24

エピソード文字数 514文字

「こんな場所で、そんな大声出さないで下さい。それにあなた未成年でしょう。喫煙は法律で禁じられてるわ。正門で喫煙しないで」

「喫煙は法律で禁じられてる?ハン、笑わせんな。喫煙者と一緒にいることが学校にバレたら困るってか?」

 女子は私の鼻先で、フーッと煙草の煙を吐く。思わず「コホコホ」と噎せる。

「あんた、斎藤紗紅のことを知っているみたいだな」

「……斎藤紗紅は私の妹です。紗紅は今日学校に来ていません」

「妹?アイツ、学校サボッて信也のとこにシケ込んでんのかよっ!」

 女子は足を振り上げ、フェンスを蹴り飛ばす。フェンスは悲鳴にも似た音を立てる。

「ここで騒ぎを起こさないで、信也って誰ですか?あなたは紗紅の居場所を知ってるの?私、妹に逢いたいの。居場所を知ってるのなら教えて下さい」

「居場所を教えろだって?」

 女子は煙草を地面に投げ捨て靴で揉み消し、口角を引き上げ不敵な笑みを浮かべた。

「そんなに逢いたいなら逢わせてやるよ。着いて来な」

 女子は前方に停まっている車に視線を向け、目で合図した。

 恐怖心よりも、紗紅に逢わなければいけないという思いが先行し、私は自らの意思で女子の後に続いた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

斎藤紗紅(さいとうさく)16歳

レディース『黒紅連合』総長

 斎藤美濃(さいとうみの)17歳

紗紅の姉、家族想いの優等生

 織田信也(おだしんや)20歳

紗紅の交際相手

元暴走族

 織田信長(おだのぶなが)

戦国武将

明智光秀(あけちみつひで)

戦国武将

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み