初めてのバレンタイン♡ ②

文字数 2,321文字


****

 ――そして、翌日。里歩と母、そしてお手伝いの史子さんと四人で、史子さんの運転する車で行った倉庫型の会員制スーパーで大量に買い込み、我が家の広々としたキッチンでチョコ作りの練習が始まった。

「――それじゃみんな、これから手作りチョコ大作戦を決行しま~す! 頑張って美味しいチョコを作りましょー!」

「「「お~っ!」」」

 わたしが高らかに宣言すると、そこに集まっていた女子全員で拳を突き上げた。
 里歩なんか、元々お料理があまり得意ではないので、本気で覚えようとしているのがひしひしと伝わってくるくらい、かなり気合が入っていた。

「お菓子作りにおいて一番大事なことは、材料の分量を正確に量ることです。分量をキッチリ量らないと、いくら頑張っても絶対に失敗します。――というわけで、里歩。渡したレシピどおりにミルクチョコの分量を量って」

「あいあいさー☆ 任しといて」

「じゃあ、ママはガナッシュに使う生クリームの計量をお願い」

「分かったわ」

「史子さんはビターチョコをお願いね。わたしはお砂糖を量りま~す」

「かしこまりました、お嬢さま」

 ――こうして四人で役割を分担してそれぞれの材料を計量し、包丁で刻んだ二種類のチョコレートを()(せん)で溶かしていった。

 次に、このチョコの要であるガナッシュ作りに取り掛かった。溶かしたビターチョコレートに温めた生クリームとお砂糖を混ぜて作るというのが、このレシピでのやり方だった。
 本来はここにリキュールも入るのだけれど、お酒が苦手な彼のために、それは抜くことにした。
 ケーキのように熱を加えればアルコール分は飛ぶけれど、ガナッシュは加熱しないのでアルコール分がそのまま残ってしまうから。

「……う~ん、もうちょっと甘めの方がいいかな……」

 ひとまずでき上がったガナッシュを味見してみて、わたしは首を捻った。ちょっと苦みが強いので、お砂糖をもう少し足してみることにした。

「……うん、こんなもんかしら。――里歩も味見してみて」

「はいは~い☆ ……うん! こんなもんじゃない?」

 とりあえず、これでガナッシュの作り方はバッチリ覚えた。次は、ハート型の底に溶かしたビターチョコを厚めに流し込み、その上にできたガナッシュを乗せ、またビターチョコでフタをして、冷蔵庫で冷やし固める工程。

「わぁ! 絢乃とお母さん、めっちゃ手際いい~♪」

「……里歩、感激してないで手伝って!」

「ゴメン……」

 一時間ほどで、チョコは固まった。その次は、固まったチョコを型から外してバットの上に逆さに並べ、その上から溶かしたミルクチョコをコーティングする工程。最後にはスプーンでビターチョコを垂らしてデコレーションする工程もあって、なかなか手間がかかる。これでも〝簡単時短レシピ〟なのだから、普通に作るとどれだけ大変なのだろう?


****

 ひとまずすべての工程を終え、試作品第一号は完成した。

「――じゃあ、みんなで試食してみましょう」

 一人一粒ずつ手に取り、食べてみた。……うん、味は悪くない。美味しいのは美味しいのだけれど……、わたしは首を傾げた。隣では、里歩も同じように首を傾げていた。

「…………うまくは出来てるけど、もうちょっと甘みがほしいかな」

「だね。ちょっとまだ苦み強いかも。ねえねえ、桐島さんってさ、思いっきり甘いチョコの方が喜ぶのかな?」

「……? 確か、コーヒーは微糖が好きみたいだけど。なんで?」

「甘いもの好きっていっても、大人なんだし。あんまりにも甘すぎるのはダメかもしんないじゃん? 本人に電話して訊いてみたら?」

 確かにそうだ。本人の味の好みをある程度は知っておかないと、最後の最後でこの作戦は大失敗に終わるかもしれなかった。

「……そうしてみるわ」

 わたしはエプロンのポケットからスマホを取り出して、彼の番号をコールした。当然会社もお休みなので、彼にはすぐ連絡がついた。

『はい、桐島です。会長、お休みの日にどうなさったんですか?』

「……あ、桐島さん? 休日で寛いでるところ、ゴメンね。バレンタインのチョコのことで、貴方に訊きたいことがあって」

 わたしは単刀直入にズバリ訊ねた。こういう時に、遠慮は無用なのである。

『僕に訊きたいこと……ですか?』

「うん……。えっとね、チョコの味についてなんだけど。思いっきり甘い方と、ちょっとビターな方、どっちが貴方の好み?」

『……えっ、どうしてですか?』

「ほら、貴方って微糖のコーヒーが好きみたいだから。火葬場でも飲んでたでしょ? だから、微糖に合わせるなら思いっきり甘い方がいいのかなーと思って」

 チョコを思いっきり甘くしたら、その分微糖コーヒーで甘さが中和されるのではないか。わたしはそう考えたのだ。

『ああ、なるほど。そういうことだったんですね。――そうだなぁ、チョコはやっぱり甘い方が好きですね。でも、絢乃さんの真心が込もってれば僕はどちらでも美味しく頂きますけど』

