第36話

文字数 3,208文字

「そんな大変な思いをするんなら、どうしてクリフォードさんは魔法を解放することにしたんですか? そもそも解放なんかしなければよかったんじゃないですか」
「子どもが転びそうになるのを、母親がいちいち手を出して助けてちゃ、子どもはバカになる一方じゃないか。一度転んでみなけりゃ、地面の固さもすりむいた膝の痛みがどんなものかもわからないだろう。それと同じことだよ。魔法が国中に広まってから、あんたはそれが危険だと気付いた。違うかい?」
 シノワは力なくうなずいた。ジーナの言うとおりだった。
「クリフォードが魔法の解放を決断したことも、あんたが魔法を封じた方がいいと思ったのもきっと正しい。だけど、今はまだその時じゃない。今やれば、まだ魔法を封じることへの不満の方が強い」
「もっとテサ中がダメになってからにしろってことですか?」
「まあ、そうなるかね」と言ってジーナは少し笑った。「とにかく、私は今魔法を封じることには反対だよ。こんなデタラメな国を望んだのは国民や国王自身だからね。もう少しじっくりとデタラメ具合を味わえばいいのさ」
 ジーナはフウと煙を吐くと、カツンとキセルの灰を落とす。そしてじっとカップに残ったお茶に目を落としているシノワに、ふと表情を緩める。
「長話がすぎたかねえ。ガゼルが聞いてたら怒るだろうね」
 そう言ってジーナはまたいつものようにフェッフェと笑ったが、シノワはゆるゆると首をふった。
「ガゼルが怒るとしても、聞いてよかったです。僕は、本当に何も知らなくて」
「お前さんはいい子だね」
 シノワはブンブンと首をふった。
「ガゼルみたいなこと言わないでください。僕はただ、何も知らないでいい気になってただけなのに」
──君は幼なじみや、知らない誰かの心配をして、旅を続けた。これが君の一番の財産なのに、君はそれを知らないのかい?
 本当にそんなちっぽけなことが重要なのか、シノワにはよくわからなかった。

