に滑り込んでいった。

昭和20年8月4日、相良少尉はバシー海峡にて戦死。
同日、柳原一飛層の艇は、油圧の故障により発進する事ができなかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み