「…………そう? 分かった。ありがとう」

 ……何だろう? 彼、今スゴいこと言わなかった? ――電話を切ったわたしは、顔が熱くなるのを感じていた。その頃は、まだ彼の気持ちを知らなかったから。

「彼、何だって?」

「……えっ? あー、うん。『甘い方が好きだけど、絢乃さんの真心が込もってたらどっちでも美味しく頂く』って。どういう意味なんだろ?」

 それを聞いた里歩や、母までもがニヤニヤしていた。

「あらあら、愛されてるねぇ♪ んじゃあさ、仕上げにシュガーパウダー振りかけるのってどう? 見た目もよりオシャレになるし」

「あっ、それいいかも! 里歩、ナイスアイデア☆」

 里歩の貴重な意見も取り入れ、本番のチョコはグッと見映えもいいものになった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

篠沢絢乃(しのざわあやの)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

四月三日生まれ、十七歳。O型。

身長一五八センチ、体重四四キロ。胸はDカップ。

趣味は読書・料理。特技はスイーツ作り・英会話。好きな色は淡いピンク。

主人公。高二の一月に『篠沢グループ』の会長だった父・源一(げんいち)をガンで亡くし、父の跡を継いで会長に就任。

小学校から女子校に通っているため、初恋未経験。

大のコーヒー好き。ミルクと砂糖入りを好む。

桐島貢(きりしまみつぐ)

篠沢グループ本社・篠沢商事・秘書室所属。大卒。

五月十日生まれ、二十五歳。A型。

身長一七八センチ、体重六〇キロ。

絢乃が会長に就任する際、本社総務課から秘書室に転属し、会長付秘書になった。マイカー(軽自動車→マークX)を所持している。

恋愛に関しては不器用で、現在も彼女なし。

絢乃と同じくコーヒー党。微糖を好む。スイーツ男子。

中川里歩(なかがわりほ)

私立茗桜女子学院・高等部二年A組。

五月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一六七センチ、体重五三キロ。胸はCカップ。

初等部からの絢乃の同級生で大親友。バレーボール部に所属し、キャプテンを務めている。

数ヶ月前から交際中の、二歳上の彼氏がいる。

コーヒーは、ミルク多めを好む。

※このアイコンではセーラー服着てますが、本当の制服はブレザーです。

篠沢加奈子(しのざわかなこ)

篠沢グループ会長代行。篠沢家当主。短大卒。

四月五日生まれ、四十三歳。O型。

身長一六〇センチ、体重四五キロ。胸はDカップ。

絢乃の母で、よき理解者。娘が学校に行っている間、代わりに会長の務めを果たしている。

亡き夫で婿養子だった源一とは、見合い結婚だったがオシドリ夫婦だった。

大の紅茶党。ストレートティーを好む。

ちなみに、結婚前は中学校の英語教諭だった。

桐島悠(きりしまひさし)

フリーター。飲食店でのバイトを三ヶ所ほど掛け持ちし、調理師免許を持つ。

六月三十日生まれ、二十九歳。B型。

身長一七六センチ、体重五八キロ。

桐島貢の兄。一人暮らしをしている弟の貢とは違い、実家住まい。高卒でフリーターになった。

貢曰く、かなりの女ったらし……らしい。兄弟仲は決して悪くない様子。

愛煙家である(銘柄はメビウス)。

阿佐間唯(あさまゆい)

私立茗桜女子学院・高等部三年A組。※絢乃、里歩とは三年生から同じクラス。

七月二十四日生まれ、十七歳。B型。

身長一五四センチ、体重四一キロ。胸はBカップ。

三年生で初めて絢乃、里歩のクラスメイトになる。マンガ・アニメ研究部に所属。

男子バレーボールが題材の『ドラゴン・アタッカー』というアニメにハマっている、いわば「オタク少女」。その縁で、バレー部員である里歩と親しくなり、絢乃とも仲良くなった。

一つ年上の大学生・谷口浩介(たにぐちこうすけ)という彼氏ができたばかり。

レモンティーが好き。

村上豪(むらかみごう)

篠沢グループ本社・篠沢商事の代表取締役社長、常務兼任。大卒。四十五歳。

絢乃の父・(旧姓・井上)源一とは同期入社で、同じ営業部だった。源一が会長に就任した際に専務となり、常務を経て社長に。源一亡き後、絢乃の会長就任に際して再び常務を兼任する。

源一とは恋敵でもあったようで、結婚前の源一と加奈子を取り合ったことも。現在は一つ年下の妻と、絢乃よ中学生の娘がひとりいる。

源一の死後は、父親代わりに絢乃を支えている。

コーヒーにこだわりはなく、インスタントでも飲む。

山崎修(やまざきおさむ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の人事部長。専務兼任。大卒、五十二歳。

総務課で続いていたパワハラ問題に頭を抱えており、人事部長として責任も感じていた。

真面目でカタブツだと誤解されがちだが、実は情に脆い性格。三歳年下の妻と二十二歳の娘、二十歳の息子がいて、自分の子供たちが篠沢商事に入社してくれることを期待している。

広田妙子(ひろたたえこ)

篠沢グループ本社・篠沢商事の秘書室長。大卒、四十二歳。秘書室に異動した貢の直属の上司。

入社二十年目、秘書室勤務十年のベテラン。バリバリのキャリアウーマン。職場結婚をしたが、結婚が遅かったためにまだ子供には恵まれていない。

絢乃とは女性同士で気が合う様子。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み