第72話

文字数 2,209文字

「シノワは大丈夫かな」
 走りながらアレフは、ポケットのガゼルにつぶやく。
「ロンはシノワに甘えてただけで、本当のところ強い竜だから大丈夫だよ」
獅子(シン)もだが、さっきからわいて出てくる魔法使いも気になる」言いながらアレフは辺りを見回す。「植物の魔法を使ってきてるから、どう考えてもユルの魔法使いだが、俺は相性が悪い」
「そうだね。君は水の魔法使い(ラーグ)だから、補助するには適役だけど、対抗するには難があるね」
「それなんだが、どうもケレス地区に入ってから水の匂いがする気がするんだ」
「確かに、さっきの魔法、当主でもないのに植物の生長が早すぎるな。ラーグの魔法使いも噛んでるのか」
「植物が育ちやすいように、ラーグの魔法使いが何か細工をしてるかもしれない。それに、なぜか彼らはシノワの顔を知ってる。ラーグには水鏡に人や景色を映し出す魔法があるが、それを使ったのかもしれん」
「シノワの顔を共有するのに使った可能性があるってことだね」
「でもあれはややこしい魔法だ。何でもかんでも映し出せるわけじゃない。映し出すものを水鏡を作る魔法使いが知っているか、すでに作られた水鏡に対象を写して記憶させておく必要がある」
「あらかじめ水鏡にシノワを写しておいた、なんてことはないだろうから、シノワと面識のある魔法使いが協力してるのか。それなら、私たちはもう向こうの罠にかかってしまったかな。図書館で王女が消えたんだから、逃げた【星】を取り戻しに来ることは、向こうもわかってるだろうしね」
「やれるだけのことはやってやるさ」
 そう言って、アレフはクマの頭をポンとなでた。

 駆け込んできた魔法使いらしき男たちを、狭い路地に身を潜めてやり過ごし、足音が遠ざかっていく様子に、シノワはほうっと息をついた。ロンがそっと壁際から顔を出して様子をうかがい、大丈夫だという風に尻尾で合図した。
獅子(シン)は近くにいそう?」
 ロンは風の匂いをかぐようにひくひくと鼻を動かし、首をふった。どうやら身を潜めている間に遠のいてしまったらしい。
「アレフさんと合流した方がいいかな」
 獅子を見失ったのなら、あまり離れてしまわない方がいい。
 ロンはまたひくひくと鼻を動かすと、ついて来いという風に尻尾をふって飛び始めた。
 しばらく細い路地を進むと、十メートルほど先の路地を不意に黒い影が横切り、ロンがガウガウと何か言いながら、黒い影の去って行った方を尻尾で指し示した。
「獅子だね!」
「ガウ!」
 シノワは急いで黒い影を去って行った路地へと走った。
 角を曲がると、そこは少し広い袋小路になっており、行き止まりをウロウロしていた獅子は、駆け込んできたシノワの姿に驚いて跳び上がった。そして壁を蹴ってシノワを跳び越えるように跳躍する。
「待て!」
 とっさに伸ばしたシノワの手が、獅子の後ろ足にわずかに届き、さっきのお返しとばかりにロンが獅子のふさふさした巻き毛の尻尾に噛み付いた。そしてバランスを崩した獅子をシノワは必死に抱き込んだ。
「捕まえた!」
 シノワは絶対に放すまいと腕に力を込めたが、獅子もシノワの腕から逃れようと必死になってもがいた。シノワは獅子を閉じ込めるためのランタンを持っていたが、両手がふさがっていて扉が開けられない。ロンもまた必死に獅子の尻尾に噛み付いている。
「シノワ!」
 声にふり返ると、急いでこちらへ走ってくるアレフの姿があった。
 まるで釣り上げられた魚のように暴れる獅子は、シノワの腕を引っかき、シノワが怯んだ隙にその腕から抜け出る。
「アレフさん!」
 アレフが必死に手を伸ばしたのが見えた。
 その瞬間──
 ざわめきと共に、獅子の首輪から視界をおおい尽くすような(つる)が四方に伸び上がった。
 そして蛇のようにうごめいて、剣を抜こうとしたシノワの手を絡め取り、あっという間にがんじがらめに縛り上げてしまった。
「シノワ!」
 アレフの声がしたが、彼もまた蔓に絡め取られて地面に縫い止められていた。
 そして根元から伸びた蔓が絡まり合って、そこから人の形が現れ、同じく蔓にがんじがらめになっている獅子を拾い上げた。
「学院長……」
 長い、銀の髪の間から美しい顔がシノワを見下ろした。そこにはいつものような微笑は浮かんでおらず、ゾッとするような冷たい視線がシノワを射た。
「司祭と、第五王女の行方を知っていますね?」
 シノワはジュスト・ユルの冷たい瞳をキッと睨み上げた。
「知ってたとして、言うと思うんですか」
「誘拐は罪になりますよ」
「そんな脅しには乗りません」
 ジュストは小さく息をついた。
「まあいいでしょう。あなたに隠せる場所など知れています。あなたを始末してから探せばよいだけです」
「たとえ、ガゼルとロゼリアさんを見つけたって、あなたの思い通りになんてなりませんよ」
 ジュストの整った眉がぴくりと引きつり、シノワを縛り上げている蔓がギリギリと体に食い込んだ。
「うっ……」
「あなたは危険ですね」抑揚のない声だった。「どうもあなたは私の計画を狂わせる。頭が切れるわけでもないし、魔法使いですらない。ただの凡庸な子どもにすぎないというのに、どうしてなんでしょうね。司祭があなたを気に入っているようなのも、私には理解できません。こんなことなら、もっと早くに始末しておくのでした。これは私のミスです。しかし、これでおしまいです」
 冷ややかな言葉と共に、蔓がうごめく。
「シノワ!」
 アレフのあわてた声が響く。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み