第30話 ミルキーウェイ⑤

文字数 898文字

 正思(しょうじ)からの電話を終えた後、秀一(しゅういち)はしばらく考えた。

 さて、どうしよう。
 最後に兄に会った時のことを、正語(しょうご)に話すべきかどうか。 

 未読だった部活仲間からのLINEを、目だけで追いながら、頭はそのことばかり考えた。

 正語にも話せることと、話せないことがある。
 だが嘘は、つきたくない。
 ということは、黙っているしかないか……。

 秀一はスマホを閉じて、階段を上がった。

 とにかく正語に会った時にまた考えよう。
 今は涼音(すずね)の事が気になる。



「秀ちゃん!」

 階段を途中まで上がった所で、下から声をかけられた。

 野々花(ののか)だった。
 野々花は大きなクーラーボックスを抱えながら、公民館入口の大扉を肩で押さえている。

 秀一は急いで階段を降りて、野々花からクーラーボックスを受け取った。

「秀ちゃん、おかえり。また大きくなったね」

 中に入った野々花はハンカチを取り出した。「今日も暑いわね」と軽く額を拭う。

 野々花からは、香水の香りに混じって、微かにタバコの匂いがした。

「それ、差し入れのアイスなの。二階に運ぶの手伝ってくれる?」

 秀一は承知した。野々花の後に従い、階段を上がった。

「お昼、うちに来てくれるんでしょ?」と野々花が振り返り、笑いかけてきた。

「……お父さんもいるの?」

「由美子さんが落ち着かないかと思って、帰ってもらったわ。由美子さん達が来ていること、智和さんには話していないのよ」

「……お父さんが、迷惑かけているみたいで、ごめんなさい」

 由美子はまた振り返り、笑った。

「秀ちゃんは、そんなこと気にしなくっていいのよ」

 そう言われても、やはり申し訳ない。

 (……お父さんもバカだなあ……こんなキレイな人がお父さんなんか相手にするわけないのに……)

 それにしても鷲宮(わしみや)の男たちは、どうしてこうも女性にだらしないのか……。
 秀一は情けなかった。

 みずほは狭い。
 人の口に戸も立てられない。

 兄の一輝が真理子と由美子を二股にかけていた事や、本家の高太郎がコータの父親の前妻と不倫関係だった話などは、嫌でも秀一の耳に入ってくる。

 野々花の後ろを歩きながら、秀一は思う。
 自分は決して女性に対して不誠実な真似はするまいと。

 
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

鷲宮秀一、主人公の高校生

九我正語(くがしょうご)、秀一の従兄弟、警察官

九我正思(くがしょうじ)正語の父親。人の恋愛感情を瞬時に見抜く特殊能力を持つ。

九我光子、正語の母親。秀一の伯母。

雅、介護士。雅は熟女スナックにいた時の源氏名。本名は不明

夏穂、秀一の幼馴染。秀一に片思い。

涼音(すずね)、秀一の幼馴染

武尊(たける)、秀一の幼馴染

賢人、秀一の甥っ子

真理子、みずほ中学の教師

コータ、真理子の弟、秀一の幼馴染

野々花、パンケーキ店の女主人

岩田、秀一のテニスの師匠

鷲宮一輝(故人)秀一の兄

鷲宮輝子(故人)秀一の母親。正語の母親、九我光子の妹

水谷凛、夏穂の従姉妹

鷲宮智和、秀一と一輝の父親

鷲宮高太郎、智和の兄

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み