 結局夜が明けても、日が高くなっても、ガゼルは起きてこなかった。
 その間シノワは、やはりジーナにあれこれ言いつけられて、休む間もなく働いていたが、それがかえってありがたかった。じっと考え込む暇があったら、どんどん悩みの渦に巻き込まれて、学院長の書斎で見た暗がりにふたたび落ちて行けそうだった。
「やれやれ、やっぱり男の子がいてくれると助かるねえ」ジーナはイモの詰まった箱をシノワに運ばせながら、満足げに煙を吐いた。「クロワにでも行ってかわいいのをたぶらかしてこようかね。ま、別にあんたでもかまわないけど」
 シノワがぎょっとしてふり返ると、ジーナは今にもシノワを取って食いそうな笑みを浮かべていたが、すぐに「冗談だよ」と吹き出した。
「さあ、とっとと片付けちまいな。それが終わったら休憩していいから」
 箱を運び終わると、ジーナはまたおいしいお茶をいれてくれた。一口飲むと、じんわりと体に染みわたっていく。朝からずっと畑を耕して(うね)を作るとか、重い荷物を運ぶとかいう重労働にいそしんでいたので、シノワもこの旅の中でだいぶ体力がついたといえ、さすがにくたびれていた。
 ジーナは、また忙しそうに出て行ってしまったので、シノワはいれてもらったお茶を持って、ガゼルの様子を見にいった。やはりガゼルは気持ちよさそうに寝息を立てていた。シノワはそのすぐ脇の床にそっと座り込む。
──魔法を解放した時、すでにこうなることは予想されていたし、忠告もした。しかし誰もそれを真剣に考えようとはしなかった……それもこれも全て国民が望んだことの結果だ。
──あなたは解放の時反対しなかったんですか? 僕がその時大人だったら絶対に反対しました。
 ガゼルに初めて会った日の会話を思い出してみて、シノワは深々とため息をついた。
 無知というのは恐ろしい。本当に何も知らなかった。魔法が解放になる前、国がどんな風だったのかも、司祭がどういう風に生まれるのかも、どんな風に魔法が解放されたのかも。そもそも、魔法など司祭の力を持ってすれば、本を棚に戻すぐらい簡単に封印できると思っていた。それなのにどうして司祭はほったらかしにしているのだろうかと、お門違いなところへ腹を立てて、立派な人間になった気になっていた。
──君はどうしたい?
 ガゼルは本当のところ、一体何を思っているのだろうか。どうしていつもシノワがどうするかに重点を置くのだろう。そんなことをぐるぐると考えていると、そっと睡魔が忍び寄ってきてまぶたが下がる。今とても大事なことを考えているというのに、眠気に負けそうになる自分にシノワは自己嫌悪がつのった。
「眠るならベッドへ行きたまえよ」
 声が聞こえた気がしたが、シノワの意識は吸い込まれるように眠りの底に沈んでいった。
 シノワの規則正しい寝息が聞こえ始め、ガゼルはやれやれとソファから体を起こすと、だるそうに額に手をやった。
「目が覚めたかい」
 顔を上げると戸口にジーナの姿があった。
「たぶん」
 ガゼルがだるそうに答えると、ジーナはそばのテーブルにお茶の入ったカップを置きながら「こっちは寝ちまったのか」とソファにもたれて眠ってしまったシノワに笑った。そしてシノワにブランケットをかけると、ガゼルをのぞき込む。
「本当にお前はこの土地が合わないね」
「どうもここはダメだね」
「きっと魂に傷があるんだよ。誰にだってそういうことはあるもんさ」
「司祭にもそんなものがあるのかな」
 ガゼルが苦笑すると、ジーナはカップを手渡し、ガゼルは濃いめに煮出したお茶をすすった。
 命は全て、天にある星から降りてくる。夜空で輝いている無数の星である。魔力の根源である【星】と区別するために、命の根源を【天の星】、魔力の源を【地の星】と分けて呼ぶこともある。
 この【天の星】は多くの命が集まってひとつの【星】になっている。そこからひとつずつ戻ってきた魂が地上で生き、命を全うすると再び【天の星】の元に戻る。そして、また時が来れば地上に降りて生きるのだ。それがこの世の生命の繰り返しだった。
 星から戻って来るたびに、それまでのことを全て忘れて全く別の人間となり、全く別の人生を生きるのだが、かつての人生の傷を引きずってしまうことがあるらしい。かつて自分が大怪我をした部分が痛んだり、自分を殺した人物の魂を忘れられず、初めて会った瞬間から嫌悪感を感じてしまう人がいたり、苦しい思い出のある場所を覚えていたり。そういうものを古くから《魂の傷》と呼んでいるのである。
 しかし、司祭はそういった普通の人々の輪廻の外にいる存在であり、司祭は何度生まれ変わっても司祭にしかなれない。そういうものだった。だから、そんな自分に《魂の傷》などというものがあるのかガゼルにはわからなかったが、どうもアナシに来ると、得体の知れない重みに苛まれるのも確かなのだった。
「でも、アナシがジーナの所で良かったよ。これがラメールだったら、本当にまいってたところだ」
「もうジュストの所へ行ったのかい」
「ユルはシノワの意志に従うってさ」
「なんだいそりゃ」
 小首をかしげるジーナに、ラメールでのことを話すと、ジーナは不安げな顔つきになる。
「相変わらずだね、あの人は。お前、本当に気をつけなくちゃいけないよ」
「もう宣戦布告された」とガゼルは苦笑する。「自分の力を過信するなって、わざわざ私に言ってきたから、何か考えがあるんだろう」
 そう言ったところで、ガゼルはふと何かに気づいた様子で眉をひそめ、シノワのブランケットをはぎ取って、彼の上着のポケットに手を突っ込んだ。
「わっ、な、な、何ですか」
 目を覚ましたシノワが何事かと、寝起きで力の入らない手足をじたばたさせている間に、ガゼルはポケットに入っていたらしい何かを、思いきり窓の外に放り投げた。
 パリン、と何かが割れる音がした。ややあって、木々が風に吹かれてざわめくような音が広がる。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み