エピソード文字数 652文字

 室内の壁は黄ばみ、床も歩く度にギシギシと音が鳴る。だが、室内は意外と綺麗に掃除されていた。

「な、お化けが出そうだろ」

 信也は笑いながら革ジャンと白いTシャツを脱ぎ捨てる。筋肉質で逞しい上半身が露わになり、あたしは慌てて視線を逸らす。

 信也の体には古傷があった。信也にも荒れていた時代があったことを、その痛々しい傷痕が物語っていた。

「俺、シャワー浴びるから、適当に座ってて」

「……うん」

 室内にひとつだけある小さな電気ストーブ。そのスイッチを入れ、室内を暖める。1Kしかない室内には、シングルベッドとテレビと小型冷蔵庫、黒い本棚とカラーボックス。

 カラーボックスにはTシャツやジーンズが畳んで収納され、ジャンパーはハンガーで壁にかけられている。

 座れる場所は、僅かなスペースの床かベッドしかない。

 ギィギィ音を鳴らす床に座る気にはなれず、ベッドの端に腰を下ろす。

 信也の部屋の本棚には、DVDや単行本が並んでいた。DVDは戦国時代の邦画、単行本は歴史書や戦国武将の登場するものばかり。

 暴走族に入っていたのに、不思議と車やバイクの雑誌は一冊もない。本棚から単行本を一冊抜き取り、パラパラと捲る。

 暫くして信也が浴室から出て来た。上半身は裸、逞しい胸板が視界に迫りトクトクと鼓動は早まる。

 信也は赤いタオルで濡れた髪を拭きながら、本を手にしているあたしに視線を落とす。

 爽やかなシャンプーの香りがプンと鼻を擽る。

「紗紅も織田信長に興味あんの?」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み