1 ❀ Hello World

エピソード文字数 745文字

世界を数で表すことができる。人間でさえ、数で表せる生き物なのだ。


ある大人がそう話した時、少年は自分が神さまのつくった精巧なアンドロイドに思えた。

自分は一体、何者なのだろう…
彼がまず意識したのは「同じ名前の人間」だった。

ジョン」という名の人間が、世界にたくさんいて、さまざまに生きている。


なんだか不思議だ。でも…

好ましい共通点を見つけると他人とは思えないけれど。


逆だと他人と思いたい。


この気持ちは僕だけかな? ちがうだろう。

たくさんの数字にふれた後に青空をあおぐと「美しい」と感嘆がこぼれた。

自分はここにいて世界にふれている。これが僕が僕でここにいる証だ。


我思うゆえに我あり。


Hello, world!

青空へ高く手を伸ばし、世界一有名なプログラムの名を声に出す。


どこからも「Hello」と応えは聞こえなかったが、別の場所なら返事を得られる気がした。

もっと広い世界へ飛び出したい!!

幼い頃の彼は希望に満ちあふれていた。


けれど彼は知っていた。この世界望まぬ出会いもまた多い、と。

幼い頃の夢を見ていた。


夢の中で目を覚ますと、そこはなつかしい故郷の自室だった。

これはまだ…。 


夜の2時か。雨の音が聞こえる…。ん?

John…be…mine…John…be…minemine!!
Mum!! Daaad!!

ドォオンッと雷が窓の外に落ちた。


ジョンは目を覚まし、ベッドから飛び起きる。

夢…か。


あのストーカーの…

すると、ジョンのスマホが突然鳴り始めた。


かけてきた相手は。

父さん。どうしました?

今日、日本から荷物が届いたから。

ありがとう、ジョン。


母さんも喜んでいたよ。たまには顔が見たいってさ

僕も2人の顔が見たいと思っていたんです。
ジョンはパソコンを開いた。
 つづく 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

帯刀 咲良  (たてわき・さら)


 高校2年生、剣術道場の娘。

ジョン・リンデン


イギリス人

インターポールの捜査官。

天羽 理々(あもう・りり)


高校2年生、咲良の親友

合気道部

ラルフ・ローゼンクランツ


ドイツ人

インターポールの捜査官。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色