03:名前

文字数 1,380文字

演習用の機体がこちらに向かって動き出す。

私「ガトリングでメインカメラ狙って」

AI「了解」

私「ターゲットとの右に向かって走って」

ガシャン、ガシャン

走り出す

「ピ」音が鳴ってモニターに映るターゲットが赤に変わる

トリガーを引く

ウィーン・・・ガガガガガガ

機体の頭にペイント弾が当たり赤く染まる

演習機が動きを止める

私「左側に回り込んで」

AI「・・・了解」

言われた通りに動き出す、真横まで移動したところで

私(あ・・・きもちわる・・・)「体当たりして」

ガン

演習機がバランスを崩して倒れる

私(あ・・・限界かも・・・)「ロッドで頭ぶん殴って」

AI「了解」

ビー

警告音が鳴って殴る前に動作を止めた

AI「エネルギー残量が10%を切りました。撤退してください」

私「おい」

演習機が態勢を立て直してこちらに向き直る

オペレータ「演習終了・・・演習機は停止します。」

私「今のはトドメ刺すところでしょう?」

AI「パイロットと機体の保護が優先されています」

私「う・・・」

オペレータ「君、休憩長かったからね・・・2時間の予定が稼働時間超えた」

私「そうですか・・・ごめん開けて」

AI「了解」

私「おえ~」

オペレータ「マイク外してやってほしいな~」

私「ごめん」

オペレータ「落ち着いたら、戻ってくれる?」

私「了解」

オペレータ「判断と行動はよかったけどね・・・」

私「そう?」

オペレータ「でも乗り物酔いするパイロットってなに?」

私「私もそれには同意する」

オペレータ「ま、様子見かな」

私「あ・・・首にならないんだ」

オペレータ「変わり探すのも大変だからね」

私「そっすか」

オペレータ「戻ってシャワー浴びたらミーティングね」

私「了解」

帰還はAIが学習したようでコクピットの揺れが減っていた

私「ありがと」

AI「どういたしまして」

私「君の名前は何がいかな?」

AI「・・・」

私「6だっけ?」

AI「それは機体です、私は12」

私「じゃあさ、ゼクスとツヴェルフどっちがいい?」

AI「・・・ドイツ語ですか?」

私「うん、決定権はないか、じゃあツヴェルフね」

AI「はい」

戻ってシャワーを浴びて着替えてミーティングルームへ向かった

私「遅くなりました」

すでにミーティングは終わったようでオペレータと整備士の2だけ残っていた

オペレータ「お疲れ様」

整備士「お疲れ」

私「お疲れさまでした・・・みんなは?」

オペレータ「もう解散してますよ、あとは各チームで今日の演習の整理をします」

整備士「要望があればすべて記載してください」

オペレータ「ほかのチームは顔合わせとミーティングが終わって解散してます」

私「ははは、すいません」

オペレータ「体調は大丈夫?」

私「まあ、何とか」

整備士「課題はシートの揺れですか・・・研修の成績は?」

私「問題なかったんですよね・・・シュミレータはそんなに揺れないし」

整備士「そっすか」

オペレータ「なんかつけれそうな物ある?」

整備士「・・・探してみます」

オペレータ「よろしく、明日は武器の演習になるから移動はすくないかな」

私「助かる」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み