第2話

文字数 2,815文字

 シノワが何と言うこともできずに、目を瞬かせて固まっていると、賢者は穏やかに目を細める。
「ああ、それともこういうのがいい?」
 彼が首をかしげると、その顔がじわりとうごめいて、今度は醜く太った女に変わった。化粧が濃く、唇やまぶたに塗られた全ての色が主張していた。
 これは以前たずねた、ヘルタニアという街で出会った偽司祭だった。ウソもウソ、彼女は少し占いができるだけで、まともに魔法を使うことすらできなかった。
「呪いだったら任せてちょうだい」
 女がわざとらしくウインクしてみせ、背筋にぞくりと冷たいものが這い上ってシノワが思わず後ずさると、女はにやりとした笑みを引っ込めて小さく息をついた。
「こういうもっともらしいのをお探しなら、よそをあたってくれ」
 そう言って女が椅子の背にもたれかかったときには、最初に見た青年の姿に戻っていた。
 最近では、魔法で髪や目の色を変えることが流行していたが、彼がしてみせたように、体つきや性別まで、またたく間に変えてみせるなんてことは、そうそうできるものではない。
 あまりの出来事に、口が開いたままになっていたことに気付き、シノワは顔を赤らめると、それをごまかすように語気を強めた。
「からかわないでください。僕は本物の司祭にお会いしたいんです!」
「会ってどうする」
「魔法を封じてもらいたいんです」
 青年はふっと吹き出した。
「どうして? 世の中楽しく回ってるじゃないか」
「本当にそう思いますか」
 そこで青年はようやくシノワの方を見た。
「数日前、空から家が落ちました」
「それなら聞いてるよ」
「あの時落ちてきた家の下敷きになって亡くなったのは、僕の幼なじみのおばあさんだったんです。そして、家を浮かべて運んでいたのも同級生でした。彼もいっしょに家の下敷きになって亡くなりました」
「それはお気の毒に」
「これがまともなことだと思いますか? 家を浮かべて引っ越そうとしていたんですよ。そんなバカみたいな話がありますか。この間も、月が二つになったり、空が緑色になったり、道が絡まって行き止まりになったり。魔法を使った泥棒だってすごく増えてるんです。全部こんな風に魔法が解放されてしまったからです。
 僕は、こんなデタラメなことがあってはいけないと思うんです。このままじゃこの国はダメになってしまう。だから元のように魔法を魔法使いだけのものに戻してほしいんです」
 シノワの言葉を黙って聞いていた青年は、ふむ、と組み合わせた両手の上にあごを乗せた。
「その制服はクリアーニ学院だね。袖のラインが一本ということは五回生、十五歳」
 確かにシノワが今身に着けているのは、学院の制服だったが、学院生にとっては制服が正装なのであり、司祭に会うために正装しているのだから何もおかしくはないはずで、シノワがきょとんと見返すと、彼はじっとシノワの目を見上げた。麦わら色の髪の間からのぞく琥珀色瞳は、薄暗い部屋の中で少しかげって見えた。
「クリアーニと言えば、上流階級の子息令嬢が通う名門。君もどこかの子息なの?」
「……僕はシノワ・エオローと言います。カデンツの領主カイル・エオローは僕の父です」
 なるほど、と彼は組んでいた手を解いて、左手にあごを乗せ直す。
「こういうのは、国を憂えた国王の末子とかだったらロマンがあったのに」
「僕では不満ですか」
 シノワがにらむと、青年はふふっと笑う。
「じゃあ、領主のご子息。ひとつ言っておくが、魔法を解放させたのは他でもない、この国の人々だ。そして、私の見解を言わせてもらえば、家が降った件に関しても魔法が悪いわけじゃない。それを使う人間がバカだったというだけだ。そこを間違ってもらっちゃ困るね」
「でも、こんな状態が続けば、きっとこの国は滅んでしまう」
「それが運命ならしかたがない」
 そんな、と口を開きかけたシノワに、青年はチチッと舌打ちをした。
「五年前、君はまだ子どもだったから知りもしないだろうが、魔法を解放した時、すでにこうなることは予想されていたし、魔法使いを束ねている法庁(バーカナン)から忠告もした。しかし誰もそれを真剣に考えようとはしなかった。目先の不自由が全てだった。そして甘っちょろい魔法の使用規定を設けてみたものの、今となっては有名無実。みんな好き放題に無秩序な魔法を乱用している。それもこれも全て国民が望んだことの結果だ」
「あなたは解放の時、反対しなかったんですか? 僕がその時大人だったら絶対に反対しました」
 シノワの非難のこもった口ぶりに、青年は困ったように笑った。
「それなら聞くけど、君は魔法を使わずに暖炉に火を灯せるのか? 小麦からどうやってパンを作るか知ってる? 足の弱ったご老人が、魔法なしで隣町へ買い物に行くにはどうすればいいと思う?」
「それは……」
「魔法を封じるということは、そういうことも全部、自分の手足を使ってやらなくちゃならないってことだ。ないものを我慢するのはそう難しくはないけど、すでにあるものを手放すのは相当大変なことなんだよ。君、そのへんのところ、考えたことあるかい?」
 シノワはぐっと口を引き結ぶ。その様子に彼は深々とため息をつき、ふたたび椅子に背をもたせかける。
「わかったら、もうお家に帰りなさい」
 青年がまた椅子の背にもたれて目を閉じると、シノワはぐっと顔を上げた。
「それでも、僕は魔法を封じてほしい。魔法がない時にだって人はちゃんと生きてきたんだ。だから、魔法なしで生きていく方法は絶対にあるはずです。それを忘れてしまったのなら、また一から学べばいい。だけど、今のままじゃ、全ての人が正しい魔法の扱いを学ぶ前に、テサがおかしくなってしまう。父さんだって、魔法の事件が多くてずいぶん困ってるんです。
 テサは魔法使いの魔法で守られてきた国です。だから、長く戦争もしないでやってこれた。その魔法の秩序がなくなってしまったら、周りの国はそれを放っておくでしょうか? きっといつか隙を突かれる日が来ます。
 だから、僕は司祭に会いに行かなくちゃならない。どうか本物の司祭の居場所を知ってるなら教えてください」
 青年は、少し意外そうな目でシノワを見た。
「今の言葉を撤回しない覚悟はあるかい?」
「はい」
 シノワがうなずくと、青年はじっとシノワを見ていたが、ふと視線をはずし、黙って何か思いを巡らせている風だったが、不意にその顔に笑みが広がる。
「いいだろう。私も退屈していたところだ。旅に出ようか、シノワ」
 そう言って青年は跳ね起きると、また目を丸くしたシノワを楽しげな目でのぞき込んだ。
「旅?」
「そうとも。魔法を封じるのは、君が思ってるほど簡単なことじゃない。国中を巡る長い旅になるよ。本当に封じるかどうかは、旅の合間に君の信念のほどを見定めてから決めてあげよう」
「いえ、あの、だから司祭は……」
「私がそうだと言ってるのに、まだ疑ってるのか?」
 シノワは胡散臭そうに眉をよせる。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み