41

エピソード文字数 634文字

「体のあちこちに赤紫色の痣はあるが、白く滑らかな肌じゃ。信長様の目に触れさせてはならぬ。お主は今から男になるのじゃ。晒しを巻き乳房を隠すがよい。家臣にも侍女にも女だと悟られるでない。
 わしもそなたを男として扱うゆえ、女のような黄色い声は今後一切発しはならぬ。死にたくなければ粗暴な行動も、無礼な口も改めよ。よいな」

「ちぇっ、わかったよ」

「ちぇっとは何じゃ。『はい、畏まりました』と言わぬか」

「はいはい」

「その性根、この平手が叩き直してやるわい」

 あたしは平手に渡された晒しを胸に巻き、乳房の膨らみを締め付け女であることを隠した。

 黒の羽織袴は体に馴染まず、まるで七五三の男児みたい。着つけを平手に習い、何度も練習を繰り返し、何とか一人で着れるようになった。

 男としての身のこなしと、この時代の言葉使いを教わるが、舌を噛みそうで上手く喋れない。

「信長様は気性の荒いお方じゃ。歯向かえばすぐに首を斬りかねぬ。心してお仕えするがよい」

 首を斬る!?
 地獄の閻魔大王かよ。

「お主は何処から来た。親や兄弟はおるのか?」

「あたしは未来から来たんだ。2016年、それがあたしの生きている時代だ」

「2016年じゃと?戯けたことを。そのようなことを誰が信じるものか」

 平手は小馬鹿にしたように、「フン」と鼻を鳴らす。

「そうだよね。誰も信じてくれないよね」

 ――それならば……

 あたしはこの時代で、暫く生きるしかない。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み